【必読】シストレ24関連のブログ記事はこれ!

インヴァスト証券のFX自動売買ツール「シストレ24」に関するブログ記事は、数多くのWeb媒体で取り上げられている。これにより、24時間いつでも投資が可能なソフトを使って資産運用するにあたって、情報を集めることには困らないかもしれない。

しかし、実際に無数に出回っているブログ媒体に目を通すと、全体の8~9割の記事は「ゴミ」であるといえるような内容のものだ。大半のWebサイトから閲覧できる情報は、あくまでも口座開設や取引数量の増加を促進することを狙っているような内容となっている。

確かに、口座開設者や取引量を増やすためには、有益な情報なしには語れない。シストレ24ならではのメリットや、それを用いて投資活動を行っていることで得られる利益に関する内容は少なからず出回っている。

しかし、ダイレクトに収益UPにつながるような内容のものを解説しているブログ記事はあまりないのが現状である。「どうすれば利益が出るのか?」という問いを持つ人は非常に多いだろうが、残念なことにそうした疑問に答えているブログが少ない。

また、欠点や注意点を言葉にはせず、ただひたすら明るい面だけを唱えている媒体も多い。まるで、メリットを羅列しているだけの紹介記事を目にすることもかなり多い。

こうした事情から、ブログ記事を読んだからといって、直ちに収益UPが期待できるとはとても言い難い。有益な情報を仕入れるのはかなり難易度が高いだろう。

とはいえ、ヒントになっているブログ記事が存在するのも確かである。

「どうして、シストレ24でなかなか利益を獲得できずに儲からない状態が続くのか?」

「収益力を上げるためには、何をすればいいのか?」

こうした単純な質問に応答しているブログ記事も存在することは確かだ。実現性があるのかどうかはともかく、少しでも有益な情報を解説しているWeb媒体もある。

シストレ24でより多くの金額を稼げるようになるためには、そうした読むに値するブログ記事だけを取り入れて、無駄なゴミブログに目がふれたら、直ちにバックボタンを押して戻ることこそが大切ではないだろうか。

私が思う、有益なブログの例

 

 

どうしてトップバリュは安い? 理由がある!

トップバリュ

大手スーパー・小売業のイオンのプライベートブランドである「トップバリュ」の商品の値段は、ふつうのメーカーのものよりも安いのはなぜだろうか。

低価格な点にはどういった理由があるのか、という疑問を持っている人は多く、あなたもその1人ではないだろうか。実際、箱がシンプルな以外は従来に商品とほとんど大差ない。

そこで、トップバリュが安い理由には何か「ブラック」なところがないのだろうか、といった心配を抱くかもしれない。たとえば、品質を下げているとか、欠陥品であるとか思ってしまうかもしれない。

しかし、決して正規のメーカーよりも質を下げているわけではない。低価格のポイントは、流通のシステムにある。工場からの出荷から店頭に並ぶまでの流れが、従来のシステムとは違うからこそ、値段が何割か安くできているのである。

イオン独自の流通ルート

トップバリュの商品の場合、商品を考案したり、工場に製造の依頼をするのはすべてイオンである。小売業の会社が、店頭に並ぶまでの流通ルートを管理していることから、他の企業による流通ルートを通さない。

従来は、小売業に製品が届く前に、卸売業者を通じて配送することになる。つまり、スーパーなどの小売店はただ商品を消費者に販売するだけであって、それ以前の過程では第三者の業者を通すというわけだ。

第三者を通せば、それらの業者に支払う費用が発生するため、かかったコストはすべて店頭での表示価格に反映される。製造から販売までの過程でかかった費用が高ければ、店頭での商品の値段は高くなるのは当たり前だ。

こうした理由から、数多くの業者を通じた流通ルートを通過する正規のメーカーの商品の値段は、自社ブランドの製品よりも割高となる。

一方、、プライベートブランド「トップバリュ」は、最初から最後まで一貫してイオンが管理や発送を行う。運送業者や工場の所有者などを除いては、イオン以外の企業の手には渡らないため、低コストで安価で仕入れることができる仕組みになっている。

