やまびこ号が「全車指定席」でない理由とは!? 自由席の存在意義

やまびこが全車指定席にならない理由

東北新幹線の停車型の種別であるやまびこ号が「全車指定席」にはならないのはなぜなのか。自由席が残る理由がある。

通過駅が多い速達型、つまりはやぶさ号、はやて号、それらに連結されるこまち号では自由席が一切存在しない全車指定席制を採用している。

一方のやまびこ号となすの号では自由席がすべての列車に設定されている。すべて指定席にはしていない。朝夕だとグリーン車を除く全席自由席の列車もある。



なぜやまびこ号は全車指定席にならない?

<全車指定席を導入しない理由>
主な理由 詳細な内容
近距離輸送が中心 東京~福島までの利用客が中心。あまり長い距離は乗らない。仙台以北は圧倒的にはやぶさ号が主役。
はやぶさ号と区別するため 自由席は種別問わず料金が同じなため、はやぶさ号に乗客が流れて混雑が激化しやすくなる。
新幹線通勤で使う人が多い 自由席しか乗れない新幹線通勤者が存在する。やまびこ号はなすの号と同じ区通勤列車という性質も。

>>新幹線の路線ごとの「全車指定席」を導入の有無! それらの背景も

東北新幹線のやまびこ号で全車指定席には踏み切らない理由はこれら3つがあげられる。

すでに全車指定席になっている東北・北海道新幹線のはやぶさ号・はやて号・こまち号のみならず、北陸新幹線のかがやき号との違いでもある。

やまびこ・なすのはいずれも各駅停車またはそれに近い存在である。所要時間が短い速達型との大きな違いでもある。

参照:東北新幹線「やまびこ号」の自由席の混雑状況を時間帯ごとに調査!

近距離輸送が中心

近距離利用者が主役のやまびこ

まず、やまびこ号は近距離輸送が中心である。東京~仙台または東京~盛岡の区間運転がメインだが、実際には利用者の多くは福島駅以南だけを利用する人がほとんど。

仙台以北でやまびこ号に乗る人はほとんどいない。指定席を選ぶ人は特にはやぶさ号を選択する。

近距離利用者だと指定席よりも自由席を好む。料金が安いことや、座席指定の手間がなくなること、満席で座れなかったとしても乗車時間が短いためそれほど苦ではないことがその理由になる。

一方のはやぶさ号は長距離利用者が中心である。そもそも大宮~仙台間はノンストップになる。必然的に首都圏と仙台以北の東北地方北部を行き来する乗客が主役になる。

長距離利用者は自由席より指定席を好む。自由席で満席だった場合の苦は大きい。乗車時間が長いため、100%確実に座れる条件を求めやすい。

<全車指定席導入列車との違い>

  • やまびこ=東京~福島の近中距離輸送が中心
  • はやぶさ=仙台以北の長距離輸送が中心

やまびこ号=近距離輸送が中心という点が全車指定席には消極的になる理由としてまず挙げられる要点だ。

>>新幹線のはやぶさ・はやてに自由席がない、その理由とは!?

はやぶさ号と区別するため

全車指定席のはやぶさ

大宮~仙台はノンストップとなるはやぶさ号に対して、やまびこ号は宇都宮・郡山・福島はまず必ず停車する。さらに、小山・那須塩原・新白河・白石蔵王の一部も停車する。

所要時間がその分長くなるため、長距離利用者ははやぶさ号に流れやすい。ここで、はやぶさ号に仮に自由席が設定されていた場合、乗客ははやぶさ号に流れてしまい、乗車率の差異が大きくなる。

はやぶさ号では指定席特急券は割高な料金に設定されている。東京~仙台間だとやまびこ号の指定席よりも310円、東京~盛岡だと510円高い。

全車指定席かつ指定席特急券に加算料金が設定されていることで、値段の安さを重視する人がやまびこ号を使う構図になっている。

もしやまびこ号に自由席がなくなると、そもそも値段が高い指定席だけになってしまうため、所要時間が長いやまびこ号を避けてはやぶさ号に一気に乗客が殺到する。

そうなると、はやぶさ号が満席になりやすくなり、やまびこ号という選択肢がない盛岡より北の駅を利用する人の移動手段が断たれる。

東京~仙台・盛岡の利用者をなるべくやまびこ号に誘導したいという思惑も、全車指定席にはならない理由の1つになる。

新幹線通勤を担う

新幹線通勤

東京~那須塩原は新幹線通勤をする人が多い地域でもある。都心部の職場と栃木県内の自宅を毎日行き来する人は少ないものではない。

朝夕は東北新幹線だとなすの号、やまびこ号がそのような新幹線通勤者の輸送を担っている。中でもなすの号を中心に「全席自由席」の列車もあるのはこのためだ。

通勤定期券では自由席しか乗れない。したがって、定期利用者は必然的に指定席を選択することはできない。

もしやまびこ号で全車指定席にした場合、新幹線通勤で東北新幹線を使う人が乗れる列車は少なくなってしまう。

朝夕ならなすの号という選択肢が豊富だが、日中はなすの号の運転がない時間帯もある。そんな時だと東北新幹線には乗れない。

全車指定席でも通勤定期券で乗車する乗客には空いている空席に座らせるという手段があるが、切符拝見などの手間を考えると実際問題としては難しい。

新幹線通勤との関係があるやまびこ号で全車指定席が難しい理由の1つなのは間違いない。

おすすめ記事