京成電鉄の平均年収は約750万円! 職種・年齢ごとでも算出

京成電鉄

京成電鉄の平均年収は約750万円。鉄道会社としては高い方に分類され、決して低い金額ではない。

首都圏の私鉄の中では標準的な金額だが、陸運業全体としても上位クラスに入る。基本給はともかく、ボーナス支給額が多いことでも知られている。

実際のところは職種によって異なり、総合職と専門職(現業職)は異なる傾向。事務系・技術系の違いはそれほどないと考えてよい。


公式の平均年収は814万円

京成電鉄の有価証券報告書による平均年収
年度 平均年収
2018年 7,442,240円
2017年 7,436,950円
2016年 7,417,438円
2015年 7,397,027円
2014年 7,403,611円
2013年 7,475,312円

京成電鉄の正社員・臨時従業員の平均年収は有価証券報告書にて公表されていて、2018年度では744万円という金額が出ている。

過去6年間では横ばい状態。最近では700万円台前半で推移。

これには基本給・賞与・各種手当(時間外手当・総合職手当など)などすべてが含まれている。

転職評判サイトでは「基本給が低い」といった内容が見られる。

基本的に嘱託職員のときには昇給も昇進もないので、よくいえば『安定している』。ただし、基本給が安いので残業しなければ一人暮らしできない。

出典:カイシャの評判『京成電鉄株式会社の年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)』より

入社して2年以降に正社員登用試験を受験できるが、それまでは20万円の固定給で扶養等の手当てが無くボーナスは年50万円で生活するには厳しい。たとえ、正社員のなったとしても基本給が17万円弱に下がり、年齢給加算が年600円の20年頭打ちというところは採用前に教えてほしい。

出典:同上

特に中途採用では嘱託職員での採用で、入社2年後に正社員登用試験を受ける形になるが、その後の基本給が安いとの声が目立つ。

夏と冬の年2回のボーナスがある。賞与の基準は各社員によって異なるが、半期で1.5か月分、合計3か月分が1つの目安。

それを加味すると、年収水準は低いものではない。

なお、この年収は総合職・鉄道現業職のいずれも含んだ総合値である。新卒採用・中途採用の区分もなく、大卒・高卒の違いもまったく加味していない。

総合職

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-400万円 25-30万円 50-85万円
25-29歳 350-500万円 25-40万円 80-120万円
30-34歳 500-700万円 40-50万円 100-200万円
35-39歳 600-900万円 45-55万円 150-200万円
40-44歳 700-1,000万円 45-60万円 200-250万円
45-49歳 800-1,200万円 50-70万円 200-300万円
50-54歳 850-1,200万円 50-70万円 200-300万円
55-59歳 800-1,000万円 45-65万円 150-200万円

上記は総合職全般の年齢ごとの推定年収の目安である。

総合職は特に新卒採用の時点から働いている人であり、さらに高学歴ばかりの括り。

勤続年数はかなり長くなりやすく、昇進のスピードも速いことから、年収も高い水準で推移。

京成電鉄の総合職は、実際にはその子会社で働くことが多いものの、給料水準は京成電鉄本体に準ずるため、子会社採用の社員よりも高い。

事務系総合職

事務系総合職

 

事務系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 鉄道事業計画
  • 運輸サービス
  • 旅客誘致・宣伝、広告・レジャー
  • 駅構内店舗営業・不動産(賃貸・販売)
  • 管理(広報、人事など)

いずれも年収に関しては、仕事内容ごとの違いはほとんどない。

ただし、現業部門との最大の違いは転勤が多く、子会社への出向もある点。全国各地への転勤もある。

新卒採用の場合は、入社直後は現業部門で駅員や車掌として勤務するものの、その後はオフィスワーク系が多い業務となる。

各種手当が付く職種ということもあって、平均年収も同年代の中では高い水準に達する。

20代のうちは年収が400~500万円台で、他の大手企業と同じ。しかし、それ以降は上昇幅が大きくなる。

30代で早くも年収500~600万円以上になってくる人が主流派になり、最高だと900万円ほどになる。

40代からは年収1,000万円以上という社員も少なくないレベルになる。

50代になるとやや下がる人も出てくるが、それでも総合職かつ管理職だと年収1,000万円以上が平均値になると推定。

実際のところは各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、これらが1つの目安になる。

技術系総合職

技術系総合職

技術系総合職では主に以下の仕事内容が挙げられる。

  • 電気
  • 車両
  • 建築
  • 土木

「鉄道技術」と呼ばれる分野。技術職においても年収は仕事内容ごとの違いはほとんどない。

現業職との違いは転居が必要となる転勤が存在する点である。異動の多さで異なる傾向がある。

事務系と同じく平均年収は同年代の中では高い水準に達する。

各個人の役職やスキル、勤続年数によって違いが見られるものの、上記の表が1つの目安になる。

鉄道現業職

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 50-80万円
25-29歳 350-450万円 25-30万円 60-90万円
30-34歳 400-600万円 30-35万円 70-90万円
35-39歳 450-750万円 35-40万円 80-120万円
40-44歳 550-800万円 35-40万円 80-120万円
45-49歳 600-850万円 40-45万円 90-150万円
50-54歳 600-900万円 40-55万円 90-150万円
55-59歳 600-850万円 40-55万円 70-120万円

鉄道現業職が言わゆる「現場」での勤務。駅係員・運転士・車掌などから、保線、車両管理などがこれに該当。

総合職との違いは対象とする学歴の他に、転居を伴い転勤が原則ないこと、現場系の仕事内容が多い点が挙げられる。

一方で昇進のスピードは比較すると遅い。そのため、同じ正社員という形でも平均年収は現業部門は低い。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」かそれ以上なのは確か。

駅・乗務員

京成電鉄の現業職

京成電鉄、あるいは鉄道会社の仕事内容として真っ先にイメージするのがこの「駅・乗務員」ではないか。

駅員・車掌・運転士はここに該当する。

深夜勤務や早朝勤務などが多い仕事内容ということもあって、年収は社会的に見ると高い。

20代で300~400万円台、30代で600~700万円、40代で700万円台、50大で700~800万円になる人もかなり多い。

一方で現場第一線が職場ということもあって体力・精神的にきついのも確か。

技術職

技術系現業職

総合職の方と名前こそは似ているが、「駅・乗務員」と同じく鉄道運行の第一線で働く例が多い。

保線などの土木工事、車両のメンテナンスなどが一般的にイメージが付きやすいが、これに該当するのは技術職。

現業部門はその中でも特に現場に近いところで仕事が中心。

特に線路、土木関係は列車の運転がない深夜の勤務が多い分野のため、深夜手当などで年収が上がりやすい。

深夜勤務や早朝勤務などが多い仕事内容ということもあって、年収は世間的には高い方に入る。

20代で400万円前後、30代で600~700万円、40代・50代で700~800万円台と推定。

<参考資料:『鉄道統計年報』(国土交通省)>


広告

大卒、院卒、高卒、短大卒ごとの年収の差

大卒と高卒

京成電鉄では総合職では大卒・院卒、現業部門はそれに加えて高卒、短大卒、専門学校卒も採用。

初任給は最終学歴によって差が見られる。

京成電鉄の初任給

総合職
大学卒  213,000円
大学院卒 219,000円

専門職
大学・大学院卒     193,500円
短大・高専・専門学校卒 191,000円
高卒 (非公開)

ただし、入社後5年くらいを超えると勤続年数や役職、これまでの昇給幅によって年収が違ってくる。

最終学歴よりもこれらの要素によって給料水準が高い人と低い人が出る。

もっとも、全体的には年収水準は「総合職>専門職」の構造。