特急あずさ号の混雑状況を時間帯ごとに調査! 乗車率の目安

JR中央本線(東京~塩尻)の速達型の特急あずさ号の混雑状況について、時間帯ごとに調査してみた。自由席と指定席のそれぞれの乗車率も観察。

平日と土日祝(休日)でも混み具合が違ってくる。JRの特急列車の中では最も乗客数が多い列車である。

混雑しやすい特急で、空いている可能性も低いのは否定できない。自由席があった時代なら座れない確率も高かった。指定席は満席になることもある。


土日の混雑状況~満席になりやすい

<下り:新宿駅、上り:甲府駅で調査>
下り 上り
始発-8:00 ★★★ ★★
8:00-9:00 ★★★★★ ★★★
9:00-12:00 ★★★★★ ★★★★
12:00-14:00 ★★ ★★★
14:00-16:00 ★★ ★★★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★
20:00以降 ★★

普通車はほとんど満席で座れない

混雑する土日の特急スーパーあずさの自由席

自由席が設定されていた時代から土曜日・日曜日・祝日は特急あずさ号はどの列車でもかなりの乗客が殺到していた。

途中駅から乗ると座れない可能性が高い。中でも新宿~甲府間はどの駅から乗っても座れない経験をしたことがある人は多かった。

全車指定席になった今では座席未指定券でなければ座れる。しかし、今度は満席のために予約ができないという問題がある。

午前中の下りは新宿駅で空席ゼロ

下り列車では、新宿駅以外から乗るとなるとほぼ座れないと考えてよい。

土日の午前中なら新宿駅の時点で普通車は乗車率100%に達する。座席未指定券でデッキにも人があふれる光景がよく見られる。

空席情報を見ても「×」がつくほど。完全に空いている座席がないことを示す。

自由席があったときは立川・八王子・高尾からでは完全に座れなかった。これらの駅で降りていく人は少数にとどまり、大半は山梨県内まで乗り続ける。

特急あずさ号を利用する人は東京都内から甲府以西の駅へ行き来する人も多く利用する。とはいえ、山梨県で乗降客数1位の甲府駅も停車するため、この駅で乗り降りする乗客がかなりいる。

下りは午前中の列車だと甲府駅までは満席またはそれに近い混雑。甲府を過ぎれば、大型連休などを除いては大抵の場合は座れる。

上りは15~18時で空席ゼロ

上りのスーパーあずさ号の自由席

午後になって14時を過ぎてくると今度は上りの新宿方面へ向かう特急列車が混雑してくる。15時を過ぎると普通車は最終的には完全に満席になり、乗車率が100%に達する。

空席情報でも「×」がつく。休日の最終日は特に午後いっぱいは満席になりやすい。

18時を過ぎれば上りもピークを過ぎて、若干ならが空席が出てくる。甲府~新宿間は混雑するものの、それでも通路側の座席なら空席があるところも見えてはくる。

午前中も混雑するのは確か。しかし、その規模は下りの塩尻・松本方面へ向かう列車よりは小さい。

甲府より西側に位置する駅だけの利用なら、あずさ号は座れる可能性が高い。甲府駅だと満席になっている確率が高い。

平日の混雑状況

<下り:新宿駅、上り:甲府駅で調査>
下り 上り
始発-8:00 ★★★ ★★★
8:00-9:00 ★★★★ ★★★★
9:00-12:00 ★★★ ★★
12:00-14:00
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★★ ★★★
20:00以降 ★★★ ★★★

平日の場合は、山梨県内では特急の乗客数は土日祝日と比べて少ない。

一方で東京都内の区間である新宿~高尾間では自由席を中心にかなりの混雑になる。東京区間は中央本線は通勤路線という性質が強く、特急あずさもその影響を大きく受ける。

参照:特急かいじの混雑状況を調査! 自由席・指定席の乗車率の目安

日中は空いている

平日の月曜日から金曜日までの特急あずさの混雑については、日中は空いている。朝と夕方だけが極端に混むのが特徴である。

さらに、高尾駅以西の区間では終日を通して空いている。自由席があった時代でも空席がみられた。全車指定席の現在でも空席がある可能性が土日祝と比べて高い。

指定席の方は、駅の空席状況の電光掲示板を見ると「〇」印がほとんどで、「×」印を目にすることはあまりない。

利用客層も、平日の場合はビジネス客が多い。東京近郊は通勤客、山梨県内は出張客などが目立つ。

土日祝に比べて旅行などの行楽客が少なく、特急あずさの通路側の座席までも埋まる時間帯さえ少ない。

新宿~八王子の朝夕は大混雑

混雑するスーパーあずさ号

出典:photozou.jp/photo/show/3187087/254305458

ただし、平日に限っては朝夕の新宿~八王子間は大混雑になる。自由席はもはや地獄の通勤ラッシュだった。全車指定席になった今でも乗車率はほぼ100%に達する。

7~8時半までと17時以降の中央本線の特急は東京都心部へ通勤する乗客が、速達性と快適性を求めて特急列車に殺到しやすい。

あずさ号もその例外ではなく、朝は八王子→新宿、夕方と夜は新宿→八王子までの区間がかなり混雑する。

乗車率は100%どころか、デッキにも人があふれかえるためそれ以上の数値になる。定期券と自由席特急券で乗る人が多いようだ。

なお、指定席でも定期券+指定席特急券で乗車可能になった。自由席時代は指定席は定期券では利用不可だったが、全車指定席となった今では定期券でも着席保障が得られる。



広告

おすすめ記事