クロスバイクに「ヘルメット」は果たして必要か?

クロスバイクに乗る際にヘルメットをかぶることは必要であるという人と、そうではなく、ヘルメットはいらないという人がいる。頭の安全性をかなり気にするべきか、それともノーヘルが主流なママチャリの人と同化するべきなのだろうか。




現状では、街中をクロスバイクで走っている人々を見ると、7~8割の利用者は「ノーヘル」であり、ヘルメットをかぶっていない例がほとんどである。

街中ということで、買い物など近場に行くことを目的に自転車に乗っている人々であるが、ママチャリと同様の服装で乗っているのが大半だ。

スポーツバイクであるとはいえ、考え方は軽快車の時と同じになっている。それによって、ヘルメットもかぶらなく、そもそも持っていない可能性もかなり高い。

クロスバイクでヘルメットかぶる

一方、河川敷や公園のサイクリングロード、あるいは郊外の幹線道路を走っているクロスバイクの利用者を見ると、そもそも自転車自体が多い街中と比べて、ヘルメットを着用している人が多い。

ママチャリが少ないような場所の場合や趣味としての自転車利用者が走る場所では、クロスバイクなどのスポーツ自転車のヘルメット着用率は上がる。

とはいえ、クロスバイクでヘルメットを身に着けている人の絶対数は少なく、ほとんどがノーヘルで乗っているのが現状には変わりない。



ヘルメットの着用率が低いクロスバイク

クロスバイク ロードバイク
ヘルメットの有無 10-20%、少数派 着用率が70-80%
使い道 日常生活の移動 サイクリング
感覚 ちょっと軽くて速いママチャリ スピードが出るスポーツ自転車

クロスバイクで最も人気のあるGiant Escapeシリーズでヘルメットをかぶる人は少数派になっている。

Gios MistralやBianchi Romeなどの車種でも同じくノーヘル派の人が多いようだ。

クロスバイクに乗っている人自体とみても、サイクリングを娯楽として楽しんでいるというよりも生活のための移動という日常的な使い方をしている人が多い。

「ママチャリよりちょっと速い軽量自転車」という感覚で乗っているような感じだろう。




やはり必要なのか?

クロスバイクの場合、巡航速度は一般的な自転車よりも速いスピードで道路を走ることになる。

特に、近年は自転車であっても歩道ではなくて車道を走ることが推進されていることから、クロスバイクを乗る際には自動車と同じく車道を通ることになる。

しかし、車道を走るとなると、歩道走行の場合よりも車との接触や追突の事故の可能性が格段に上がる。

「走る凶器」とも呼ばれている車と同じ場所を通るので、自転車を利用していて不測の事態が起こる可能性が決して低くはない。

クロスバイクでノーヘルは危険

万が一事故に遭ってしまった場合、ノーヘルであると頭部を強打したときには死亡する確率がかなり高い。命こそは救われても、何らかの後遺症が残ることも十分に考えられる。

「もしヘルメットをかぶっていれば、不運な結果にならずに済んだ」という過去の事例も少なくない。こうしたことを考えると、ヘルメットを着用することで得られるメリットは大きいといえるだろう。

また、低速走行時に失速して落車する危険性も存在する。クロスバイクでは、サドルの高さを上げることによって両足が地面につかない状態となる。これによって、落車した時に地面や電柱などに頭をぶつける可能性が出てくる。

この場合、ヘルメットなしだと痛い思いをすることになるが、逆にヘルメット着用ならばそんなことにはならない。

ファッション性を重視する人の中には、ノーヘルこそが「カッコイイ」と考える人が少なくない。しかし、車道を走るという傾向が見られる今の世の中において、事故時に対する防御力を身に着けておくことも不可欠になっている。

よって、クロスバイクにヘルメットは必要であると結論付けられる。もし、今後あなたがクロスバイクに乗ってどこかに行くのであれば、近所の買い物などを除いてはヘルメットを着用することをおすすめする。

おすすめ記事




カテゴリー: life

危険か?トップバリュは生産地表示していない!

