第三セクターの鉄道会社の平均年収を調査! 概ね350万円が相場

第三セクター鉄道

第三セクターの鉄道会社の平均年収は概ね350万円が相場。基本的には赤字の事業者が多いこともあって、世間一般の企業と比べると低い水準。

元国鉄でJR民営化の際に赤字のために経営分離されたところが多く、旅客収入が少なくて経営難に陥っていることが給料水準が安い最大の理由。

ただし、実際には200万円辺りから500万円台まで様々。


主な第三セクター鉄道会社の平均年収

第三セクター鉄道の平均年収の目安
第三セクター鉄道会社の平均年収
鉄道会社 年収 ボーナス(年間)
北越急行 563万円 5.2か月
愛知環状鉄道 542万円 4.3か月
えちごトキめき鉄道 513万円 1.4か月
IRいしかわ鉄道 513万円 4.5か月
智頭急行 475万円 4.6か月
富山ライトレール 466万円 3.9か月
阿佐海岸鉄道 437万円 1.2か月
万葉線 432万円 3.3か月
青い森鉄道 400万円 1.5か月
野岩鉄道 395万円 2.7か月
天竜浜名湖鉄道 395万円 2.5か月
由利高原鉄道 393万円 0.5か月
信楽高原鉄道 378万円 4.0か月
伊勢鉄道 374万円 4.6か月
しなの鉄道 372万円 3.8か月
土佐くろしお鉄道 372万円 1.8か月
のと鉄道 371万円 3.5か月
井原鉄道 361万円 2.7か月
三陸鉄道 360万円 0.0か月
長良川鉄道 354万円 1.5か月
若桜鉄道 351万円 0.0か月
阿武隈急行 347万円 1.5か月
会津鉄道 342万円 1.4か月
あいの風とやま鉄道 327万円 2.6か月
北近畿タンゴ鉄道 327万円 1.9か月
ひたちなか海浜鉄道 323万円 0.3か月
平成筑豊鉄道 322万円 3.1か月
錦川鉄道 322万円 0.2か月
甘木鉄道 321万円 2.4か月
樽見鉄道 319万円 1.5か月
松浦鉄道 314万円 2.7か月
わたらせ渓谷鉄道 314万円 1.8か月
北条鉄道 306万円 3.2か月
えちぜん鉄道 302万円 1.4か月
IGRいわて銀河鉄道 298万円 2.5か月
明知鉄道 298万円 2.4か月
真岡鐵道 282万円 5.1か月
山形鉄道 282万円 1.6か月
秋田内陸縦貫鉄道 280万円 0.0か月
鹿島臨海鉄道 274万円 2.9か月
いすみ鉄道 264万円 1.6か月
南阿蘇鉄道 251万円 1.3か月
肥薩おれんじ鉄道 242万円 0.0か月
くま川鉄道 236万円 1.8か月

出典:東洋経済「鉄道事業を営む206社の平均年収ランキング

上記の表は第三セクター鉄道会社の各社の2014年度の平均年収を示したもの。

注意点

北越急行

上記は2014年のデータのため、現在はやや事情が異なる会社がある。

特に北越急行。2015年の北陸新幹線の開業によってJR直通の特急列車(はくたか号)が廃止。

普通列車のみの運転となったことで旅客収入が大幅に減少。

具体的には2014年度の約38億8000万円だったところ、2015年度には約4億1000万円までに減少し、黒字から赤字へ転落した。

今もこの状態が続いている。

年収の傾向

年収

黒字なら500万円前後

第三セクターの鉄道会社でも黒字の事業者では平均年収が500万円前後。

具体的には、以下が該当。

  • 北越急行(以前はJR特急が運転)
  • IRいしかわ鉄道
  • 愛知環状鉄道
  • 智頭急行(JR特急が運転)

いずれもJR線からの特急列車が運転されているか、大都市圏の通勤路線という性質がある会社。

IRいしかわ鉄道

IRいしかわ鉄道

IRいしかわ鉄道は北陸新幹線の開業でJR北陸本線が並行在来線として経営分離された会社。

北陸地方最大都市の金沢都市圏をカバーすることで辛うじて黒字経営。

平均年収も513万円で、第三セクターの鉄道会社としては高い。

愛知環状鉄道

愛知環状鉄道

愛知環状鉄道はトヨタ自動車本社のある愛知県豊田市をはじめ、岡崎市、瀬戸市などを通る。

朝夕はトヨタ自動車関連の従業員の通勤手段として利用され、大都市並みの超満員電車になる。

名古屋都市圏としても通勤路線という性質から、営業係数も黒字。

運転本数も1時間当たり4本は運転されている。こうしたことから年収も第三セクターとしては高い。

智頭急行

智頭急行

智頭急行は大阪と鳥取を結ぶ特急スーパーはくと号が走る第三セクター路線。

京都・大阪~鳥取・倉吉までが運転区間で、そのうちの上郡~智頭間がJR西日本ではなく智頭急行に該当。

特急列車が黒字ということもあって、会社自体も辛うじて黒字経営。

その分、平均年収も475万円として、第三セクターの鉄道会社としては高い方。

赤字でも年収には差が

赤字

一方で第三セクターの鉄道会社の大半は赤字経営。

しかし、平均年収は各社によって様々。赤字状態でも一般的な大企業並みのところも存在。

えちごトキめき鉄道は大赤字の第三セクターだが、JRから経営分離されて間もないこともあって年収水準は高め。

その一方で、平均年収が300万円を下回る会社も存在する。

IGRいわて銀河鉄道、明知鉄道、真岡鐵道、山形鉄道、秋田内陸縦貫鉄道、鹿島臨海鉄道、いすみ鉄道、南阿蘇鉄道、肥薩おれんじ鉄道、くま川鉄道が該当。

第三セクター鉄道は中小企業と同レベル

中小企業と給料水準が同じの第三セクター鉄道

以下の2つの表は厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査の概況」で公表されている、会社規模別の平均年収を示したもの。

中企業の平均年収
平均賃金 平均年収
男性 31.8万円 381.6万円
女性 24.1万円 289.2万円
全体 335.4万円

上記は「中企業」に該当する企業の平均年収。

小企業の平均年収
平均賃金 平均年収
男性 約29.3万円 約351.6万円
女性 約22.3万円 約267.6万円
全体 約309.6万円

上記は「小企業」に該当する企業の平均年収。

第三セクター鉄道の平均年収は200~400万円のところが多いことから、年収は一般的な中小企業と同じくらいの給料水準なのがわかる。

ボーナスも年間で基本給の0~3か月分と、大手企業に比べると低い水準。