ヤマハ発動機の採用倍率は20~30倍、就職難易度は職種で差あり

ヤマハ発動機

ヤマハ発動機の大卒及び院卒、高専卒の新卒採用の倍率は全体では10~30倍程度と推定。職種別では総合職のうち、事務系総合職が約30倍、技術系総合職と業務職事務が約20倍と推定。

就職難易度に関しては、事務系総合職が「やや難」、技能系総合職と業務職が「ふつう」に該当。

採用人数はここ数年は事務系総合職が30~40人、技術系総合職が100~150人。輸送用機器メーカーということもあってやや多い方に分類。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系総合職 ★★★★ 30倍、かなり難
技術系総合職 ★★★ 20倍、ふつう
業務職事務 ★★★ 20倍、ふつう

ヤマハ発動機の事務系・技術系総合職と業務職事務の新卒採用の就職難易度はこのような形になる。

総合職は事務・技術ともに応募者が多いこともあって、採用難易度は高め。ただ、事務系の方が採用人数が多いこと、理系人材がそもそも限られていることもあって、難易度は低め。

業務職事務は文系を対象とするものの、自宅から通勤することが前提で、地域的な制約が実質的にあることもあり、総合職よりは難易度が下がる。

もっとも、ヤマハ発動機は知名度が比較的高い企業のため、全体的に就職先としての人気度が高い。

《参考:自動車業界の就職ランキング! 各社の新卒の偏差値の一覧

事務系総合職は30倍、難易度は「やや難」

本社採用の総合職

事務系総合職の就職難易度は「やや難」レベル。倍率は約30倍と推定。

その年の内定者の数や世の中の景気によって変わってくるものの、平均するとこれくらいになると考える。

業務内容は「営業(海外、国内)、物流、広報・宣伝、財務・経理、人事・総務、 商品企画、調達、情報システム、生産管理」とされているが、いずれも応募できる条件で学部学科の限定はない。

このような条件により、事務系では不特定多数の学生がエントリーしてくる。理系限定のような制限がないことで、応募者が殺到して倍率が増加。

さらに、文系人口は大きく、これも競争激化の要因の1つ。日本国内の大学生の文系・理系の比率を見ても、7割近くは文系に属する。

理系の学生だと「自分の専攻を活かしたい」といった動機でエントリーする例が大半だが、文系となればそのような理由はない。「年収が高いから」「知っている会社だから」「大手だから」などが率直な動機ではないか。

こうした事情から、ヤマハ発動機の事務系の倍率は20倍と推定。就職難易度は「やや難」との表現が妥当と判断。

倍率は大手企業ならではの高い水準。ゆえに、就職難易度は「やや難」という表現が妥当ではないか。

>>理系なら就職は楽? 文系よりも有利になる理由が3つある!

技術系総合職は倍率20倍、難易度は「ふつう」

技術系総合職

技術系総合職の就職難易度は「ふつう」。倍率は約20倍と推定。

採用人数はヤマハ発動機の中でも非常に多い。入社する社員の3分の2以上はこの技術職に該当。その年の採用計画によって変動するものの、就職難易度および倍率の1つの目安だろう。

業務内容は「研究、商品開発(設計、実験)、生産技術、品質管理、サービス(営業技術)、 商品企画、調達、情報システム、生産管理」とされているが、エントリーの時点での専攻分野の制約はない。

ただし、応募できるのは理工学系の学部学科に所属している学生に限定。文系の学部学科の在籍する学生への門戸は閉ざされている。

こうした点から、推定倍率は約20倍が限度で、就職難易度は「ふつう」という表現が妥当ではないか。

なお、技術系総合職では「推薦応募」と「自由応募」の2つの応募方法がある。

前者は学校推薦という形のため、後者に比べると内定までの難易度は大きく下がる。ただ、内定を一旦獲得した後の辞退はほとんどできないという制約がある。

業務職事務は倍率20倍、難易度は「ふつう」

本社採用の事務職

ヤマハ発動機の一般職に該当する業務職事務の倍率は約20倍と推定、就職難易度は「ふつう」。

仕事内容は、「営業、開発部門などにおいて組織機能を支える基盤業務に関わる仕事(営業に関する事務、生産管理事務、販売管理、経理事務、物流・貿易事務、人事・給与など)」と募集要項に記載。

難関大学に所属する学生は総合職に必然的に応募する一方、そうではない大学かつ女子学生はこれを選択しやすい。

基本的に自宅から通勤することが前提の職種。浜松市などに在住の学生を対象とした職種と考えてよい。

ゆえに、文系を対象としている業務職事務だが、このような条件からエントリーする学生は限られている。同一企業でも事務系総合職と比べて内定までの難易度は低い。

よって、ヤマハ発動機の事務職の就職難易度は「ふつう」との表現。

おすすめ記事