リニア鉄道館の混雑状況を時間帯ごとに調査! 平日・土日それぞれ分析

愛知県名古屋市にあるリニア鉄道館の混雑状況を時間帯および曜日ごとに調査してみた。平日と土日祝それぞれで混み具合を観察して表形式にする。

何となく想像がつくことだが、大きく混み合う休日となる土曜日と日曜日。駐車場が満車になりやすい。館内も人混みで思うように回れないのも週末である。整理券が抽選となるシミュレータは倍率がかなり高い数値になる。

レストランや土産売り場もは人でいっぱいになる。飲食店では待ち時間が長くなり、売店でのレジ待ちには長蛇の列ができやすい。


土日祝の時間帯ごとの混み具合

<土日祝の混雑度>
時間帯 混雑度 目安
10:00-10:30 ★★★ 早くも入場で長い行列
10:30-11:00 ★★★ シミュレータの抽選倍率が最高値
11:00-11:30 ★★★★ かなり混雑が激しくなる
11:30-12:00 ★★★★★ ピークがスタート
12:00-12:30 ★★★★★ どこも人でいっぱい
12:30-13:00 ★★★★★ レストランは大混雑
13:00-14:00 ★★★★★
14:00-15:00 ★★★★ シミュレータの抽選倍率が最低
15:00-16:00 ★★★★ 土産屋は大混雑
16:00-17:00 ★★★ やや空いている
17:00-17:30 ★★ ガラガラに

開館時刻から入場は長蛇の列

リニア鉄道館の土日祝は開館時刻の10時からすでに混雑している。

館内こそは11時頃まではそれほど混み合っていないものの、入場のチケット売り場で長い行列ができる。

発券までに30分近く並ぶことも少なくない。特に休日でも長期連休となる年末年始、GW、お盆はかなり混雑する。

単なる土曜日や日曜日でも15分程度は少なくとも待ち時間が発生しやすい。

館内へ行くと、展示物こそはまだ空いている。一方のシミュレータなどの体験型のものはすでに混んでいる。

抽選制をとっているN700系シミュレータ(新幹線)、車掌シミュレータ(在来線)はすでに多くの人が整理券を取っている。

11時半~14時は大混雑

11時半を過ぎるとリニア鉄道館の館内全体の混雑のピークに達する。

遅めに来る人達もこの頃には到着している。帰る人もほとんどいない時間でもあるため、1日の中で最も混んでいる時間帯に該当する。

運転シミュレータ、車掌シミュレータの抽選倍率もこの時間帯が1日の中でもっとも高いところになる。

土日祝になれば、どんなに小さく見積もっても4倍はいく。来館者数が多い日だと10倍ほどにまで膨れ上がることもあるようだ。

展示室でさえも人混みになる。展示物をじっくり見ることができないくらい、周囲の人々が気になるところといえる。

レストランに関しても、ちょうどお昼時になるため、どこも大混雑している。長蛇の列がある光景をよく目にする。

リニア鉄道館の館内の混み具合のピークは14時頃までだろう。14時くらいになると、早い人は帰り始める。ここで混雑はやや解消される。

16時以降は空いている

16時以降になると、もう帰る人が多くなる時間帯である。

リニア鉄道館の閉館時刻は17:30、最終入場は17:00である。

先着順で列に並ぶ在来線運転シミュレータは、16時頃になるとやや空いてくる。

展示物も残り少なくなってくる時間帯でもあるため、今度はお土産の売店で人が多くなる。

帰りに何か土産を買っていきたい人たちが買い物に費やす時間帯になるため、レジ待ちの列が長くなりやすい。

平日の時間帯ごとの混み具合

<平日の混雑度>
時間帯 混雑度 目安
10:00-10:30 ★★ シミュレータの抽選はやはり人気
10:30-11:00 ★★
11:00-11:30 ★★ 在来線運転シミュレータは長蛇の列
11:30-12:00 ★★★
12:00-12:30 ★★★★ レストランは混雑
12:30-13:00 ★★★★
13:00-14:00 ★★★★
14:00-15:00 ★★★ 土産屋が混雑
15:00-16:00 ★★★ 一気に人が減少
16:00-17:00 ★★ 空いている
17:00-17:30 ガラガラに

気になるのはレストランの混み具合

レストランが混雑しやすいのは曜日に関係なく12:00~13:30頃であるが、平日は長い行列や待ち時間ができるほどのレベルにはなりにくい。

混雑が気になるレベルなのはあくまでも来館者数が多い土日祝の話である。

テーブルが空いていないという現象も土日祝が中心。平日なら空席があって、昼食を食べたい時間に入店できる。

14時になればもうガラガラというレベルである。レストランにいる人はちょっと休憩したい人たちくらいである。

シミュレータの平日の事情

運転・車掌シミュレータは、土日祝ほど利用者数は多くない。平日の月曜から金曜日の方が断然空いている。

しかし、抽選制のN700系運転シミュレータおよび在来線車掌シミュレータは依然として人気が高い。

中でもN700系は子供も多く体験したいものであるため、平日でも倍率が1倍を切ることは有り得ない。

リニア鉄道館の代表的な体験物ということで、来場者のほとんどはこれをやるために抽選に期待するといっても過言ではない。



広告

シミュレータの抽選倍率

まず、曜日ごとの倍率の数値の目安は以下のようになる。

  • 月~金曜日(平日)=2~5倍
  • 土曜、日曜、祝日(休日)=4~10倍

土日祝はどんなに小さく見積もっても4倍はある。

車掌シミュレータはともかく、新幹線運転シミュレータはさらに高くなって10倍級になる可能性もある。

平日でさえも1.5倍は確実に行く。あまり人気がない車掌シミュレータも、1倍以下にはならないと考えてよい。

第6回の抽選が最も倍率が低い

ご利用時間帯 抽選受付時間 抽選結果発表 抽選倍率
受付開始 受付終了
(1)10:30~12:00 開館時 10:25 高い
(2)12:00~13:00 10:15 11:30 11:50 高い
(3)13:00~14:00 11:30 12:30 12:50 高い
(4)14:00~15:00 12:30 13:30 13:50 中くらい
(5)15:00~16:00 13:30 14:30 14:50 中くらい
(6)16:00~17:30 14:30 15:30 15:50 低い

抽選制のシミュレータの各回ごとの倍率は上のような感じになる。

朝から昼にかけてはやや競争が激しい一方、来館者が帰る時間帯でもある最後の14:30~15:30受付の抽選は比較的倍率が低い。

これは土日祝・平日のいずれにも当てはまる共通点である。

リニア鉄道館へ来る人のお目当てはこのシミュレータである。

N700系の新幹線シミュレータは子どもから大人まで幅広い層に人気。車掌シミュレータは特に大人の間で人気の体験物である。