ICOCAでは関東のバスは乗れない?

icoca

大阪を中心とする関西・近畿地方で使えるJR西日本の交通系ICカード「ICOCA」は、近畿のバス路線では使えるようになっている。JRが運営するバスだけではなく、Pitapa系の会社であっても乗ることができるようになっている。

しかし、関西以外の地域では、鉄道を除いて利用することはできない。東京・首都圏、名古屋、福岡といった別の地域において、ICOCAを使って路線バスに乗ることはできない。

したがって、その地域の交通系ICカードを持っていないのであれば、降りる時に現金で支払うしか方法はない。

関東であれば、例えば都営バスや私鉄系のバスに乗る際には、SuicaまたはPasmoしか使えない。ICOCAは残念ながら対象外である。

2013年の相互利用ができるようになってからは、ICカードの相互利用ができるようになってからは、関東・首都圏の鉄道とバスでもICOCAが利用可能となった。

どこの路線バスで使える?

JR西日本のICOCAは、本来はJR西日本線内の電車を利用するためのICカードである。切符を買う必要がないことがメリットとして、京阪神を中心に、岡山、広島などの都市圏で広く普及させてきた。

しかし、全国の他の鉄道路線でもどの地域のICカードも使えるようにしてほしいという要望が多かったこともあって、2013年3月から鉄道に限っては、対象とする地域外の鉄道であっても、ICカードに対応している路線であれば使えるようになった。

とはいえ、これは大手の鉄道会社と一部のバス会社を使う場合に限った話であって、一部の鉄道会社やバスはその対象から除かれた。SuicaとPASMOは使えるところであっても、関西のICOCAは使えないところがある。

ICOCAが使えない路線の例としては、多摩モノレールや千葉都市モノレールが挙げられる。これらの会社の路線では、関東では主流のSuicaとPASMOは利用可能だが、それ以外のICカードは使えない。

一方、同じ地域内のバス路線であれば、電車用のICカードも使える。ICOCAであれば、近畿圏の路線バスの内、ICカードが使える会社であれば使えるようになっている。

正式には、関西の路線バスの多くではPitapaを対象ICカードとしているが、PitapaとICOCAは同じ地域内のICカードであり、相合利用の需要も多いことから、互いに連携している。この点から、JR線用のICOCAも関西のバスで使えるというわけだ。

よって、阪急バス、阪神バス、京阪バス、近鉄バス、南海バス、京阪神エリアのの市バス等でも、ICOCAは使える。

交通系ICカード

クロスバイク通勤・通学、雨の日はみんなどうする?

近年はスポーツタイプの自転車が注目を浴びていることから、その代表格で使いやすいクロスバイクに乗って仕事先への通勤や学校への通学に使っている人が多い。

しかし、気になるのが悪天候の時の移動手段である。雨の日はどうするべきなのだろうか。晴れの日と同じようにクロスバイクで通勤・通学に利用するべきなのか、それとも自転車の利用は控えて電車やバスなどの公共交通機関を使うべきなのだろうか。

この判断はとても難しいだろう。物理的には、雨が降っている場合でもスポーツタイプの自転車で仕事先や学校のある場所に行くことは可能である。しかし、荷物がぬれたり、衣服が汚れたりする可能性は否定できない。

雨の日の路面状況はとても滑りやすいため、スポーツタイプの自転車だと危険性がアップすることも否定できない。

このようなことから、クロスバイクを日々使っている人は、雨の日は一体どうするできなのだろうか。

装備があれば問題なし!

結論から言うと、雨天時のための装備がしっかりしていれば問題はない。レインウェアを用意し、バッグなどの鞄は防水処置が施されているものを使うのであれば、雨の日であってもクロスバイクで通勤・通学をすることは可能だ。

ただし、クロスバイクにはママチャリとは違って、デフォルトでは泥除けがついていない。そのため、路面の水が飛び散る。なので、多少は汚れても良いような装備でなければならない。

特に背中に背負うリュックを使う場合には、跳ねた水が簡単にふき取ることができるようなものでなければならない。防水になっているバッグであればそれができるが、メッシュ記事などは御法度である。

また、安全性についても、晴れの日よりは転倒などの危険性が増すのは事実である。したがって、普段ほどスピードを出すわけにもいかない。

雨の日もクロスバイクで通勤や通学に使う場合であっても、できるだけゆっくりと走れるようにするために、普段よりも時間に余裕を持って自宅を出発することが求められる。悪天候だからこそ、慎重な運転を心がけるのが大切であるのは、言うまでもない。

もし、雨の日のための対策ができないのであれば、クロスバイクで移動するのはあきらめて、電車やバスといった公共交通機関を使って目的地まで移動するしかない。

おすすめ記事

【Giant Escape】高校や大学への通学にはピッタリか?

