東京都交通局の平均年収は約670万円! 職種・年齢ごとでも算出

東京都交通局

東京都交通局(都営地下鉄・都営バス)の平均年収は約650万円と推定。

交通局にて採用される職員の年収は非公開となっている都合から、あくまでも概算であるものの、一般行政職や周辺のJR・私鉄の給料事情を考慮すると、650万円で誤差±50万円には収まると考えられる。


計算方法

東京都の一般行政職の平均給与
例月給与×12ヶ月 期末手当 勤勉手当 年収
25歳係員 2,651,040円 574,392円 441,840円 3,667,000円
35歳課長代理 4,425,120円 1,016,300円 781,770円 6,223,000円
45歳課長 7,279,200円 1,399,918円 1,527,184円 10,206,000円
50歳部長 9,155,520円 1,669,192円 2,169,948円 12,995,000円

出典:東京都人事委員会

さらに、総務省の地方公務員の給与調査結果を示したところによると、東京都職員の年収は以下のようになる。

東京都職員の平均ボーナス金額:1,758,000円

東京都職員の平均年収:7,098,924円

※平均年齢:41.5歳

総務省『給与・定員等の調査結果等

鉄道会社全般では、総合職と現業職との年収格差は総合職の10~20%前後ある。さらに、全体の平均年収からは5%くらい低い傾向。

一般行政職とは、民間企業で言う総合職に当たり、東京都交通局で採用される駅係員・運転士・車掌・交通技能は現業職に当たる。

したがって、7,098,924円より5%マイナスした6,743,978円が平均給与と推定。

よって、670万円が東京都交通局の平均年収と考える。

年齢ごとの年収および基本給・ボーナス

平均年間給与670万円のレベル

東京都交通局の年間給与の目安

年齢 年収 月収(基本給) 賞与
20-24歳 300-350万円 20-25万円 50-80万円
25-29歳 350-450万円 25-30万円 60-90万円
30-34歳 400-600万円 30-35万円 70-90万円
35-39歳 450-750万円 35-40万円 80-120万円
40-44歳 550-800万円 35-40万円 80-120万円
45-49歳 600-850万円 40-45万円 90-150万円
50-54歳 600-900万円 40-55万円 90-150万円
55-59歳 600-850万円 40-55万円 70-120万円

駅係員・運転士・車掌などから、交通技能に当たる保線、車両管理などいずれも年齢ごと年収は上記の表のように推定。

一般行政職と比べると昇進のスピードは比較すると遅い。そのため、同じ正社員という形でも平均年収は現業部門は低い。

それでも、世の中全体としては決して低い給料水準ではなく、大手企業としても「並み」かそれ以上なのは確か。

交通局というブランドは、民間他社には味わえないステータスがあります。
職場もとてもいい環境だと思います。新規採用は少し給料は安いですが、世間一般の平均給料は超えていると思います。休日も確実に104日あります。
東京オリンピックも決まり、ますます仕事は増えていくと思います。

出典:カイシャの評判『東京都交通局の口コミ』より

新卒採用で入社後4年目の年収が350~400万円という声があるだが、これは平均的な企業と比べると給料水準が高い。

駅係員、運転士、車掌

都営地下鉄の駅係員・車掌・運転士
  • 運転士
  • 車掌
  • 駅係員

東京都交通局の入局直後は駅係員としてスタート。その後、車掌や運転士とステップアップしていく。

深夜勤務や早朝勤務などが多い仕事内容ということもあって、年収は社会的に見ると高い。

20代で300~400万円台、30代で600~700万円、40代で700万円台、50代で700~900万円になる人もかなり多い。

一方で現場第一線が職場ということもあって体力・精神的にきついのも確か。

交通技能

東京都交通局の交通技能職

東京都交通局の交通技能分野の仕事内容は以下の通り。

  • 車両
  • 電気
  • 土木
  • 建築

…各々の技術職

交通技能とは、他の鉄道会社で言う技術現業職のことを指す。

「駅・乗務員」と同じく鉄道運行の第一線で働く例が多い。

保線などの土木工事、車両のメンテナンスなどが一般的にイメージが付きやすいが、これに該当するのは技術職。

技術系の一般行政職と重複する分野もあるが、東京都交通局での採用では特に現場に近いところで仕事が中心。

線路、土木関係は列車の運転がない深夜の勤務が多い分野のため、深夜手当などで年収が上がりやすい。

深夜勤務や早朝勤務などが多い仕事内容ということもあって、年収は世間的には高い方に入る。

20代で400万円前後、30代で600~700万円、40代・50代で700~900万円台と推定。

<参考資料:『鉄道統計年報』(国土交通省)>