新京成電鉄の平均年収は680万円! 職種・年齢ごとでも算出

新京成電鉄

新京成電鉄の平均年収は約680万円。(2018年度は689万円)

総合職と現業職は異なることが想定。現業職は運輸系・技術系の違いはそれほどないと考えてよい。

前述の680万円という金額は各職種を総合したもの。中小私鉄の中では高い方に分類。


公式の平均年収は600万円

新京成電鉄の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収
2018年 6,881,988円
2017年 6,996,528円
2016年 7,051,224円
2015年 7,132,488円
2014年 7,174,680円
2013年 7,182,024円

新京成電鉄の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2018年度では約689万円という金額が出ている。

過去6年間では下降傾向。以前は700万円を上回っていたものの、最近では700万円を下回っている。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・総合職手当など)などすべてが含まれている。

ボーナスは2019年実績では4~5ヶ月分。

若い年齢層では他社より大きなアドバンテージはないものの、昇進を重ねると大幅な昇給があるとの声が目立つ。

20代のうちはなかなか給料は上がらないが、係長、課長、部長と進むに連れて大幅に上がっていく。係長で年収約700万円、係長で年収約1000万円、部長で年収約1200万円は期待できるようである。また、住宅補助が高かったりと福利厚生も非常に充実しているため、あまりお金の面で困ることはないと聞いている。しかし、実力があるからといって早く昇進できるということはない。

出典:カイシャの評判『新京成電鉄株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与) 』より

40代以上の年齢層で平均年収が一般的な企業よりも高い傾向。

なお、この年収は総合職(事務系・技術系)・現業職のいずれも含んだ総合値である。

新卒採用・中途採用の区分はなく、大卒・院卒を総合的に見た場合の金額。

総合職

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 50-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 80-120万円
30-34歳 500-700万円 40-50万円 100-200万円
35-39歳 600-800万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 50-70万円 200-300万円
50-54歳 850-1,200万円 50-70万円 200-300万円
55-59歳 800-1,000万円 45-65万円 150-200万円

上記は新京成電鉄の総合職の年齢ごとの推定年収の目安。事務系・技術系いずれも共通。

年齢が上がるにつれて現業職よりも給料水準が高い傾向。

勤続年数はかなり長くなりやすく、昇進のスピードも速いことから、年収も高い水準で推移。

事務系・技術系いずれも同水準

新京成電鉄の総合職

◎事務系総合職

  • 鉄道営業部門:運行管理、お客さまサービス、営業企画、現場管理など
  • 計画安全部門:鉄道部門全体の計画、統計分析など
  • 開発部門:開発事業、賃貸など
  • その他関連部門:総務、経理、人事、広報など

◎技術系総合職

  • 鉄道施設部門:保線、建築、連立等の管理など
  • 車両電気部門:車両、電気等の管理など

上記は総合職の業務内容。

年収事情はいずれも基本的に同じ。深夜勤務や残業時間の長さによる違いによる総支給額の違いくらいと考えてよい。

20代のうちは年収が400~500万円台で、他の大手企業と同じ。それ以降は上昇幅が大きくなる。

30代で早くも年収500~800万円、40代は年収700~1,000万円が範囲。

50代は850~1,200万円で、役職による違いが大きくなる。

現業職

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 50-80万円
25-29歳 350-450万円 25-30万円 60-90万円
30-34歳 400-600万円 30-35万円 70-90万円
35-39歳 450-750万円 35-40万円 80-120万円
40-44歳 550-800万円 35-40万円 80-120万円
45-49歳 600-850万円 40-45万円 90-150万円
50-54歳 600-900万円 40-55万円 90-150万円
55-59歳 600-850万円 40-55万円 70-120万円

現業職が駅係員・運転士の特化した職種。

総合職との違いは対象とする学歴、現場系の仕事内容が多い点が挙げられる。

一方で昇進のスピードは比較すると遅い。同じ正社員でも平均年収は現業部門は低い。

それでも、一般的な東証一部上場企業並みの給料水準には達する。上場企業の平均年収は6,208,000円(2018年3月決算の実績)

2018年3月期決算の上場企業1,893社の平均年間給与は620万8,000円(中央値608万円)で、前年より6万7,000円(1.0%増)増えた。

出典:東京商工リサーチ「2018年3月期決算「上場企業1,893社の平均年間給与」調査

新京成電鉄の平均年収はこれよりはやや高い一方、総合職の年収が高めということで、現業職は上場企業の平均並みというのが1つの目安。

駅員・運転士・車掌

新京成電鉄の運転士

新京成電鉄の現業職とは以下の3つの仕事が該当。

  • 運転士
  • 車掌
  • 駅務業務(駅スタッフ)

入社直後は駅係員としてスタート。その後、車掌や運転士、あるいは駅の管理職へステップアップする。

年収の平均値の目安は、20代で300~400万円台、30代で600~700万円、40代で700万円台、50代で700~800万円になる人もかなり多い。

一方で現場第一線が職場ということもあって体力・精神的にきついのも確か。


広告

初任給

初任給

新京成電鉄の初任給は以下の通り。

◎総合職

大学院卒・大卒 200,000円
短大卒     172,230円
専門学校卒   172,230円
(2019年4月実績)

◎現業職(駅スタッフ)

高卒以上 169,230円

基本的に「総合職>現業職」という構造は同じ。

他の鉄道会社とのこの点では同じ。