Giant Escapeシリーズには、r3やRX3、AIRなどの車種があるが、どれもクロスバイクとしては品質が良く、数あるメーカーや種類がある中でも特に高い人気を誇っている。




高校や大学への通学用の自転車としてもピッタリであり、非常に使いやすい。値段がそれほど高くはないが、重量が10kg台以下と軽いため、少ない体力でも長距離の移動が楽になるのが、Giant Escapeシリーズのクロスバイクならではの特徴である。

中学校の場合は学区による制限があって、自宅から学校までの距離が短く、しかも自転車の種類に制限を設けているところが多いこともあって、銀色のふつうの軽快車が一般的である。

Giant Escape R3

出典:ジャイアントストア公式HP giant-store.jp/sakai/bike/1849/

しかし、高校以上となると、学区の制限がなくなり、自宅から学校までの距離が長くなる傾向になる。そうなると、自転車通学を行うにあたっても、より疲労感を少なるできるような種類の自転車が求められる。

そんな要望に応えているのがクロスバイクであり、特にコストパフォーマンスに優れているGiant Escapeシリーズはその定番の例であるというわけだ。だからこそ、通学の自転車としては非常におすすめなのである。

5万円、なんて高すぎる!

ただ、値段は決して安いとは言えないだろう。「自転車は1万円以下で買うのが常識!」と考えているような人にとっては、特に値段が一番の欠点となるのではないだろうか。

クロスバイクをはじめとするるぽーつタイプの自転車の場合は、どうしても価格が高くなり、ルック車ではなくて性能の良い車種となると、5万円くらいはかかることとなる。

2,3万円で店で売っているものもあるが、そういった安いクロスバイクはルック車であり、ギア数が少なく、しかも重量が14kgくらいあったりして重い。決して、少ない体力で通学するという目的を果たすことができない。

金銭的な余裕がない人にとっては、Giant Escapeシリーズをはじめとするクロスバイクを買うハードルは多少高いかもしれない。

とはいえ、それでも電車やバスなどの交通手段を続けて使うよりは安上がりとなる。定期券代を何年も払い続けると、その金額はクロスバイクの購入費をはるかに上回ることだろう。そう考えると、決して高価な贅沢な買い物ではないと思える。

おすすめ記事




ICOCAでは、首都圏のグリーン車には乗れない!?

icoca

関西などのJR西日本のICカードであるICOCAについて、首都圏のグリーン車に乗るのに必要なグリーン券を駅ホームの券売機で買うことは残念ながらできない。

関東を走るJR東日本の近郊路線の多くの場合は、普通列車にもグリーン車が連結されている。関西などの他の地域では見かねない特徴ともいえるだろう。

グリーン券を買う方法としては、駅改札の外の券売機か駅ホームにあるSuica専用の券売機を使う2パターンが挙げられる。車内でも購入することはできるが、値段が駅で買う場合よりも割高となってしまう。

平日、50km未満の区間での利用の場合、駅でグリーン券を買う際の値段は770円である。しかし、車内で購入すると1,030円もかかってしまう。これは、かなり差があるといえるだろう。そのため、車内で購入するわけにはいかない。

こうなると、駅の券売機で買うのがおすすめだ。とはいえ、駅のホームで買おうとすると、今度はSuica、Pasmo、Toica等の一部のICカードしか使えない。関西のICOCAやPitapaなどは一切使えない。

普通の駅構内にある改札を通る場合には使えるようにはなったとはいえ、グリーン券単独では買えないのがネックであろう。

こうした点から、普段はJR西日本エリアに住んでいてICOCAを愛用している人が、出張や旅行などで関東に出向いた際に、JR東日本ならではの普通列車のグリーン車に乗ろうとしても、ICOCAでグリーン券が買えない。

もしグリーン車に乗る意志が固まっているのであれば、改札内に入る前に券売機で切符を買うしかないのである。

おすすめ記事

【新型車両】上野東京ラインにE235系登場の可能性ゼロ!

JR上野東京ラインにも新型車両E235系が投入される可能性はないのだろうか。それまでの2つの種類の新しい車両が誕生するごとに近郊型の車両としても投入されてきたが、今回は添え置きとなってしまうのだろうか。




山手線に導入され始めたJR東日本の新型車両E235系であるが、初日からTASCの装置がうまく機能せず、停車位置を間違えたりするトラブルが頻発する結果となった。

その新しい電車であるが、上野東京ラインに導入される可能性はほとんどゼロに近いだろう。これまでは、E231系、E233系が他の路線で登場するたびに、新型車両が東海道線、宇都宮線、高崎線にも導入されてきた。

E231系は、2000年に初めて山手線に導入された1年後の2001年に、東海道線、宇都宮線や高崎線での運転が決定し、それまでの旧式の215系や113系と入れ替わることとなった。

e235系

wikipediaより

E233系についても、2007年に京浜東北線や中央線快速で導入され始めた後、2012年から近郊型のものが開発されて、東海道線に、2013年には高崎線と宇都宮線で運転され始めた。

これによって、それまでの国鉄型の211系と入れ替わり、すべてJR化後の車両で運転されることとなった。

このように、首都圏の郊外へと走る代表的な3路線では、連続して2種類のモデルの車両が登場してきた歴史を持っている。

なぜ、E235系が出ない?