さらに、イオンという企業の傘下の小売店はいくつもある。全国的にも数多くの店舗を持っていることから、トップバリュの商品を大量に生産できるほどの販売網を持っている。

そして、大量生産によってさらに1つあたりのコストを下げるという目標を達成することができて、その結果として割安な値段で販売できるようになっている。

おすすめ記事

高校生に人気! クロスバイク通学

今、高校生の間で少し値段が高いスポーツタイプの自転車が人気となっている。それの代表格がクロスバイクである。

ここ2、3年で、通学手段としてクロスバイクを使って学校に登校する人を良く街中で見かける。重量が軽く、巡航速度が速く、より少ない体力で短時間で移動できることから、話題の的となっているのだろう。

実際、クロスバイクに乗ってみると、加速力もスピード力も素晴らしい。今までママチャリにしか乗ったことがない人であれば、初めてクロスバイクに乗ると一種の感動を抱くことであろう。それだけ、性能の面で優れているのである。



なぜ高校生も購入するのか?

高校に入学すると、それまでの中学校よりも通学距離が格段に伸びる場合が多い。中学校は地元の公立のところに行っていたため、自宅から学校までの距離はそれほど長くはなかったが、高校は隣町にあることで家からの距離が長いという例はよくある。

高校に入ると、自転車通学をする場合でも距離が何kmも遠くなってしまうのだ。そんな中で、遠い道のりを毎朝自転車で通うのは決して楽なことではない。

距離があればあるほど、乗っている時間も長く、使う体力も大きい。ママチャリであれば、重量が重いため、スピードや加速力が遅く、とても不便を感じる。

しかし、クロスバイクであれば、ママチャリほど苦労はしない。同じ距離であっても、スピードの速さが全然違うため、従来の自転車よりも学校までの所要時間を短縮することができる。

朝は時間に余裕がないという高校生も多いことであろう。そうした事情に応えられる移動手段こそが、同じ「自転車」であるが性能が違うクロスバイクというわけなのだ。

荷物に限界がある!

ただし、高校への通学手段としてのクロスバイクには多少のデメリットがある。自転車の前にカゴが付いていない点がその1つだ。

カゴがないということは、荷物を入れているバッグは身に着けるしかない。カゴに乗せるようなタイプの鞄では無理というわけだ。

荷物がどうしても多くなる運動部などに入っている人にとっては、これは致命的な欠点となるだろう。あくまでも、リュック1つに入るほどの荷物しか持たないでも高校に通学できる人が移動手段として使えるのがクロスバイクである。

さらに、そもそも学校でスポーツタイプの自転車による通学を認めていないところも存在する。たとえば、銀色の内装3段ギアの自転車(軽快車)しか許可していない高校の場合、クロスバイクは校則の面で問題が発生する。

校則が厳しい学校であれば、高校生として毎朝クロスバイクなどのスポーツ自転車で登校することはできない。これもまた、一部の地域や学校に通う人にはデメリットである。



おすすめ記事

カテゴリー: life

【Suica】カードを持つメリットはない?

suica

交通系電子マネー・ICカードの代表格ともいえるJR東日本のSuicaであるが、実はメリットはそれほどない。決して、ポイントカードのようにお得にするツールではない。ただ便利なだけである。

ただの切符の要らないカード!