トップバリュ

イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の加工食品の場合、残念ながら今のところは生産地を表示していない。野菜や肉、魚などの生鮮食品では産地が記載されているものの、それ以外の商品では、どこで製造されたのかがわからない。

中国での毒入り餃子の問題が起こって以降、中国産の食品を避ける人が増えた。また、産地偽装などが社会的な問題となっている現代社会のトレンドを見ると、どうしても山地が表示されていないと不安に感じる人も多いだろう。

「何も書いていない=中国産、made in China」と率直に判断する人もかなり多いのではないだろうか。それくらい、今の世の中では産地表示がとても大切になっているのである。

こうしたことを考えると、産地を表示をしていないトップバリュの加工食品はとても買いたくないと思ってしまうかもしれない。食の安全を求めている人はなおさらである。



すべてイオンの監視下!むしろ安全?

しかし、トップバリュが危険な食べ物であるというわけでは決してない。少なくとも、トップバリュの商品が製造されている工場はずべて、小売業界でトップの座に君臨するイオンの目が行き届いているところである。

大手企業の目が届いている工場で生産されていることを考えると、従来の中国産の怪しい食べ物と比べてかなり安全性が高いといえる。

トップバリュの製品は、食品も含めてすべてイオンが選んだ工場で作られて、イオン独自の流通ルートを通って店頭に陳列される。したがって、途中の経由地で何か異物が混入する可能性も、従来の流通ルートを通って店頭に並ぶ商品よりも低い。

たとえ、トップバリュの中でも特に値段が激安な「ベストプライス」というブランド名の食品であっても、流通ルートはイオンの手が届いたルートとなっている。怪しいところを経由することは一切ない。

一部の食材には確かに中国で生産されたものが入っているが、消費者を不安にさせるような要素が少ないのもまた、トップバリュをはじめ、自社独自のPB商品ならではのメリットであろう。



おすすめ記事

評判はどう?ロードバイク「Giant Defy4」

defy4

こんな人におすすめ

  • 初めてロードバイク購入
  • 通勤・通学に利用(10㎞以上の道のり)
  • 値段の安さを重視

入門用ロードバイクとして人気のあるGiantのDefy4について、評判はどんなものなのか。どんなメリットが売れている要因となっているのか。また、用途や実用性はどうなのか。評価のポイントも合わせて紹介していく。

値段は8万円台と、ルック車以外の本格的なロードバイクの中では最安値クラスである。これ以上低価格な自転車もあるが、それらはいずれも形だけがスポーツタイプとなっているだけであって、実際には重量が重かったり、ギヤ数が少なかったりするなど、重大な欠点を持っている。

一方、Giant Defy4であれば、重量は9kg台で、ロードバイクとして認められる基準の1つである10kg未満の範囲内であることから、車体は軽いといえるだろう。ギア数も、フロント2段、リア8段の合計24段変速となっていて、決してルック車とは言えない。

値段が格安なうえ、本格的な10万円以下の入門ロードバイクとして、そのコストパフォーマンスは高いことで、ユーザーからは良い評判を獲得しているのは間違いない。

通勤・通学に最適!

初めてロードバイクを買う場合、多くの人がGiant Defy4を候補の1つに入れる。それだけ、有名であり人気の車種なのである。

用途としては、主に通勤や通学のための自転車として使う人が多いというのが私の印象である。価格が安く、高級自転車を狙った盗難の心配も他の車種と比較して低いこともあって、気軽に外に駐輪できる。

さらに、スポーツ自転車の初心者にはとてもありがたい「補助ブレーキ」もついている。これによって、上半身を起こした状態(一般的な自転車と同じ姿勢)であってもブレーキをかけることができ、歩行者や信号などが多い街中を走る際には大いに役立つ。

