ZOZOの新卒採用の倍率は約30倍、就職難易度は「やや難」

ZOZO

ZOZOの新卒採用の倍率は約30倍と推定。就職難易度は「やや難」に該当。専門職コース(ZOZOテクノロジーズ)、ビジネスコースいずれもほぼ同じと思われる。

採用人数は毎年20~50名前後。日本中の大手企業の中ではやや少なめの人数。

一方、誰もが聞いたことがある企業であり、応募者が集まりやすい。特にアパレル業界では多いと感じる。

書類選考でほとんどの応募者が落とされ、その中で1次面接から最終面接まで進んで内定を獲得するのは相当難しい。


職種ごとの就職難易度

職種 難易度(満5点) 推定倍率/レベルの目安
専門職コース ★★★★ 30倍、やや難
ビジネスコース ★★★★ 30倍、やや難

ZOZOの新卒採用の技術職、専門職コース(ZOZOテクノロジーズ)、ビジネスコースそれぞれの就職難易度と倍率は上記の通り。

技術系に相当する技術職、デザイン職、情報セキュリティは採用人数に対して応募者数は事務系ほど厳しい競争にはなりにくい。

業務内容と関連する専攻分野を学ぶ情報工学系などが中心なため、事務系と比べて倍率が下がる。

とはいえ、いずれも書類選考から最終面接まで残ることはまったく容易ではない。

《参考:情報・通信業界の就職の難易度とは!? 偏差値の順位をランキング化

専門職コースは倍率30倍、難易度は「やや難」

専門職コースとして勤務する社員

専門職コース(ZOZOテクノロジーズ)の就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍程度と推定。

入社後に配属されるのは、エンジニア部門、デザイナー部門、サービス企画・プロダクトマネジメント部門のいずれか。

基本的に関連する知識を持っている学生が中心。学部学科に関しては基本的に情報系統の理工系学部がメイン。理系でも通常の物理、化学、バイオ・生物、農学系は対象外。

IT技術を持っている文系の学生も採用ターゲットになるものの、事務系の部門と比較すると圧倒的に少ない。

書類選考から面接まで、特定のグループに該当する学生の中での競争になる。文系の事務系のように不特定多数の学生間での競争にはならない。

一方、採用者数も少ないこともあって、就職難易度は「やや難」、倍率は30倍くらいが1つの目安ではないか。

See Also:ZOZOの採用大学を公開、学歴フィルターは無し!

ビジネスコースは倍率30倍、難易度は「やや難」

ソリューション営業

一方の文系を対象とするビジネスコースの就職難易度は「やや難」。倍率は約30倍と推定。理系の技術系とは対照的に内定獲得が難しい。

入社後に配属されるのは、EC事業部門、物流管理部門、カスタマーサービス部門、分析部門、マーケティング部門、管理部門、WEAR事業部門、MSP事業部門のいずれか。

募集の対象とする専攻分野は「全学部全学科」。

実際に応募してくる学生の所属学部は法学部、経済学部、文学部、教育学部、商学部、総合政策学部、外国語学部などだが、これらだけでもかなりの数になる。

文系人口は理工系と比べても大幅に大きい。日本の大学生の文理比率は「文系:理系=7:3」で、圧倒的に文系が多い構造。

こうした事情から、ZOZOの総合職の倍率は50倍と推定。就職難易度は「かなり難」との表現が妥当と判断。

他社と比較して

ZOZOは言うまでもなくアパレル関連の通販サイトを運営する企業。

知らない大学生はいないはず。知名度が高ければ、その分就職先としては人気度が上がると。

アパレル、IT業界として

大手システムインテグレーターで勤務する社員たち

ZOZOは、アパレル業界としてはもちろんのこと、IT業界としても有名なところ。

新卒採用にて併願先になりやすいのは下記の企業がよくある例だろう。

  • ファーストリテイリング、オンワード、良品計画などのアパレル業界
  • Amazon、楽天、ヤフーなどの通販関連のIT業界

アパレル業界の中では最も難しいと言っても過言ではないだろう。

IT業界としては、Amazon、楽天、ヤフーに比べるとやや緩やかではあるが、それでも無名のIT企業よりははるかに難しい。

「会社名を知っているかどうか?」は大学生たちが就職先として考えるかどうかに大きく影響を与える。ZOZOは数ある企業でも知らない学生はいないはず。

おすすめ記事