考えられる長所といえば、券売機で切符を買わずに電車・バスに乗れる点くらいではないだろうか。鉄道などの公共交通機関をSuicaを利用して乗った場合でも、ポイントが付くわけではない。

ただ、切符を買ったり、現金で運賃を払う必要がないというくらいの利点しかない。小売業で見かけるポイントカードのように、買えば買うほどポイントが付与されて、別の買い物の時に金券として使えるような制度は、Suicaにはほとんどないといっても過言ではない。

Suicaにポイントが付くのは、Newsdayなどの駅ナカの売店で買い物をした場合などに限られ、ポイントがもらえる特典のある店自体が少ない。駅でとく買い物をする人以外には、「お得」になるようなメリットはないのである。

しかも、駅の売店などで使う金額は鉄道やバスの運賃よりも少額である場合がほとんどだ。一番お金を使うところでポイントが付かないのはとても残念なことであると思っている人は、はたいてどれだけいるだろうか。

首都圏以外の地域では不人気

駅の改札を通る人を観察していると、大半の人は従来の磁気切符ではなく、Suicaなどの交通系ICカードでタッチして通っている。特に、首都圏ではICカードの利用率が他の地域よりも格段に高い。

しかし、ICカードだからといっても、鉄道の運賃が安くなるわけではなく、何かもらえるわけでもない。ただ、「便利」だから多くの人が使っているだけである。

金銭的なメリットがないからだろうか、中京圏や関西圏とった大都市の場合、ICカードを利用する人は少ない。

お金のやりくりに厳しい人が多いと言われている関西の場合、ICカードの利用率は5~6割ほどにとどまる。残りの人々は、普通乗車券や回数券を利用して鉄道に乗っている。これは、いかにSuicaなどの交通系ICカードにメリットがないのかを表す行動といえるのではないだろうか。

クロスバイクで通学する大学生、今大流行!

ロードバイク

ここ数年、学校への通学の際にクロスバイクを利用する大学生が増えている。自宅や下宿先のアパート・マンションからスポーツタイプの自転車で大学のキャンパスまで行くのが一種の流行となっているといっても過言ではない。

軽さが人気のポイント

クロスバイクは、従来のママチャリとは違って、重量が軽いことから、少ない体力で疲れずに目的地まで行くことができる。そのため、楽に大学までの通学ができるようになるわけだ。

特に、坂道が多い場所となると、重量の軽いクロスバイクを使うことで大きなメリットを受ける。ママチャリの半分ほどの力で坂道を登ることができ、さらに、ギア比も低いことから、立ちこぎをせずにキツイ坂を登ることも可能だ。

値段はママチャリよりも高く、たとえば定番の「Giant r3」の場合、価格は5~6万円と高価であり、従来の自転車が1万円以下買えることを考えると、値段が高いのは事実である。

とはいえ、性能の面では水準が高い。フラットハンドルのため、楽な姿勢で乗ることができ、加速やブレーキの性能もスポーツタイプの自転車として良い。

原付や二輪車のように、税金や車検などのランニングコストもほとんどかからないことから、節約志向が高まる今の時代にもぴったりとあった乗りものであるといえるだろう。



カゴがない

ただし、クロスバイクは従来の自転車余は違って、前にカゴがついていないのが特徴である。そのため、カゴに荷物を入れて移動することはできない。

ママチャリ・ユーザーの大学生は、通学に使うバッグをカゴに入れて自転車に乗る人が多い。通学だけでなく、コンビニやスーパーで買ったものをカゴに入れて移動する場合もあるだろう。

しかし、クロスバイクではこうした使い方ができないため、バッグはリュックやショルダーバッグなどを利用することが求められる。実際、クロスバイクで通学する大学生の9割はリュックを背負っている。

トートバッグなどを愛用しているのであれば、クロスバイクは決しておすすめできる自転車ではない。あくまでも、カゴを必要としない乗り方をする人向けの自転車の種類であるということも、購入する前に理解しておかなければならない。

おすすめ記事

カテゴリー: life

クロスバイクで毎日片道10kmは楽勝か?通勤・通学へ

近年急速に人気上昇をし続けるクロスバイクというスポーツタイプの自転車であるが、通勤や通学で毎日片道10kmの道のりを走ることは可能だろうか。

たとえば、自宅のある郊外から職場のある都心まで片道10km以上ある場合、もはやママチャリでは不可能な距離であろう。らくらく進むスポーツタイプの自転車でなければ、毎日通うことは不可能といえる。

ただ、いくらクロスバイクであるとはいえ、本当に季節を問わず毎日自転車通勤・通学をやり続けることは本当にできるのかと思ってしまうだろう。結論から言うと、クロスバイクであれば片道15kmまでは無理なく行ける。

「楽勝」なのは事実?