重量も9kg台であるため、ママチャリ、あるいはクロスバイク、マウンテンバイクよりも軽い。発信時も楽々加速することができ、巡航速度もスピードを出した状態を維持できる。体力のある人で平坦な道を走っている状態であれば、簡単に30km/hを出すことができるだろう。

こうした点が評価され、人気の10万円以下のロードバイクとしての地位を獲得している。通勤・通学先が、ママチャリでは厳しいであろう片道10㎞を超える距離がある場合には、とてもおすすめの自転車であろう。

さらに、本格的なロードバイクでもあることから、週末などの休日にはサイクリング(ポタリングに使う自転車としても大変おすすめである。街乗りだけなく、郊外や河川敷・公園などのサイクリングロードを走ってもロードバイクならではの楽しみを感じられる。

おすすめの記事

カテゴリー: life

JR東日本に「転換クロスシート」はない!理由は何?

JR東日本の車両には「転換クロスシート」と呼ばれる種類の座席がなく、すべて横向きに座るタイプのロングシートがほとんどである。特に東京・首都圏を含む関東ではグリーン車以外はすべてロングシートとなっている。

京阪神を中心とする関西圏や名古屋を中心とする中京圏をはじめ、そのほかの大都市を走る鉄道車両では進行方向に向いて座る例が多い。東京などの首都圏とは違い、より快適な車内空間を実現しているのが特徴的である。

223系

wikipediaより

なぜ、関東を走るJR東日本の鉄道車両では転換クロスシートを用意していないのか。その理由は、各路線の利用者数に存在する。

関東は輸送力がすべて!

JR東日本のテリトリーである首都圏は、他の都市圏よりも多くの人口を抱えている。ラッシュ時には、都心方面の上り電車の混雑率は他の都市圏の数値よりも高く、身動きが取れないほど混雑している路線が多い。

ラッシュ時のピークの時間帯となると、ホームで電車を待っている人が混雑のあまり、1本の電車に乗りきれなくなる「積む残し」が発生するのも日常的となっている。

こうした鉄道事情から、JR東日本の首都圏の鉄道路線においては、車内の快適性よりも単純な輸送力の強化が求められている。いかに1本の電車で多くの乗客を乗せられるかが意識されているというわけだ。

転換クロスシートにしてしまうと、乗客が乗れる面積の大きさが狭くなってしまう。これによって、ラッシュ時には多くの積み残しを生み出してしまう原因となるため、混雑が激しい路線に導入するのは難しい。

沿線人口の規模が大きく、混雑する例が慢性化している首都圏で転換クロスシートが用いられてない理由は、より多くの人を運ぶという輸送力こそが追求されているからなのである。

他の都市圏は?

一方、他の都市圏については、首都圏ほど混雑率は激しくはなく、ラッシュ時であっても比較的輸送力に余裕がある場合が多い。このことから、単純な車内空間よりも、より乗客にとって快適であると感じられるようなものが求められている。

快適性を実現するための方法の1つが、「転換クロスシート」の導入であり、進行方向に見いて座るという形をとることで、楽な姿勢で着席することができ、しかも1両あたりの座席数も多くなる。

関東とは違って、混雑がそれほど酷くはない路線が多い関西や中京、その他大都市圏だからこそ、より快適な着席サービスを追求することができるのである。

おすすめ記事

雨の日はどうする?自転車通勤・通学の是非!

中学校や高校時代は自転車通学をしていたという人は多いだろう。晴れの日は特に問題はなかったが、雨の日はとても憂鬱に感じただろう。降雨の場合はレインウェアを着なければならず、それを身に着ける時間も多少かかるため、とても厄介だと感じてしまう。

ところで、近年は会社などへの通勤の際にも自転車を利用する人が増えている。従来のママチャリだけでなく、クロスバイク・ロードバイクといったスポーツタイプの自転車で通勤する人も多い。

しかし、雨の日はどうすればよいのだろうか。雨の日のサイクリングは危険であると主張する人も少なくない。このことから、やむを得ず電車やバスなどの公共交通機関や自家用車で通勤するという選択肢を選ぶ例が多い。

だが、本当に雨の日は自転車での通勤・通学を避けた方が良いのだろうか。

小雨なら自転車でも問題なし!

