電車の運転士・車掌の年収の目安! 各社ごとの一覧化

電車の運転士・車掌

電車の運転士および車掌の平均年収は600万円前後。

ただし、詳しい金額は各社(JR・私鉄・地下鉄)によって異なる。

基本的に鉄道現業職が中心で、年功序列型が定着しているが、勤務先の経営状況によって給料水準の差が大きい。

駅員や技術系部門、本社勤務などとの違いは乗務員手当が支給される。


電車運転士・車掌の会社別の推定年収

JR各社 推定年収
JR本州3社、大手私鉄 450~800万円
中小私鉄 350~800万円
公営地下鉄 400~900万円
第三セクター 300~600万円

鉄道事業者の中でも、現業職の中では電車の運転士・車掌の年収は高い。

ただし、勤務先の鉄道事業者の収益の良し悪しで給料は大きく異なり、大都市部では高い反面、地方部では低い傾向。

JRグループでも、本州3社は平均年収が600~700万円またはそれ以上になるが、島部では500万円前後と低い水準に落ちる。

JR本州3社、大手私鉄

JRの運転士・車掌

JR本州3社、大手私鉄に該当する鉄道事業者

JR本州3社:JR東日本JR東海JR西日本

大手私鉄(首都圏):京浜急行電鉄東急電鉄相模鉄道小田急電鉄京王電鉄西武鉄道東武鉄道京成電鉄

大手私鉄(関西):阪急電鉄阪神電気鉄道京阪電気鉄道近畿日本鉄道(近鉄)南海電鉄

大手私鉄(その他):名古屋鉄道西日本鉄道

上場しているJR・私鉄では有価証券報告書にて平均年収を公表している。これをもとに年収の目安を算出。

範囲は450~800万円が目安。電車の運転士と車掌も有価証券報告書に記載の金額に近い金額になるものの、業務に当たる社員の年齢層で異なる。

一方、特に大手私鉄では、各会社によって給料水準には差がある。首都圏をはじめ、収益力が高い会社であれば年収は500~800万円程度が相場だが、関西私鉄の一部と名鉄・西鉄では400~700万円前後が相場。

また、若い社員であればやや低い金額になるが、ベテラン社員であれば勤続年数が長いことで給料も高い。

駅係員や保線・土木・車両整備などの社員との違いは「乗務員手当」の有無だが、運転士・車掌だからという理由で大幅に給料が高いわけではない。

中小私鉄

中小私鉄

中小私鉄に該当する鉄道事業者

新京成電鉄、首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)、北総鉄道、東葉高速鉄道、東京臨海高速鉄道、埼玉高速鉄道、関東鉄道、上信電鉄、上毛電鉄、埼玉新都市交通、東京モノレール、江ノ島電鉄、箱根登山鉄道

伊豆箱根鉄道、静岡鉄道、名古屋臨海高速鉄道、福井鉄道、えちぜん鉄道、富山地方鉄道、富山ライトレール

北大阪急行電鉄、山陽電鉄、泉北高速鉄道、近江鉄道、能勢電鉄、和歌山電鉄、水間鉄道、北神急行電鉄、神戸電鉄、広島電鉄

非上場企業が多い中小私鉄。これらは年収は各事業者によって大きく異なる。

収益力がある会社は大手私鉄並みかそれ以上の水準に達するが、苦しい立ち位置にあるところでは相当低い。

例えば、北大阪急行電鉄は中小私鉄でも収益性が高いため、平均年収は800万円以上に達する。運転士と車掌もこれくらいが相場。

一方で、和歌山電鉄の平均年収は284万円、えちぜん鉄道は301万円、福井鉄道は315万円、上信電鉄は319万円と少ない。いずれも収益性は良くはない。

乗務員は全体よりは平均年収がやや上位になるものの、これらの収益性が低い中小私鉄では大手私鉄に比べると劣る

範囲も350~800万円とバラツキが大きい。

公営地下鉄

公営地下鉄の車掌(名市交)