ただ、クロスバイクによる長距離通勤・通勤が「楽勝」であるかどうかは、個人によって異なるのは間違いない。

体力に自信がある人であれば、片道15㎞程度の道のりであればらくらく行けるが、運動が苦手で体力のない場合は、7,8kmまたはそれ以下が限度となるかもしれない。

したがって、片道10~15kmの道のりを仕事や学校に行くためにクロスバイクで毎日走り続けるのは、必ずしも「楽勝」であると結論付けることはできない。

とはいえ、クロスバイクがママチャリなどの街乗りの軽快自転車よりははるかにら「らくらく」であることは事実である。車種にもよるが、重量が10~13kg程度であるクロスバイクは、少しの力でも大きな推進力が得られるため、疲労感が少ない。

少ないパワーでも進む仕組みになっていることから、まだスポーツタイプの自転車に乗った経験がない人にとっては、一度長距離の移動手段としてクロスバイクを使うことに挑戦する価値は大きいのではないだろうか。

片道15km超にはロードバイクがいい!

タイヤの幅が狭くて重さが軽いことで、ロードバイクと似ている点がいくつもあるのがクロスバイクである。しかし、長距離の移動となれば、自然とロードバイクの方が不老館が少なくなる。

クロスバイクの場合、ハンドルがフラットになっていることから、常に体を起こした姿勢で乗る続けるようになっている。しかし、長時間乗り続けるには、やはりドロップハンドルが良くなる。

ドロップ型のハンドルの場合、持ち方を変えられる設計になっていることから、こまめに持ち方を変えることができ、これによって疲労が少なくなる。また、前傾姿勢を採れるため、空気抵抗が少なくなって、少ないパワーでも進む。

こうした設計になっているのがロードバイクであることを考えると、片道15kmを超える道のりを毎日走るのであれば、クロスバイクよりもロードの方が適している自転車の種類である。

使用用途に応じて、購入する自転車の種類を決めることもまた必要である。短距離でもないが、長い距離というほどでもないといった中距離移動のための自転車としておすすめな種類がクロスバイクではないだろうか。

おすすめ記事

カテゴリー: life

FELT F95の評判!もう1つの初心者ロードバイク

felt f95

初心者向けのロードバイクとして10万円以下で買えるものの代表としては、Giant Defy4であるが、FELT F95もまたおすすめの自転車である。アルミフレームと「アルミコラム」というフォークが素材でできていて、入門用として評判が良い。

重さは2016年モデルで9.6kgと、10万円以下のロードバイクとしては10kg未満の軽さを実現していることから、この価格帯の自転車としては軽量であると評価され、コストパフォーマンスが高いといえるだろう。

なお、定価は98,000円(税抜)であり、実勢価格としては9万円前後である場合が多い。初めてロードバイクを購入することを検討しているのであれば、是非おすすめの逸品であることは間違いない。

通勤・通学にも最適!

最近は、「自転車ツーキニスト」という言葉が登場するほど、自転車を移動手段として通勤に使う人が増えている。自転車の具体的な種類については、特にロードバイクやクロスバイクなどのスポーツタイプのものを利用する人が劇的に増える傾向にある。

通勤や通学に使用するロードバイクとして、このFELT F95は最適の自転車である。価格が10万円以下と、しっかりとしたロードバイク(ルック車以外のこと)の中では最安値クラスであり、高級自転車を狙った窃盗犯のターゲットとなりにくいため、盗難の心配度が低い。

通勤・通学で自転車を使うと、どうしても無数の人が行き交う職場や学校の駐輪場におかなくてはいけない。また、雨風にも当たりやすい環境に長時間放置することになる。

そうした劣悪な環境の中に値段の高いロードバイクを置いてしまうと、汚れや錆びなどが発生しやすくなり、せっかくの高い出費の意味がなくなってしまう。

したがって、通期や通学に利用するロードバイクとしては、入門用の比較的安価な車種を使うことが最適であり、FELT F95もまたそんなおすすめのロードバイクの1つである。

巡航読度、スピードはどれくらい?

