イオンモール堺鉄砲町のイオンラウンジは広い!?

イオンラウンジ堺鉄砲町の広さ

2016年3月19日にオープンしたイオンモール堺鉄砲町に行ってみた。人気スポットである「イオンラウンジ」にも入室し、他の店舗との比較した。

イオンゴールドカードもしくはオーナーズカードなどの特定のカードがあれば入室できる場所であるが、一般の人は入れないのが特徴といえる。18歳未満の人は単独では入室できない。

やはり席数多い!

広さに関しては、できて新しいということもあって、他の店舗よりも広い。2名・4名席が33テーブル、カウンター席が9席という構成になっている。利用者が増加しているという現状に合った形となっていて、席数はかなり多い。

関西のイオンラウンジの中でも、四条畷や京都桂川、大阪ドームシティ、和歌山などの大型ラウンジと同じくらいの広さ・席数といえる。

大型イオンラウンジということから、慢性化している混雑も少なく、土日や20日・30日のお客様感謝デーであっても長い行列ができることは少ない。平日については、火曜日も含めて待ち時間ゼロで入れることがほとんどだろう。

ただし、オープンした直後の期間に関しては少し混雑度が激しくなるかもしれない。午後になると来店客が殺到することで、長い行列ができる可能性は高い。もしラウンジに行くことを前提にしてイオンモール堺鉄砲町に行くのであれば、空いている午前中に入室するのがおすすめだ。

堺鉄砲町のラウンジ

イオンラウンジの場所は、3階のスーパーのテナントである「イオンスタイル」を専門店側に出てすぐのところにある。AEON Wi-Fiが無料で使えるようになっているため、スマートフォンやタブレットに触れながらくつろぐこともできる。

ただし、利用時間は1組30分以内となっているため、長居は禁物である。特に混雑時は待っている人もいるということで、なるべく短時間の利用を心がけることが大切だ。ほどほどにドリンクを飲みながら少しの時間を過ごす場所として捉えておくのが好ましい。

スナック

試供品という入口の受付でもらえるトップバリュのお菓子は、1枚のカードで1セットとなっている。私が行ったときは、せんべいとチョコレート系のお菓子、クッキーの3つであった。

1人で行っても2人以上であっても、もらえるお菓子は1セット3個であるため、1人で行くのがお得といえる。家族で来ている人を見ると、お菓子の取り合いも起きている風景をよく見かける。もしお菓子目当てで行くのであれば、複数人ではなく単独1人で行くのがよいだろう。

イオンラウンジの飲み物

 

イオンラウンジ堺鉄砲町

飲み物についても、他のイオンラウンジと変わりはなく、ホット飲料であれば、コーヒー、紅茶(ダージリン・アールグレイ)、ほうじ茶、緑茶が用意されている。アイス飲料は、ペットボトルのお茶、アイスコーヒー、野菜ジュース、トマトジュースがある。

周りの人々を見渡すと、ホットコーヒーと野菜ジュースを選んでいる人が多そうだ。緑茶などを選んでいる人は意外と少ない気がした。

なお、イオンモール堺鉄砲町のラウンジでは、四条畷などのようにスマホやタブレット端末が充電できる設備がない。Wi-Fiを使うとしても、電池の残量に注意しながら使用することが求められるだろう。

おすすめ記事

JR高崎線、やはり頻繁に止まる! その理由は?

東京から大宮、上尾、鴻巣、熊谷などを通って群馬県へと延びる鉄道路線であるのがJR高崎線だ。埼玉県北西部の人々には欠かせない移動手段となっている。




しかし、遅延や運転見合わせが多い路線でもあり、電車が頻繁に止まるとして不評である。天候で止まることがよくあるが、人身事故や架線のショートなどの電気系統の故障による運休も他の路線と比べて多い。

理由としては、そもそもの営業距離の長さにある。2015年からは上野東京ラインが開業したこともあって、東京駅より先の神奈川県内の東海道線とも直通運転を行っている。これにより、他路線の運手状況の悪影響も受けやすい。

高崎線

湘南新宿ラインとして運行している列車が存在する点についても同じことが言える。こちらからの悪影響も受けやすい。

さらに、高崎線内には多くの踏切が設置されている。踏切は渋滞の原因にもなる厄介な場所であるが、事故が起きやすいポイントでもある。人身事故の原因の1つであることは間違いない。

加えて、大宮~東京間の線路については、宇都宮線と線路を共用する形となっているのも良よく止まる理由となっている。仮に高崎線単体では異常がなかったとしても、宇都宮線で何か不測の事態が起きると影響は高崎線にも及ぼす。

ダイヤが乱れるのは避けられない。こうしたいくつもの要因が存在することで、JR高崎線では運転の見合わせや遅延が多発するのである。

おすすめ記事




イオン橿原店のイオンラウンジ、他との違いとは?

