【幹線道路】車道を走るロードバイクはやはり邪魔か!?

近年はロードバイクと呼ばれるタイプの自転車に乗る人が急速に増えている。ドロップハンドルでスピードが出る種類だが、基本的には車道を走るケースがほとんどである。




そもそも自転車は、本来は原則として車道を走行することが道交法上では定められている。歩道を走るのはあくまでも例外であって、歩行者の保護という観点から仮に歩道を走る場合でも徐行が義務付けられている。

今日の事情として、ママチャリに乗る人のほとんどは実際には車道をあまり走らず、歩道を走っている人は非常に多い。低速で走るということで、歩道であっても車道を走るよりは安全であると考えている人が多い。

車道で邪魔になるロードバイク

しかし、ロードバイクの場合は高速走行するため、スピードが出せる車道を走る人が圧倒的に多い。歩道を走るというのは、道幅が広い場合など歩道そのものの環境が良い場合くらいである。

車道では後続車の渋滞の原因になることも

ロードバイクが車道を走っていると、それよりも速い自動車は追い越していく。しかし、片側1車線の道路や道幅が狭い道路となると、対向車が来たり抜けるスペースがなくて渋滞の原因となることがある。

特に交通量が多い幹線道路となると、たった1台のロードバイクを追い越すために何台ものクルマが渋滞の列を作ることがある。

出典:www.cycling-ex.com

もちろん法律上は自転車が車道を走っている分には問題ないのだが、実際問題としては円滑な交通の流れの妨げになっているのは目に見てわかる。

おそらく、特にドライバーにとっては、ロードバイクをはじめとする車道を走行している自転車が邪魔だと感じている人はいるだろう。

狭い車道を自動車と自転車で共有するのは、現実的にはかなり難しいことがわかる。スピードが出るロードバイクでさえも、自動車の巡航速度にはかなわない。



幹線道路は特に邪魔になる

ロードバイクの車道走行で問題となる場所となるのが幹線道路。交通量も多く、自動車よりも遅いロードバイクが車道を走行していると、交通の流れの妨げになってしまう。

幹線道路は一般道路の中でも特に重要な道路であり、速達性や運転の快適さが求められる。

こうしたところでは、自転車の歩道通行可になっているケースが多い。スピードを出したいロードバイクでも、少なくとも自動車のドライバーにとっては歩道を走ってもらいたいものだろう。

最も行政にも問題がある。自転車の走行空間を考慮せずに道路を建設したという点は欠陥としか言えない。車道なのか歩道なのかを明確に決めなければ、車道を走るロードバイクは邪魔になってしまう。

自転車レーンが近年は整備されつつあるが、実際に整備されているのは一部に過ぎない。しかも、道路の幅が広いところでしか作れない。狭い部分では整備不可能。

車道を走れば、ドライバーにとって邪魔と感じてしまう状態が続いているのが現状だ。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です