【就職難易度】安川電機の新卒採用の倍率は推定20~30倍

安川電機

安川電機の大卒及び院卒の新卒採用の倍率は全体では20~30倍程度と推定。職種別では総合職のうち、事務系が約30倍、技術系が約20倍くらいと推定。

就職難易度に関しては、事務系が「やや難」、技術系が「ふつう」に該当。

採用人数はここ数年は50~60人前後で推移している。このうち、事務系が15名、技術系が45名超ほど。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
事務系 ★★★★ 30倍、やや難
技術系 ★★★ 20倍、ふつう

安川電機の事務系・技術系新卒採用の就職難易度はこのような形になる。いずれも総合職である。大卒・院卒いずれも共通。

文理別では、技術系の方が採用人数が多い上、日本国内の大学を見ると文系に分類される学部学科に所属する人の割合が高いため、倍率は圧倒的に事務系で高くなる。

事務系は文系全体が応募するものの、技術系は理系の一部のみという限られた学生だけが応募する構図上、倍率が下がる。

ただ、技術系でも採用人数は多くはない。製造業の一般的な企業よりは倍率は高くなりやすい。

>>安川電機の平均年収は800万円! 職種・年齢別目安

技術系の倍率は20倍、難易度はふつう

工学部所属の理系が対象の技術系

技術系総合職の就職難易度は全社採用で「ふつう」レベル。倍率は約20倍と推定。

全体で毎年50~60人ほどの募集をかけているが、入社する社員の3分の2以上は技術職に該当。

その年の内定者の数や世の中の景気によって変わってくるものの、平均するとこれくらいになると考える。

仕事内容は以下の通り。

  • 研究
  • 開発
  • 設計
  • 生産技術
  • 品質管理
  • 営業技術
  • 営業
  • 知的財産管理

応募できるのは基本的には理系の学生がメイン。その中でも工学系の学部学科に所属している学生が多く採用される。

理系の学生の中での内定の争いとなり、加えて採用人数もかなり多いことから、倍率は当然事務系よりは下がる。

ただし、採用人数は技術系のみで50名以下で、数百人単位で採用する製造業大手よりは遥かに少ない。その一方、安川電機の知名度が低いかというと、決してそうではない。

ゆえに、理系の新卒採用では就職難易度はやや高め。こうした点から、就職難易度は「ふつう」という表現が妥当ではないか。

なお、大卒・院卒ではそれぞれ採用人数が大きく異なる。

院卒は30~40名の採用がある一方、学部卒(大卒)は5~10名にとどまる。学部卒で安川電機に入社するのは、理系学生にとってはハードルが上がる。

>>理系なら就職は楽? 文系よりも有利になる理由が3つある!

事務系は倍率が30倍、難易度が「やや難」

就職難易度がやや難の事務系

事務系の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。

事務職の仕事内容は以下の通り。

  • 営業
  • 調達
  • 総務
  • 法務
  • 人事
  • 経営企画
  • 経理
  • 財務
  • 情報企画

採用人数は技術職と比較して大幅に少ない。毎年15人ほどとかなり少ない。製造業大手としても少ない人数である。

景気が悪くなって業績が少しでも良くなくなると、少人数しか採用しない。

一方で、安川電機の事務職に応募できる条件上で学部学科の限定はない。全学部全学科向けの募集のため、不特定多数の学生が全国からエントリーしてくる。

理系限定のような制限がないことで、応募者が殺到して倍率が高くなっている。

一方、安川電機はテレビCMを放映しない企業で、しかも事業形態はBtoB。産業用ロボットとは無関係の文系の学生の間では知名度が低い。

これにより、安川電機の事務系の倍率は30倍くらいには収まるだろう。就職難易度は「やや難」であるが、超大手企業ほどの過熱競争にはならない。

他社と比較して

他社との比較

安川電機の就職難易度を他社と比較すると、以下のようにまとめられる。

  • 産業ロボット、工作機械メーカーでは上位
  • 理系は大手製造業でも難易度が高め
  • 文系は知名度が低いため、大幅な過当競争ではない

安川電機は産業ロボットメーカー、あるいは工作機械メーカーの中で有名で、特に産業用ロボットと関係のある工学系の理系学生の間で人気。

一方、文系の大学生の間ではあまり知られていない会社。BtoBで、テレビCMの放映がないことが影響。

産業機械メーカーでトップ級

安川電機のライバル他社のファナック

産業機械や工作機械メーカーというと、以下のような企業が有名。ただ、新卒採用の世界ではそれほど人気ではない。

  • ファナック
  • 不二越
  • DMG森精機
  • マキタ
  • アマダ
  • 牧野フライス製作所

安川電機は産業用ロボットではファナックに劣るものの、就職先としての人気度では上記の企業の中では上位。

それでも、テレビCMを放映し、製品も個人向けを手掛ける会社と比べると倍率は低め。

製造業では自動車鉄道車両総合電機メーカーなどが就職先ランキングで上位に来る。

産業用機械を製造する会社でも、以下のような企業には劣る。

  • 三菱重工業
  • ダイキン工業
  • クボタ
  • 小松製作所
  • IHI

上記の会社は、テレビCMを放映しないところであっても、全国的に不特定多数の人たちが名前を知っている企業。

これらの会社となると、特に文系が主流の事務系で応募者が殺到して、倍率が50倍近くになることもある。

安川電機はここまでではないだろう。

おすすめ記事