【満員電車】リュックはどうすればいい? 下に置けば邪魔にならない!?

満員電車の中でリュックを背負ったまま立って乗っている人が一部見受けられるが、車内は人と人が接するほど狭い場合にはほかの乗客に迷惑がかかってしまう。どうすればマナー的によいのか。

朝ラッシュの乗車率が100%を超えるような満員電車では、リュックを背負っている場合には下へおろすか前に抱えることが求められる。鉄道会社側でもこれを推奨していて乗客に協力を強く求めている。

背中に背負っている状態だと、周囲の他の人の体に当たってしまう可能性がかなり高い。人と人が接するほどの混雑となれば、もはや避けることはできない。

田園都市線

YouTubeより

実際被害に遭うと、「邪魔だなあ!」、「最低限のマナーは守っていほしいなあ。」と誰もが思うだろう。満員電車でリュックを背負ったままの本人にとっては何も感じないかもしれないが、鉄道におけるマナーである以上は可能な限り従うのが人間的に好ましい。

近年は両手がふさがれなくて重い荷物でも両肩に重みが分産するということでリュック(バックパック)に荷物を入れて移動する人が多い。通勤や通学で利用する人はかなり多く、これまでは手提げかばんやショルダーバッグを使っていた人もリュックに乗り換えるケースが増えている。

降ろしても、いつでも移動できる状態に

満員電車で床に置けば他の乗客に当たって迷惑をかけることはなくなる。しかし、停車駅でドアが開き乗客が乗り降りするとなると、車内の人が動くため床に置いたリュックが邪魔になる可能性が出てくる。

そのため、いつでも動かせるように手で持っていることがよい。しかし、ずっと持ち上げた状態だと疲れてしまう。そこで、床に置いたとしても取っ手には手で触れた状態にしておくのが良い。

こうすれば、停車駅で乗り降りする人に道を開けるために動く場合でも速やかに荷物をよけることができる。

朝や夕方のラッシュの時間帯に電車に乗るのであれば、混雑した車内を我慢するのは仕方がないことである。そもそも人が多く乗っているだけでも邪魔だと感じてしまうケースもあるだろう。しかし、マナーを守って少しでも他の人に迷惑がかからないように配慮することも大切だ。

背中に背負ったままのリュックは人に当たってしまうため、前で抱えたり網棚の上に載せたり、下におろしたりして狭い空間に配慮することが満員電車に乗る1人1人に求められる。

おすすめ記事