だが、上野東京ライン系統の路線において、E235系についても導入されるとは考えにくい。なぜなら、前回導入された車両がまだ老朽化していないからである。

一番古い車両であっても、2001年のE231系である。これが登場してから、まだ15年ほどしか経過していない。さらに、E231系のVVVF、SIVやドアエンジンなどの機器更新が2015年の秋から行われ始めた。

機器更新ということは、部品だけを交換して、引き続き運転するということを意味する。すなわち、E235系と入れ替えることなく、これから数十年は特に変更せずに運行を続く可能性が大きいといえるだろう。

また、東海道線・宇都宮線・高崎線よりも、もっと旧式の車両が走っている路線もある。E231系もE233系も走っていない路線であれば、そちらが真っ先に車両の入れ替えの対象となるだろう。

おすすめ記事

評判はどう? トップバリュ「ガーリックソフト」

 

ガーリックソフト

イオンのプライベートブランドであるトップバリュの「ガーリックソフト」は、税込みで258円で販売している商品である。

おろしガーリックが入っているマーガリンとして、パンに塗るなどの用途に使える。ガーリックトーストに使うためのマーガリンとしてはかなり有名であろう。

また、パセリやレッドベルペッパーも合わせて入っているという点で評判は良い傾向にある。購入できる店舗としては、スーパー「イオン」をはじめ、マックスバリュやザ・ビッグ、ダイエー、ピーコックストアなどのイオングループが挙げられる。

フランスパンに塗って食べるという方法が一番人気となっているようだ。また、ワインともよく合う。ワインを飲む際のおつまみとしての用途も十分検討する価値がある。

ネットスーパーでも販売しているため、日中は仕事で非常に忙しくて、スーパーの店舗にはなかなか行けない人であっても自宅に配達してもらえるネットスーパーを通じて買うことができる。

トップバリュのガーリック

口が臭くなる?

ただし、ガーリックソフトには名前の通り、にんにくがたくさん含まれる。そのため、ガーリックトーストなどにして食べた後は口が臭くなる。

食後にはできる限り歯を磨くのが良いだろう。ただ、それでも臭いが残ることが多いため、朝や昼間に口にする食材してはあまりおすすめはしない。人前にはもう出ない夕方~夜間にかけての時間帯に口にするのが良いだろう。

特に、仕事や学校にその後行く予定である平日の朝食に食べるのは避けた方が良いだろう。パンに塗るものとしては、ガーリックソフトではなくて、ジャムやその他のマーガリンが好ましい。



おすすめ記事

【新型車両】総武線快速にもE235系が導入されるか?

2015年11月30日より、JR山手線において新型車両E235系による定期運行が始まった。これまでは、首都圏ではE233系が新型車両して登場することが多かったため、新しい車両としては久しぶりの登場だ。

e235系

wikipediaより

今のところは、まだ山手線だけの導入となっているが、これからは他の路線にも登場されるかもしれない。総武線快速が、その中でも一番有力とされている。

総武線快速では、1994年以来E217系が導入され、もう20年超も同じ車両ですべて運行されている。これは、首都圏の近郊路線としては、一番古い車両が走っていることになる。

総武線快速には新型車両がない!

総武線快速、横須賀線を走る電車の場合、E231系、E233系のいずれの車両も走っていない。近郊路線としては、この2路線だけである。

上野東京ライン・湘南新宿ラインの東海道線、宇都宮線、高崎線にはそれらのどちらの電車も走っている。中央線、京葉線にはE233系が走る。埼京線や南武線、横浜線もE233系に入れ替わっている。あるいは各駅停車の中央総武緩行線でさえもE231系によって運行されている。

もはや、旧式の鉄道車両が走っている都心と結ぶJR東日本の路線のは総武線快速と横須賀線くらいである。

車両の老朽化も著しいだろう。そこで、次にE235系が新たに導入される路線としては、総武線快速・横須賀線系統ではないかと、私は考えている。

山手線にE235系が正式に運行開始される前に、事前乗車体験として横須賀線内の逗子~品川間を走り、しかも時速120キロでの高速運転を行った理由として、これらの路線にも導入を予定していることの暗示ではないだろうか。

次に、どんな場所をE235系は活躍し始めるのだろうか。そんな期待感を感じるのは私だけではないだろう、このように思っている人は、おそらく多いのではないだろうか。

おすすめ記事