ロードバイクということで、巡航速度は街乗りのママチャリのみならず、クロスバイクなどの他のスポーツタイプの自転車よりも速いのは間違いない。

重量も9.6kgと軽いことから、スピードが出やすい設計になっている。具体的な巡航速度をいうと、特に体力の面で欠ける人出ない限りは、らくらく時速27,28キロメートルは出せる。

少し体力に自信がある人であれば、時速30キロメートルくらいは出せるのではないだろうか。少なくとも、入門用のロードバイクの中ではスピードが出しやすい。決して「ルック車」のように形だけで速度が出ないといった偽物ではないことは確かだ。

らくらく速度が出ることから、通勤や通学だけでなく、休日の長距離サイクリングにもロードバイクならではのメリットを味わうことができるだろう。片道100㎞といった自転車旅に一度行ってみるのも良い。

おすすめ記事

カテゴリー: life

「サークルe」運用開始!E231系の機器更新

サークルe

JR東日本の東海道線、宇都宮線、高崎線を走るE231系1000番台の小山車の機器更新が行われた車両の運用が開始された。これらの車両は、新たに「サークルe」のマークが貼られ、JR東海の区間には入れないことになった。

このため、「サークルe」運用が行われる車両は、熱海~沼津間の乗り入れは基本的には行われない。仮にダイヤの乱れなどで、他の車両に代わって東海区間に乗り入れる場合には、事前に指令室への報告が行われることが求められるらしい。

VVVF、SIVなどが新しいものに!

小山車両センター所属のE231系が機器更新されたことによって、VVVFやSIV、ドアエンジンなどが交換された。最新型の車両であるE233系のものと同じものが搭載された。

これにより、更新車に乗ってみると、発進時はまるでE233系に乗っているようなモーター音になっていることがわかる。

これまでの「墜落インバーター」と呼ばれた独特のモーター音が聞けなくはなってしまったが、時代の変化を感じさせるものでもあろう。

ところで、機器更新が行われると、加速やブレーキ時の原則の性能が多少は変わる。そのため、運転手は多少の変化を感じることになり、これまでとは違った運転の仕方をしなければならなくなる。

JR東海の線路内では、JR東海に勤務する乗務員が担当することになるが、まだ更新車両のハンドル訓練などが不十分であるため、営業運転が見合されている。こうした理由から、今のところ「サークルe」のステッカーが貼られ、熱海以北のみのJR東日本線内だけで運転されることになっているのである。

ある程度の期間が過ぎれば、この「サークルe」運用が終わり、リニューアルされたE231系もかつてのように熱海より静岡側の運行にも入るのではないだろうか。

おすすめ記事

イオンでトップバリュの「特売」はやらない?

トップバリュ

トップバリュの商品の特売はあまり見かけないと感じたことはないだろうか。従来のメーカー品であれば、「広告の品」としてチラシに掲載されたものが通常時よりも安い値段で店頭に並べられているのを見かける。

しかし、イオンの自社ブランドであるトップバリュの商品の場合、あまり広告の品として特売をやっているのを見かけない。特に食料品においては、ほとんど定価での販売となっている。

食料品は定価のまま?

