東名阪自動車道の渋滞、新名神の開通でも混雑する理由とは!?

渋滞する東名阪道

東名阪自動車道の渋滞が新名神高速道路の開通でも完全になくならない理由について分析してみた。

かつては毎日のように長い渋滞が発生していた。この原因とは、接続している新名神高速道路や伊勢湾岸自動車道からの車が交通容量の低い東名阪道に流入していたため。四日市JCT~亀山JCTだけ詰まってしまっていた。

朝夕になると混雑が激しくなって長い車列ができ、ノロノロ運転から完全に流れが止まってしまうことがほとんど。

2019年3月には新名神高速道路の新四日市JCT~亀山JCTが開通したことで、東名阪道への交通の半分程度が新名神へ迂回するようになったのは確か。

それでも東名阪道の渋滞は鈴鹿IC付近を先頭に消えてはいない。



東名阪道の渋滞がゼロにならない理由

  • 勾配が多い→速度低下による渋滞
  • 交通量が多い→三重県内の工業地帯を行き来するトラックが多い
  • 名阪国道→無料の名阪国道への接続高速道路

東名阪道の渋滞が完全には消えない理由はこれら3つが挙げられる。

新名神高速道路こそは京都・大阪方面と伊勢湾岸自動車道を結ぶ道路として役割を果たしているが、東名阪道は三重県と名古屋を結ぶ高速道路という役割を果たしている。

四日市~亀山ではバイパス路線ができたとはいえ、東名阪道単独の交通量は多いことには変わりない。伊勢方面や名阪国道へ接続するのは東名阪道。

新名神高速道路が2008年に亀山JCT~草津JCTが開通する以前から渋滞が起きていた。その原因も交通量の多さにある。

勾配が多い

東名阪道の道路の性質そのものにも渋滞の温床となっている要素がある。線形が悪くて勾配が多いのが渋滞の直接的な原因だろう。

三重県区間は全線を通して山間部を走っている。制限速度が80km/hということで、完全に山中を走る高速道路となっているが、この低規格な設計こそが容量を超えた交通量による渋滞を後押ししている。

車が上り坂にかかると自然と速度が低下する。交通量が少なければ、後続車に与える影響は少ない。

しかし、新名神の受け入れ先となっている以上、このスピードの減速が流れを悪くさせている。そして、上り坂のはるか手前まで渋滞ができてしまう。

平地で勾配が少ない構造だったら、東名阪道でもこれほどにまで激しい渋滞が起こらなかったものと考えられる。

名阪国道を経由する車も多い

国道25号(名阪国道)

もともと東名阪道は新名神と伊勢湾岸自動車道を連絡する道路というわけではなかった。名古屋方面と名阪国道(国道25号線)や伊勢自動車道へアクセス手段としてできた。

名阪国道に当たる亀山~天理間は無料の自動車専用道路となっている。格安で名古屋と大阪方面と結ぶ道路として知られている。

東名阪道・名阪国道・西名阪道が1つの道路になっていて、このルートの1つの部分を担っているのが東名阪道である。

性質が変わったのは新名神高速道路ができてからにほかならない。これを機に渋滞が深刻なものへと変わった。

とはいえ、新名神が全線開通する時には東名阪道の渋滞も過去のものとなる。

それでも新名神で大幅に緩和された

新名神

新名神高速道路の既存の開通区間である亀山~草津間は2008年に開通した。2008~2019年の11年間は亀山以東の部分では未開通の状態が続いていた。

本来の接続先は伊勢湾岸自動車道になる。新名神と伊勢湾岸が本線でそのままくっつくはずだが、四日市~亀山間が未開通のため、代わりとして東名阪自動車道がこの区間の接続道路という役割を果たしていた。

新名神ができたことで東名阪道の交通量はそれまでの2倍に増加した。円滑にさばける交通量の限界を超えた状態になっている。

交通量そのものが多いことが、東名阪道の慢性的な渋滞の最もの原因。新名神が完成したことで、渋滞の発生の頻度は大幅に解消されたのは確か。

依然として、勾配の多い点や伊勢方面と行き来する車が多いのは間違いないものの、交通量が半減したのは誤りない。

おすすめ記事