画像編集に必要なCPUの目安とは!? 重くならない範囲で比較!

画像編集に必要なCPU

YouTubeへ投稿したりするための動画編集に必要なCPUの性能スペックの目安について比較してみる。絶対に不可欠な最低ラインとはどの型式になるのか。

インターネットやメール用の低スペックのCPUでは、残念ながら動画編集には対応できない。高負荷がかかる作業となるため、メモリなどとともに高性能の製品を使用しなければならない。

Intel製CPUの目安

IntelのCPUの種類 判定 判定
Core i9 余裕でクリア
Core i7 余裕でクリア
Core i5 ふつうにクリア
Core i3 重大な問題はないが重いかも
Pentium 不可 すぐにフリーズ、完全に力不足
Celeron 不可 論外

画像編集ソフトとして以下の2つのものを使用した場合を仮定する。いずれも広く使われる有料ソフトであり、本格的に画像編集に取り組むのであれば不可欠なものといっても過言ではない。

  • Photoshop
  • Illustrator

パソコンのCPUの性能は非常に重要になる。非力なプロセッサではとても円滑に動作できず、途中でフルーズするなど遅い動きになる。

最悪の場合、ソフトが途中で強制終了になることもある。

できればCore i5以上のランク

画像編集に必要なCPUとしては、推奨されるのはCore i5以上のランクのものになる。これを満たしていれば、編集中にカクカクしたり、途中でフリーズする可能性はグッと下がる。

Core i3でも対応できないことはないものの、「どうしても予算が付かない場合」に限って容認することができるといったレベルである。

作業中に固まるケースもよくあり、求められる動作にCPUの性能が追いついていない場面も出てくる。

これからパソコンを買うのであれば、デスクトップでもノートPCでもCPUに関しては、Intel製ならCore i5以上のものを搭載したモデルを購入することを強く推奨する。

Core i7は100%パーフェクト

Intel Core i7

もし予算に余裕があるのであれば、Core i7のCPUを搭載したパソコンを使用するのがベストである。

Core i7はIntel製のCPUでも上位モデルであり、性能にはまったく問題がない。Photoshopやillustratorを使った画像編集の際にもCore i5よりさらに動作が快適になる。

決して「絶対Core i7でないといけない」というわけではないものの、出来るのであればこのレベルのCPUを搭載したパソコンを使いたいところではある。

AMD製のCPUの目安

AMDのRyzen

AMDのCPUの種類 判定 判定
Ryzen 7 余裕でクリア
Ryzen 5 特に問題ないが思いと感じるかも
Ryzen 3 カクカク固まる、動作が遅い
Aシリーズ 不可 論外

AMDのCPUの場合はRyzenシリーズを搭載したパソコンが好ましい。Aシリーズのように、それ未満の性能しかないものだと、画像編集の際にカクカクしたり、クラッシュする可能性が高まる。

可能であれば、Ryzen 5以上のハイスペックのCPUを搭載したパソコンを使うのが好ましい。性能が高ければ、その分画像編集の速度がアップする。

Photoshopやillustratorのいずれも、Intel製のCPUと同じようにハイパフォーマンス型のものでなければ、途中でクラッシュしたり、固まったあげくに強制終了になることが多くなる。