ヤマハ発動機の採用大学を一覧化! 学歴フィルター有り

ヤマハ発動機の採用大学は、東大、東工大、一橋大、京大、阪大、神戸大、九大、東北大、北大、名大、名工大、東京外大、横国大、横浜市大、筑波大、千葉大、都立大、電通大、埼玉大、広島大、岡山大、静岡大、豊橋技科大、早稲田大、慶応大、明治大、中央大、東京理科大、同志社大、立命館大など。

静岡県内から東海地方、そして首都圏と関西圏の大学からの採用実績が多い。

私大を中心に「学歴フィルター」が存在すると考察。大手機械メーカーと基本的には同じ。


主な採用大学

ヤマハ発動機

ヤマハ発動機の主な採用大学は以下の通り。

ヤマハ発動機の採用大学

大学院
岩手大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、鹿児島大学、金沢大学、関西大学、九州工業大学、九州大学、京都工芸繊維大学、神戸大学、埼玉大学、静岡大学、信州大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京大学、東京工業大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、豊橋技術科学大学、同志社大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、奈良先端科学技術大学院大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、立命館大学、早稲田大学、芝浦工業大学、東京都市大学
大学
秋田県立大学、岩手大学、大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学、岡山大学、鹿児島大学、金沢大学、金沢工業大学、関西大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都工芸繊維大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、国際基督教大学、埼玉大学、静岡大学、首都大学東京、信州大学、上智大学、高崎経済大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、名古屋工業大学、南山大学、日本大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立命館大学、早稲田大学

出典:マイナビ「ヤマハ発動機(株)」

上記の採用実績校は、各大学の就職先を示したナビサイトにてヤマハ発動機が明記されている大学。

参考:〈学歴調査〉自動車メーカーの採用実績校、大学名を一覧化

大学ランク別の採用実績校

大学ランク帯 採用実績校
S 東京大学、東京工業大学、一橋大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、九州大学、東北大学、北海道大学、早稲田大学、慶応義塾大学、上智大学
A 千葉大学、筑波大学、横浜国立大学、横浜市立大学、大阪府立大学、大阪市立大学、岡山大学、広島大学、金沢大学、電気通信大学、明治大学、中央大学、法政大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、東京理科大学
B 岩手大学、秋田県立大学、高崎経済大学、埼玉大学、東京農工大学、静岡大学、豊橋技術科学大学、信州大学、長岡技術科学大学、京都工芸繊維大学、九州工業大学、県立広島大学、高知工科大学、島根大学、徳島大学、広島市立大学、鹿児島大学
C 日本大学、芝浦工業大学、工学院大学、東京都市大学、南山大学
D 東海大学
F <該当なし>

ヤマハ発動機の採用実績校を大学ランク帯ごとに分類すると、上記のようになる。

A,B,Cランク帯までの大学が多く並んでいるが、偏差値が低いD,Fランク帯の採用実績もあるが数は少ない。

参考:就職の「学歴フィルター」、大学名でのボーダーラインの基準とは!?

特に私立大学はGMARCH・関関同立以上のランク帯の大学ばかり。

私立は「学歴フィルター」か

ヤマハ発動機の学歴フィルターの基準であるGMARCHと関関同立

一方、中堅以下の私大に関しては、ヤマハ発動機では採用数が少ない。したがって、学歴フィルターがあると判断。

全員ではないとはいえ、偏差値の面で上位勢に入らない大学に在籍する学生だと、書類で落とされる可能性が上がる。

特に私立大学は明暗がはっきりしている。

早慶上智、MARCH、関関同立クラスの私立大学は採用実績がある。

しかし、それ未満の大学はない。成成名学、日東駒専、産近甲龍の各校で上記に掲載されているのは日大のみ。

静岡県内の大学も静大のみ

静岡県

ヤマハ発動機の拠点である静岡県内を見ても、採用実績があるのは静岡大学のみ。

隣の愛知県を見ても、名大、名工大、豊橋技科大、南山大の4校のみ。

愛知大、名城大、中京大などの学生数が多い大学の掲載がない。

静岡県内でも、浜松学院大、静岡理工科大などの「Fランク」の大学はもちろんのこと、静岡県立大でさえも採用実績校に掲載されていない。

職種ごとの学歴

ヤマハ発動機では総合職と技能職・事務職に分かれて採用が実施されている。

総合職と業務職では給料水準が異なる。

学歴の傾向も、総合職の方が高学歴になりやすい一方、後者2つはそこまでの偏りにはならない。

総合職は高学歴

ヤマハ発動機で技術職として勤務する社員

総合職は文系・理系ともに難関大学からの採用に偏っていることには変わりない。

仕事内容が高度であることや、応募者数が多くて激しい競争となることから、実際に内定がもらえるのも偏差値が高い大学に所属する学生が中心となる。

下限は完全にGMARCH・関関同立ではないかと判断。

ただ、国公立大学であれば、大都市部の上位校ばかりでなく、「駅弁大学」と呼ばれる地方の大学からも多数の採用がある。

業務職

業務職事務

業務職は中堅私大、下位私大からの採用もある。

上記の採用実績校に掲載されている大学以外のところからも採用があると推定。

総合職とは違い、学力はほとんど考慮されない。どちらかというと、「どこに住んでいるか?」の方が重要視されやすい印象。

地元の学生に強い職種と考える。

おすすめ記事