イオンラウンジ橿原

イオンモール橿原には「イオンラウンジ」という特別な会員限定のための休憩スポットがある。他の店舗にも存在するとはいえ、ここにしかないルールなど特徴のあるところであった。

まず、制限時間についてである。イオン橿原店の場合にも1組30分以内という利用時間に限度があるが、他の店舗とは違ってそれを超えていることは不可能な仕組みになっている。

受付して席に着くと、店員が退出時間の書かれたボードをテーブルに持ってくる。ボードに書かれた時刻は、受付時刻から30分足したものとなっているが、他の人からも見られるようになっているので、指定された時刻までには退出しなければならない。

努力義務となっているイオンラウンジが多いことを考えると、橿原店はかなり厳格であるといってもいいだろう。

このようにしている理由としては、そもそも橿原店のイオンラウンジの広さが狭いことが挙げられる。席数は少なく、一度に10組くらいしか入れない。40組も入れるところもあることを考えるとかなり小さい。

また、営業時間も短い。最終受付時刻は17時30分である。一般的にイオンラウンジは10:30~18:30となっていることから、橿原店は終わるのが早いことがわかる。

もしはじめからイオンラウンジに行くことを前提にイオンモールにショッピングしに行くのであれば、時間に余裕を持っているのがよいだろう。

おすすめ記事

イオンモール幕張新都心の祈祷室(プレイヤーズルーム)に入室!

2013年の12月にオープンしたイオンモール幕張新都心に設置された祈祷室(プレイヤーズルーム)に入室した。

プレイヤーズルーム(prayer’s room)といえば、来日している観光客や日本在住のイスラム教徒の人々のための礼拝の場所として近年は有名になりつつあるが、宗教の指定は特にない。誰でも中に入ることができる。

普段は入口にはロックがかかっていて、勝手には入れない。入口のドアの横にあるインターフォンを押すと係員につながるが、そこで入室の希望を伝えることで、鍵を上げてもらって入ることができる。

入り口を入ると男女別に分かれた2つの部屋がある。これは、男女分離を重視するイスラム教に配慮したものと思われる。

祈祷室の入口

2つの扉をはいることで、ようやく祈祷室に入室することができる。室内は土足禁止であり、入り口で靴を脱ぐことが求められる。そして、中に入ると手を洗うための蛇口はもちろんのこと、足を洗うところも用意されている。

蛇口

 

足の洗い場

礼拝場所には特に何もないスペースとなっている。イスラム教のコーランが置いてある程度であり、それ以外に備品があるわけではない。

イスラム教の国といえば、サウジアラビアやUAEなどの中東アラブ諸国が代表として挙げられるが、マレーシアやインドネシアなどの一部の東南アジアの国も当てはまる。

今後は東南アジアからの来日者が増えるといわれているが、それに合わせて礼拝のためのスペースも増えていくのではないだろうか。

おすすめ記事

イオン姫路大津店の「イオンラウンジ」に入室!

イオンラウンジの飲み物

イオン姫路大津店の人気スポットと化しているイオンラウンジに入室した。珍しく、場所はスーパー側の食品売り場のある1階に位置する。

兵庫県内としては最西に立地するの店舗である。姫路市内であるとはいえ、中心部からは比較的離れていることのあって、電車・自転車・徒歩よりも車で来店する人が多い。

広さ・混雑度はどう?

席数に関しては、2名・4名掛けが24テーブルあり、1名ずつ座れるカウンター席が6席ある。入室後、自由に座りたい席を選べる方式となっているため、空席があれば好きなところに座れる。

「試供品」という名前のお菓子のセットは1テーブル3つである。他の店舗との目立った違いはない。また、トップバリュの中でも安物で不評な「ベストプライス」のものは出されていない。

席数の多さについて言うと、平均よりは多いといえ、平日であれば混雑度は低く、どんな時間帯であっても待ち時間なしでイオンラウンジに入室できるだろう。長蛇の列ができるという現象も起こりにくい。

一方、土日やお客様感謝デーといったモール自体が混み合う日の場合、ラウンジも同時に混み合う可能性が高い。特に午後になると、入り口の外に長い行列ができることもある。15~20分くらいは待つという覚悟が必要となるだろう。

ただし、回転は速い方であるため、列の長さにしては待ち時間が短いことが多い。もしイオンラウンジを体験したいのであれば、問題ない店舗だ。

おすすめ記事

イオンラウンジ、姫路リバーシティー店が広い!

姫路リバーシティー

イオン姫路リバーシティー店にはイオンラウンジがある。場所は3階であり、比較的わかりやすいところに位置する。

この店舗のイオンラウンジ特徴として面積が広いという点だ。モール自体は決して広いとはいえず、他の店舗と比べると狭い方だろう。しかし、会員限定のおくつろぎの場所はそれとは対照的である。

席数については、2名・4名掛けが34組ある。したがって、一度に多くの人が入室することができるようになっていて、土日や「お客様感謝デー」であっても順番待ちの長い行列ができることはあまりない。

同じ姫路市内には、姫路大津店にもイオンラウンジが併設されているが、リバーシティーの方が席数が多くて混雑度が低い。

来店者数も極端に多いというわけではないため、待ち時間ゼロでスムーズに入れる可能性が高いのがイオン姫路リバーシティー店ならではの利点であろう。

試供品という名前のお菓子は1テーブルで3つ付いてくる。飲み物を飲むためのカップも瀬戸物であり、安そうに見える紙コップではない。紅茶・お茶のティーバッグも、安くてまずいとして不評な「ベストプライス」ではない。いろいろとしっかりしているとして評判なのは間違いない。

おすすめ記事