WordPressが「エックスサーバー」でさえ遅い!? 表示速度が上がらない理由

エックスサーバーでさえWordpressが遅い

WordPressのレンタルサーバーの選択肢として、特に表示速度が速いということで評判なのが「エックスサーバー」ではないか。

比較サイトやブログでも、さくらレンタルサーバーやロリポップ、お名前ドットコムなどと比べて評価がとても高い。

値段は若干割高な料金に設定されていることで、安さを第一に考えている人にとっては都合が悪いかもしれないが、だれもがおすすめするのがエックスサーバーである。しかし、遅いケースも存在するのは否定できない。




エックスサーバーでさえWordpressが遅い原因

遅くなる理由 詳細
ページそのものが重い 写真・動画の挿入が多いと遅くなる
アクセス数が多い ページビュー数が多ければ、それだけサーバーに高負荷がかかる
プラグインが重すぎる プラグインはサーバー応答速度を下げ、数が多ければ低下が激しくなる

エックスサーバーで遅いというのは、Wordpressの運営方法に問題があると考えられる。レンタルサーバーそのものには問題がある可能性は低い。

エックスサーバーでさえ、Wordpressの容量や転送されるべきデータ量が多いと、そうではないときよりも大幅にパフォーマンスが悪くなるのは避けられない。




ページそのものが重い

Wordpressの容量

WordPressのブログ記事のページの容量が重いと、真っ先に表示速度が遅くなってしまう。データをダウンロードする際の情報量が多くなるためだ。

ページが重くなるのは、写真が動画が挿入されている場合である。見た目的にはとても集客がしやすい特徴を持っている。しかし、サーバーにとっては優しいとは言えない。

写真も動画も解像度が高くて1つ当たりの容量が数MB以上になる大容量のものになると、エックスサーバーでも表示速度の低下は避けられない。

動画は論外になるのはもちろんのこと、静止画像である写真でさえ高画質のものが5枚以上になると、ページ表示速度は気になるレベルになる。

アクセス数が多い

レンタルサーバーでのWordpressのアクセス数の限界

エックスサーバーをはじめとするレンタルサーバーでは、1日にさばけるブログのアクセス数(PV数)には限りがある。

大規模な人気ブログになると、共有サーバーということで無理が出てくる。複数の利用者でシェアする形であるため、1人でサーバーの性能をフル稼働し続けると制限をかけられてしまう。

サーバーへの負荷が大きくなるため、Wordpressの表示速度も下がる。

エックスサーバーなどのレンタルサーバーで許容できるWordpressのブログの1日当たりのPV数の上限は大体300万pvくらいと考えられる。

写真や動画の挿入によって異なるのは確かだが、4,5枚の100KB程度の写真をテキスト記事であれば、300万PVくらいが上限になってくるだろう。

プラグインが多すぎる

WordPressでは便利なプラグインであるが、多くの種類を一度に有効化して利用するとその分サーバーには負荷がかかる。

データベースの容量も大きくなる。WordpressはHTMLだけで動く静止コンテンツではなく動的コンテンツであるため、どうしてもサーバーには負荷がかかりやすい。

そんな中で、プラグインを多用すればデータベースの容量が大きくなる。Wordpressの表示速度は、それが軽い場合よりも遅くなるのは避けられない。

それでもエックスサーバーは速かった

Wordpressが速いエックスサーバー

レンタルサーバーの中で最もWordpressに向いているものの1つが「エックスサーバー」というのは全く否定できない。遅いという意見が少ない。

エックスサーバーは共有サーバー勢ではかなり大きな負荷にも耐えられやすい。はっきり言って、さくらインターネットやロリポップのほうがよっぽど非力である。

値段が安いところよりも若干割高なエックスサーバーの方が、動的コンテンツであるWordpressには最適な共有サーバーで、この点で高い評価を獲得している。

サイト高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」やSSD RAID10構成、Webサーバー「nginx」を搭載しているなど、高速化に力を入れている。

最近では、ミックスホストやConoHa WINGなどの高速化に特化したレンタルサーバーが登場してきているものの、長い実績と安定性では圧倒的にエックスサーバーが有利になっていることには変わりない。

WordPressで「遅い」という声が一番少ないのはエックスサーバーという点では今も依然も同じである。

おすすめ記事