さすがに前方の視界が悪い大雨の場合、あるいは風が強い日の場合には、自転車での通勤や通学は避けた方が良いだろう。こうした、明らかな悪天候時は安全な電車・バス、自家用車といった交通手段を用いるのがおすすめである。

しかし、小雨の場合はそれほど問題ではない。視界が晴れの日と比べたら悪いのは事実であるが、著しく遮られるというほどでもない。

道路の路面は滑りやすいことから、晴れの日ほどスピードは出すのは好ましくないものの、乗ることそのものを見送るほど危険ではないだろう。

レインウェアを着て、安全面に気を付けながら自転車を運転すれば、運動不足やストレスの解消による効果の方が、危険性に伴うリスクよりも大きい。

こうしたことから、雨の日でも比較的小雨の場合であれば、自転車による通勤や通学はおすすめできる。決して避けるべき移動手段ではないのは間違いないだろう。

カテゴリー: life

「フルグラ」は中国でも人気?爆買いの対象に!

フルグラ

シリアルの一種であり、多くの人から口にされているカルビーの「フルグラ」が今、中国人の爆買いの対象となっている。日本製ということや、朝食に人気の食品となっていることから、来日客が数多く買い占めて本国へと帰っていくのである。

こうした爆買いの現象から、カルビーの「フルグラ」(800g)のお徳用パッケージ版の商品が品薄となっている。

なぜ、爆買い?

カルビーのフルグラは、ただのシリアルではなく、イチゴやリンゴなどのドライフルーツやかぼちゃの種などのさまざまな食べ物が含まれていることから、とてもおいしいと評判になっている。さらに、栄養価が非常に高いことから、健康志向の人から注目を浴びているのだ。

こうしたメリットに目をつけているのが、来日している中国人観光客である。日本だからこその安心感や栄養価の高さに注目し、日本のスーパーやドラッグストアなどで買い占めて本国に持ち帰る人が増えている。

さらに、中国では転売されているという噂も少なくない。観光客が日本で大量にカゴに入れて買い占め、それを中国国内で転売することを目的に買っていくようにも見える。家族や近所に振る舞うだけでなく、収益目的で買っているのであろう。

こうした事情から、日本国内の食品スーパーやドラッグストアでは、カルビーのフルグラが頻繁に売り切れとなっていて、買いたくても手に入りにくい状態となっている。

また、品薄であることから、最近はチラシの特売の商品とならない。かつては頻繁にスーパーで広告の品として特売価格で売られている光景をよく目にしたが、ここ1年くらいはほとんど見かけない。

すでの中国人による需要が大きいことから、わざわざ値段を下げてまで特売を行う必要もないのだろう。しかし、消費者である私たちにとってはあまり良いこととは感じられないだろう。

おすすめ記事

トップバリュの自転車(ママチャリ)が軽い!

イオンの自社ブランドである「トップバリュ」の自転車について、ママチャリの重量が軽いことで良い評判を得ている。一般的な街中用の軽快車の場合、素材は鋼鉄製である場合が多く、重い傾向にある。しかし、こちらもPB商品は軽量であるのが特徴的だ。

トップバリュと身にすると、品質が悪いといった悪評を口にする人は少なくない。しかし、こちらのイオンバイクで売られている自転車の場合は、そういった意見は少なく、加速力がいいという評価が多い。

何がいい?

