鉄道情報システムの平均年収は約700万円と推定

鉄道情報システム

鉄道情報システムの平均年収は約700万円と推定。JRグループの座席指定券類の予約・発券のためのコンピュータシステム「MARS(マルス)」

基本給、ボーナス支給額が他の大手企業と比べても多いことでも知られている。

社員個人の給料水準は技術職(理系)、事務職(文系)それぞれで多少異なるものの、会社全体では低い金額ではない。


平均年収は700万円前後と算出

年収700万円の階級

鉄道情報システムは株主は、JRグループの鉄道事業7社(東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、四国旅客鉄道、九州旅客鉄道、日本貨物鉄道)で非上場。ゆえに有価証券報告書は公表されていない。年間平均給与も公式のものは非公開となっている。

推定では年収は全従業員で換算すると700万円前後になる。これには基本給・賞与・各種手当(通勤手当、職務手当、超勤手当、住宅手当等)などすべてが含まれている。

夏と冬の年2回(7月と12月)のボーナスも5.0ヶ月ほどが相場。

株主は、JRグループの鉄道事業7社(東日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道、北海道旅客鉄道、四国旅客鉄道、九州旅客鉄道、日本貨物鉄道)

業界規模を考えても、正規雇用(正社員)であれば少なく見積もっても平均700万円以上には少なくとも達する。

年収偏差値

鉄道情報システムの年収偏差値
職種 年収偏差値 概要
事務系総合職 65 上場企業の中では平均より上だが、両者で異なる
技術系総合職 65

鉄道情報システムの平均年収を偏差値にすると、総合職でも技術職・事務職ともに65。

JR東海たJR東日本などの鉄道事業者の中でも最上位クラス並みの給料水準。さすがにJR本州3社の総合職よりは低いが、現業職であるプロフェッショナル職に比べると高い金額。

JR関連会社で業績も安定しているため、年度によって給料が変動することも原則ない。

他社と比較して

JRグループ

鉄道情報システムの場合は業務内容ではIT業界に分類されるものの、JRグループからの受注がほとんどのため、鉄道関連企業と言える存在。

平均年収は約700万円という水準は、鉄道事業者ではJR東海および首都圏を網羅するJR東日本くらいなどの一部に限られる。

JR西日本JR九州JR北海道JR四国に比べれば年収は良好な範囲。

鉄道事業者の子会社でも、平均年収が上場企業並みに達するのは建設系に限られる。鉄道情報システムもその1つ。

鉄道関連の建設業

鉄道関連の建設業と比較しても大差ない。東鉄工業鉄建建設第一建設工業日本リーテックなどがあるが、それらとほぼ同じ水準。

業績に関しても、受注が少ないとボーナスが下がるものの、製造業のように大きく世界経済に左右されるわけではない。

ボーナス

ボーナス6か月分

鉄道情報システムのボーナスは組合員平均で基本給の6.0か月分ほどで推移。

どれくらい支給されるかは、各社員の評価によってやや異なるものの、半期で各3か月分ほどが相場。

会社によってはボーナスは社員の評価で大きく左右されるケースがあるが、鉄道情報システムはどちらかというと一律型。

ボーナスの面でも年功序列の傾向があり、仕事ができないからといってボーナスが大きく下がるわけではない。

技術職(システムエンジニア)

年収偏差値65
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

システムエンジニアにある技術職の年齢ごとの推定年収。全体の平均年間給与は700~800万円になる。

仕事内容や勤務場所によっても異なるものの、平均年収が高いのは確定。

20代で400~700万円、30代で700~900万円、40代で800~1,200万円、50代で800~1,200万円。

事務職

年収偏差値65
年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 400-450万円 25-30万円 75-95万円
25-29歳 450-700万円 30-40万円 100-120万円
30-34歳 600-800万円 40-55万円 150-200万円
35-39歳 700-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
50-54歳 800-1,200万円 55-80万円 200-300万円
55-59歳 800-1,200万円 50-70万円 150-200万円

上記は事務職の年齢ごとの推定年収の目安。同じく700~800万円になる。

20代で400~700万円、30代で700~900万円、40代で800~1,200万円、50代で800~1,200万円。

仕事内容こそはシステムエンジニアと違うものの、給料体系に違いは特にない。

鉄道業界の平均年収
分類 会社名
JR JR東日本JR東海JR西日本JR九州JR四国JR北海道JR貨物
大手私鉄 京浜急行電鉄東急電鉄相模鉄道小田急電鉄京王電鉄西武鉄道東武鉄道京成電鉄阪急電鉄阪神電気鉄道京阪電気鉄道近畿日本鉄道(近鉄)南海電鉄名古屋鉄道西日本鉄道
中小私鉄 首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)東京モノレール新京成電鉄北大阪急行電鉄神戸電鉄広島電鉄
地下鉄 東京メトロ東京都交通局横浜市交通局名古屋市交通局京都市交通局大阪メトロ(Osaka Metro)神戸市交通局
第三セクター鉄道 第三セクター鉄道全体
関連会社(車両、信号) 日本信号京三製作所大同信号日本車輌製造近畿車輛総合車両製作所東洋電機製造
関連会社(建設) 東鉄工業鉄建建設第一建設工業日本リーテック名工建設日本電設工業新生テクノス
その他関連 鉄道情報システム独立行政法人鉄道・運輸機構(JRTT)
職種別 駅員新幹線の運転士・車掌電車(在来線)の運転士・車掌
ボーナス <一覧表>鉄道会社のボーナスの支給額の実績
(業界全体) <早見表>鉄道会社の平均年収を各社ごとに一覧化
上記では鉄道運行事業者の平均年収について解説。職種や年齢ごとの目安も。