McAfeeリセーブだとYouTubeが重い!? 動画が遅いか?

McAfeeのセキュリティソフトである「マカフィーリブセーフ」をパソコンにインストールするとYouTubeなどの動画サイトの再生速度が遅くなる。動作が全体的に重いという声も多いが、改善策は本当にないのだろうか。




ウイルス対策ソフトとも呼ばれるが、種類としては「ウイルスバスター」、「ノートンセキュリティ」、「ESET」などが人気を獲得している。マカフィーリブセーフもまたこれらのセキュリティソフトと性質的には同じだ。

やはりマカフィーリセーブは遅い!?

mcafee

しかし、McAfeeの場合はインストールすると動作が重くなるという悪い評判が多く聞こえる。メール作成やニュースやブログ記事を閲覧する程度の使い方であれば負荷が大きくならないためそれほど影響は受けない。

一方で画像が多い通販サイトを見たり、YouTubeに代表されるような動画サイトを視聴すると動作の遅さを実感する。こうしたウェブページへ接続する人にとってはかなり致命的な欠点ではないだろうか。

YouTubeの動画が重くなる原因としては、一般的には回線速度の遅さが第一に挙げられることが多い。5Mbps以下だと高画質では快適に見られないといわれている。

youtube

しかし、ウイルス対策ソフトが稼働していることによって遅くなっている可能性も十分に考えられる。その中でも特にマカフィーリセーブはこの傾向が強い。

McAfeeの場合はメモリを多く使用しているのが印象的だ。何もしていない状態でも100~200MB程度の容量を常時使用している。そのため、メモリを食うような作業をするとすぐに動作が重くなってしまう。



それでもMcAfeeを使うメリットとは?

しかし、動作が多少重くなって動画サイトを視聴する際にデメリットとなるケースがある中でも使うメリットはある。

マカフィーリセーブは何といっても値段が安い。定価だと1万5000円ほどかかるがキャンペーンを実施していることが多い。この期間を狙っていくと30%OFF程度で購入できる。

実際に定価により販売されているケースはそれほど多くはない。台数無制限の3年版が9,000円程度が実勢販売価格であることを考えると他社のものよりも相対的に安い。値段の安さではメリットで優れているといえる。

ウイルス対策ソフトを稼働することで外部からのコンピューターウイルスから自分のパソコンを守れる。インターネットへのアクセスがあれば脅威が存在するのは避けられない。

Windows10には「Windows Defender」などの標準装備のセキュリティソフトが搭載されているが、多くのコンピューターウイルスから守れるかというと疑問が残る。精度はそれほど高くはないと言われているのが現状。

自分の身は自分で守るしかない。多少の動作の遅さを容認してでも、パソコンへマカフィーリセーブなどのソフトをインストールすることはとても大切な行動だ。