トップバリュの商品の中でも食料品に限った話では、チラシに掲載されることはほとんどゼロである。「広告の品」として日曜日や火曜日に安売りされる商品は正規メーカーのものばかりであり、これらは期間限定の価格で販売される。

メーカー品の場合、チラシの対象品となっている期間は通常時よりも安く売られる一方、それ以外の期間はほとんど低下に近い価格で販売されている。この場合、トップバリュなどのPB商品よりも値段が2~3割ほど割高となっている。

こうしたことを考えると、トップバリュの商品は1年中一定の安い価格で販売されていることがわかるだろう。常にメーカー品よりも価格が安いのも特徴である。

チラシに掲載されるような安売りは行われないものの、いつでも低価格で安定して販売されているといえる。もともとの定価が低く抑えられていることから、わざわざ特売日などにスーパーに行かなくてもいいというわけだ。

従来の商品の場合、安くなるのは広告の品として出されている期間だけに限られてしまうため、家計の節約を心がけるのであれば、特定の日に食料の買い出しに行かなくてはいけない。

また、期間限定ということで不要な分までカゴやカートに入れてしまって、無駄な買い物をしてしまう可能性もある。これは、かえって家計にダメージを与えることになってしまう。

しかし、トップバリュであれば、いつても同じ価格でしかも安いことから、特定の日を買い出しに当てたり、無駄な買い物をしたりする心配が一切ない。

特売のように大規模な安売りが行われないのは残念なことと感じるかもしれないが、その一方でいくつかのメリットもあるのが、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の食料品ではないだろうか。

おすすめ記事

ノーヘルでもOK?ロードバイクに乗る人々!

ロードバイク

ロードバイクに乗る人が近年は急上昇している。クロスバイクと並んで、自転車ブームの中で購入者が増え続けている。

人気の理由として、こうしたスポーツタイプの自転車は、「ママチャリ」と呼ばれる軽快車とは違って重量が軽く、少しの力でも推進力があることから、疲れずに少し遠くまで行けるという点が挙げられる。軽く漕いだだけで速いスピードが出るのも特徴である。

特に、ロードバイクは10kgを切る自転車がほとんどであり、しかもドロップハンドルであるため、長距離の移動でも疲労感が少なくて済む。少ない体力で速度が出せる仕組みになっている。

こうしたメリットから、通勤や通学の際にロードバイクを利用する人が増えている。また、休日にはサイクリングに行く際に乗る自転車としての役割もある。今後もますますロードバイクを購入する人は増え続けるだろう。

しかし、スポーツ車であるロードバイクに乗りながらも「ノーヘル」で、ヘルメットをかぶらない人が少なからず見かける。

巡航速度が高く、スピードが出る自転車であるため、ノーヘルで乗るのは問題ないのだろうか。「ヘルメットは必要ない」という意見も存在するが、これは果たして正しいのだろうか。

ノーヘルは自殺行為?

ヘルメットを着用しない最大の理由は、ファッション性や見た目ではないだろうか。頭に丸いプラスチックのような物体を載せるのは恥ずかしいと感じてしまうために「ノーヘル」でロードバイクに乗ってしまうのだろう。

しかし、ママチャリのような一般的な自転車とは違って、ロードバイクは車道をスピードを出して走る乗り物である。車と同じ道を走るのが危ないことは確かである。加えて、高速で走ることによって、万が一転倒したときの衝撃はとても大きいものとなる。

特に頭を損傷したときの損害は大きいものとなる。ノーヘルの場合、死亡する可能性も高くなる。時速30、40キロメートルも出る自転車において、もし転倒して頭部を損傷したらどうなるだろうか。

これを考えると、とてもヘルメットなしでロードバイクを利用するのはかなり危険であると誰もが感じるだろう。

よく、道路をノーヘルの初心者ロードバイク・ユーザーを街中で見かけるが、そのような利用者の乗り方はかなりのリスクを冒している。

したがって、ロードバイクに乗る際にはヘルメットを着用することが好ましい。毎日通勤・通学に利用する際にも、安全面を重視するのがきわめて重要である。もしかぶらないのであれば、それは自殺行為とみなせるかもしれない。

おすすめ記事

カテゴリー: life