イオンバイクのトップバリュの自転車(ママチャリ)の良いところとして、重量が軽い。重さが17kg前後であることから、ホームセンターなどで売られている20kgを超えるシティサイクルと比べると軽量となっている。

重量が少ないことによるメリットとして、まず加速力に優れるところが挙げられる。信号待ちなどから発信する際の力が少なくて済む。したがって、脚力がない人であってもらくらく乗れる。

また、坂道の上り坂を乗る際にも大きなメリットが感じられる。上り坂の場合、どうしても思いママチャリだと登るのが大変であり、挫折して途中から押して歩く人も少なくないだろう。しかし、軽ければ少ない力で登っていく。

これもまた、ホームセンターで売られているごく普通の自転車では味わえない利点であろう。性能に重点を置いたトップバリュの自転車であるからこそ味わえる。

また、オートライトを採用しているため、暗くなれば自動的にライトが付く。しかも、LED照明を使用していることから、走行時の抵抗もほとんどない。

ただし、値段もやや高い傾向にある。各種類によって詳細の価格は異なるが、大体2、3万円と高価な傾向がある。トップバリュの第一印象である安さが見られない。

価格の安さを徹底的に追及するのであれば、ホームセンターなどで1万円以下で買えるような激安ママチャリを買えばよいだろう。しかし、ママチャリとはいえ、軽量といった性能の面を重視するのであれば、イオンバイクの自転車は大変おすすめである。

おすすめ記事

なぜ?京葉線にグリーン車がない理由!

京葉線E233系

wikipediaより

JR東日本の京葉線の普通電車に「グリーン車」が連結されていない理由とは何か。首都圏において、都心から郊外へと延びる路線の多くでは、追加料金がかかるが快適に座れる車両がついている。しかし、京葉線には存在しない。

東京駅から東京湾岸を通って千葉県の蘇我駅まで伸びる京葉線であるが、運行距離は比較的長く、決して短距離路線ではない。さらに、外房線や内房線にも一部の列車が直通運転する。

こうした事情を考えると、京葉線にグリーン車があっても決して不思議ではない。しかし、実際には普通車のみで編成され、確実に座れるような車両はない。

車両編成が短いから

京葉線は、郊外に延びる他のJR東日本の路線と比べて、1編成あたりの車両数が少ない。千区間京葉線内を走る電車は10両編成、武蔵野線に乗り入れるものは8両編成となっているが、これは総武快速線の普通列車が15両編成で運転されるのと比較すると少ない。

仮にグリーン車を連結してしまうと、従来の運賃で乗れる車両数は減ってしまい、最大でも8両だけとなってしまう。こうしてしまうと、混雑率がさらに高まり、利用者にとっては過酷な環境となる。

また、京葉線はあくまでも総武線のバイパス路線として建設された経緯がある。総武線があまりにもラッシュ時に込み過ぎていたことから、京葉線を新設して輸送力を分散させたのである。

この点から、京葉線では快適性や速達性よりも、輸送力の方が追求されてきたというわけだ。いかに一度の運転で多くの乗客を運ぶかが求められてきた。

今後はどうなる?

しかし、少子高齢社会が加速している今、千葉方面へと延びる路線沿線の人口は今後減少に転じることが予測されている。かつてのようにラッシュ時の混み合いが緩くなるかもしれない。

こうしたトレンドから、今後京葉線においてもより快適性を追求したグリーン車が導入されるかも知れない。既に中央快速線では導入が予定されているが、これが京葉線の計画にも影響を与える可能性は十分にある。

おすすめ記事

トップバリュ「ベストプライス」はまさに激安!

トップバリュ・ベストプライス

イオンのPB商品であるトップバリュの中でも、低価格で値段の安さを重視しているのが、黄色のロゴが付いている「ベストプライス」である。激安な製品としてスーパーなどで取り扱っていて、家計の負担を少なくすることを追求している人から非常に人気のブランドとなっている。

このブランドのキャッチフレーズは、「納得品質で、地域いちばんの低価格」であり、可能な限り激安さを求めているのがわかる。

近年は、アベノミクスの影響によって景気が回復する傾向にあるとニュースや新聞で頻繁に報道されているが、実際には家計に余裕のある人は決して多くはない。むしろ、消費税の増税や円安のトレンドによって、逆に家計の負担が重くなっているという意見も少なくない。

こうした社会的な背景から、食料品や日用品、生活雑貨の値段の安さを追求する需要は多い。そして、そんな低価格を一番追い求めているブランドこそ、イオンのトップバリュ・ベストプライスであるのだ。

やはり、品質は悪い?