公営地下鉄に該当する鉄道事業者

札幌市交通局、仙台市交通局、東京都交通局、横浜市交通局、名古屋市交通局、京都市交通局、神戸市交通局、福岡市交通局

公営地下鉄は政令指定都市の「〇〇交通局」として運営されている公企業。

基本的には政令指定都市役所の職員と同じ水準の給料。

乗務員手当がある運転士・車掌でも年収は一般行政職とあまり差がない。

年収は400~900万円が範囲で、鉄道事業者としては高い方に分類される。

第三セクター鉄道

第三セクター鉄道会社

公企業と民間企業の中間的な存在なのが第三セクター鉄道会社。

中小私鉄と給料水準はやや似ているが、経営状況が赤字のところがほとんど。これにより、年収も低いところが目立つ。

範囲も300~600万円にとどまる。一般的な民間企業と比べても低い水準。

参考:第三セクターの鉄道会社の平均年収を調査! 概ね350万円が相場

ただし、収益力がある会社こそは中小私鉄の上位勢並みの水準に達する。

事例としては、愛知環状鉄道、IRいしかわ鉄道などの一部に限られる。

ある程度は給料が高い理由

鉄道乗務員の給料

電車の運転士・車掌の給料水準は駅係員などと比べると高い。その理由は以下の2点。

  • 年齢層がやや上の層:入社間もない社員がいないため
  • 乗務員手当:乗務時間に応じて別途手当が支給されるため

もっとも、航空会社のパイロットのような大幅な手当はなく、一般的な企業との金額の違いはそれほどないのも確か。

推定根拠は社員の年齢

電車の運転士・車掌は20代後半から30代いっぱいが主流層。

運転士と車掌という職種そのものは現場での仕事ということもあって、比較的若い年齢の社員が担う例が目立つ。

その一方、入社間もない社員でいきなり列車乗務員になることはほとんどない。

運転士はともかく、車掌でも最低3年ほどは経過した人に割り当てられる。最初はまずは駅係員として勤務する。

運転士はさらに車掌を一定年数経験してからなれる立ち位置。若くても20代後半からになる。

逆に、ベテラン社員となる40歳を超えると、今度は現場の第一線ではなく管理部門へ異動となる年齢になり、再び少なくなる。

したがって、列車の運転士・車掌では20代後半から30代が主流層。ここの年齢層の給料水準が平均年収となる。

運転士の方が高い

列車運転士

仕事上の責任度は列車を操縦する運転士の方が大きい。

これによって給料水準も運転士の方に軍配が上がる。平均年収も運転士の方が車掌よりも高い。

年齢層に関しても車掌より運転士の方が上の場合が目立つ。

どちらも「乗務員手当」が付き、さらに早朝や深夜の勤務も必ず存在することで「深夜手当」も存在する。

乗務員手当

乗務員手当

JR・大手私鉄では運転士と車掌には「乗務手当」がある場合がほとんど。

列車に乗っている時間に比例して特別手当が支給される。この制度も高い平均年収を支えている。

乗務員手当

乗務員手当は乗務時間と距離に応じて別途支給される給与

計算式:乗務員手当総額=1か月あたりの乗務時間・距離 × 時間・距離単価

乗務とは、運転士であれば実際に列車を運転している時間、車掌であれば列車に乗っている時間で、1分単位で計算される。

乗務員は一度出勤すると乗務を何度も繰り返す(一日の乗務をまとめたものを「行路」という)ので、それが全て乗務時間・距離として加算される。

引用:鉄道会社からの脱出「鉄道会社の給料 -実はおいしいのは運転士?

つまり、列車に乗務している時間の長さが長いほど手当が支給される。

これは基本給とはまた別にカウントされる。

手当は時刻表(乗務員行程表)だけでなく、超過分も含まれる。列車遅延などで乗務時間が長くなれば、その分乗務員手当も増える。

一般的な残業代(時間外手当)と同じような性質でもある。

新幹線の運転士・車掌の場合

新幹線の運転士

新幹線の運転士・車掌の年収に関する事情は以下の記事にて別途解説。

>>新幹線の運転士・車掌の年収の目安! 各社ごとの一覧化

車掌は在来線と大差ない一方、運転士は在来線よりも新幹線の方が年収が高い傾向。

なるには最低でも在来線の通勤電車の運転士を2,3年以上は経験する必要がある。

つまり、最低でもある程度上の年齢層となる。勤続年数が長めの社員が担当する背景から、新幹線の運転士の年収は高め。


広告

おすすめ記事