「安かろう、悪かろう」という言葉の通り、トップバリュ・ベストプライスの製品も品質は悪いのかというと、やはり従来のメーカーの製品や上位トップバリュ商品と比較すると、決して良くはない。

食品については、激安で低価格な一方で、味があまりおいしくはないという意見が多く、原料も中国産のものを多く使っている。あくまでも値段にこだわっている商品であることから、品質には付加価値がついていない点が、そうした意見が多い理由となっている。

日用品や生活雑貨に関しても、食品と同様に付加価値が一切ない。基本系の製品として、必要最低限の機能が付いているくらいにとどまる商品が多い。

しかし、そうした品質がイマイチであるのは事実であっても、需要自体は大きい。増税・円安といった社会のトレンドから、質ではなくてコストの方を追い求めている人たちにとっては、トップバリュ・ベストプライスの商品は家計の支えとなっているのは確かである。

家計に余裕がなければ、どんなに品質が良いアイテムが登場しても、値段が高ければ手が出せない。質とコストのどちらを重視するかは、人それぞれである。

格差社会となるつつある現代において、トップバリュ・ベストプライスを店舗に置いてあることは、激安であることを一番に考えている人は数多く存在することを表しているのではないだろうか。

おすすめ記事

【就職】鉄道会社の総合職の難易度と倍率はどう?

鉄道会社の総合職への就職を考えている人は多いだろう。安定した経営や、地元に特化していることによる転勤の少なさは、少なくない大学生にとっては魅力的な勤務条件となっている。

また、電車好きな人にとっても非常に憧れの仕事であることも事実である。鉄道事務系の部署に配属となれば、列車のダイヤを作ったり、新型車両の配置計画などに携われる点では、「鉄オタ」と呼ばれる人々には大きな魅力がある。

しかし、鉄道会社の総合職に就職するのは決して簡単ではなく、かなり難しい。この業界では、「学閥」なども存在し、東大・京大をはじめとする旧帝大などの難関国立大、または早慶といった最上位私立大学の学生が中心に採用される。

このため、大半の大学生ではそもそも内定をを獲得することが難しい。それが鉄道業界の就活に関する事情である。

応募者はどれくらい?

鉄道業界の総合職の採用人数としては、各社の規模によって異なる。旅客鉄道会社(JR各社)では、特に本州3社は100~200人の学生を毎年総合職として採用している。一方、私鉄では10人くらいのところが多い。

一方、応募者は毎年1万人を超えると言われている。マイナビやリクナビからプレエントリーする人は、それをさらに超える数になるだろう。

こうした現状から、応募者の大半は書類提出の時点で不採用になるケースが多い。また、選考受験者数がかなりの数字になることから、不採用者への通知自体と行わない例が多い。

これは、一般的に「サイレントお祈り」と呼ばれる方式で、就活生をバカにしていると批判されるケースが多いが、その根本的な原因は応募者のあまりにも多い人数が挙げられる。それくらい、鉄道会社の総合職を受けようとする人は多いのである。

さらに、より確実に優秀な学生を選抜するために、大学名で選ぶ抜くという方法を用いる。これによって、無名な大学の学生は自動的に不採用となる。旧帝大などの学生しか選考過程に残さず、実際に面接試験まで進めるのはこうした有名大学の人だけとなるのだ。

こうした値から、鉄道会社の総合職の採用倍率は、書類提出の時点で100~1,000倍であると考えられる。つまり、選考はほぼ宝くじ同然といえるほど、内定を得るまでの難易度が極めて高いということだ。

他の業界よりもはるかに倍率が高く、内定への難易度が飛び抜けているのが全国の鉄道会社であるといえるのではないだろうか。

おすすめ記事