はやぶさ号の混雑状況を時間帯ごとに調査! いつ満席に?

はやぶさ号

東北新幹線・北海道新幹線の最速列車である「はやぶさ」号の混雑状況はどんな感じになっているのか。満席になって空席がゼロになる時間帯と曜日はいつが多いのか。

やまびこ号やなすの号とは違って、はやぶさとはやては全席指定席となっている。自由席がないことから、座席がすべて予約されるとそれ以上は乗ることができない。

空席がなければ、次の空席がある列車まで待つしかない。しかし、はやぶさ号の運行本数は1時間当たり1本しか走っていない時間帯が多く、乗車機会は少ない。

もし、これから新幹線を乗る予定があるのであれば、出発直前ではなく早めに座席を確保しておくのが良いだろう。駅に着いてから切符を購入するとなると、、満席で乗れない可能性があることを前提とするのがよい。


土日祝の混み具合

<下り:大宮駅、上り:仙台駅の時点の混み具合>
時間帯 下り 上り
始発-8:00 ★★★★ ★★★
8:00-10:00 ★★★★★ ★★★★★
10:00-12:00 ★★★★★ ★★★★
12:00-14:00 ★★★ ★★★
14:00-16:00 ★★★★ ★★★★
16:00-18:00 ★★★★★ ★★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★★★
20:00以降 ★★★★ ★★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

土日祝の場合は週末の行楽客が利用者の中心になる。旅行客が主な層であるが、朝夕で満席になることが結構多い。出発時刻の直前になると空席ゼロとなることがよく見かける。

同じ東北新幹線のはやぶさ号はやまびこ号などよりも混雑が激しくなるのは避けられない。

はやぶさ号で上記の時間帯に満席になるのは下りは東京→仙台、上りは仙台→東京の区間。

それ以外の区間なら空席がある。例えば、仙台→盛岡、仙台→新青森のように東北地方だけの区間の利用なら普通車指定席で空席が残る。空席状況の掲示板でも「〇」印がつく。

あくまでも大宮~仙台間を乗る場合のみ空席状況で「×」が付く。

下りが朝、上りは午後が混雑(満席)

満席になるはやぶさ

大きな主要都市にしか停車しない速達型の種別のため、はやぶさ号は東北新幹線の列車では最も混雑が激しい。

どれくらいの混雑になるのか、曜日と方向ごとの目安は次のようになる。

はやぶさ号の土日祝の混み具合の目安

  • 上り:土曜日午前中=空席少ない、日曜日午後=満席
  • 下り:土曜日午前中=満席、日曜日午後=空席少ない

下りの新青森方面へ向かう列車の場合、連休初日の午前中いっぱいはほとんど満席になっている。東京→仙台間では空席は限りなくゼロに等しくなる。

駅のみどりの窓口にある空席状況の電光掲示板でも、普通車指定席は「×」や「△」印になることがよく見られ、これは満席であることを意味する。土曜日の午前中の下りは「×」、日曜日の午後の上りも「×」になる。

天気が良い日など行楽日和では「×」になるケースが多い。乗車率100%ということになる。(雨の日は「〇」が目立つ。)

上りの東京方面は15時以降の午後の時間帯になると混雑が激しくなる。通常の土日だと、日曜日の午後(15時以降)がピーク。

月曜日が祝日の三連休では月曜日の午後から夕方・夜がピークになる。

行楽地から首都圏へ帰る人が殺到するため、はやぶさ号の指定席がすべて埋まる可能性が高くなる。

発車直前に切符を購入しようとしても、空席がゼロで乗れないことが少なくない。

午前中の上り・午後の下りも空いてはいない

逆方向は比較的空いている。

土日の午前中でも上り列車は満席になることは少ない。

午後になっても、下り列車であれば空席がある列車が多い。

東京駅を15~18時に出発する便でも、空席情報を表示している電光掲示板に「×」が付くことは少ない。

なお、行先のよる違いはほとんどなく、新函館北斗行でも新青森行でも、どちらも混雑が激しさは同じと考えてよい。

北海道新幹線が開業したとはいえ、首都圏から北海道地区まで新幹線で行く人は少なく、途中の仙台や盛岡などまでしか行かない人が多数派である。

平日の混み具合

<下り:大宮駅、上り:仙台の時点での混み具合>
時間帯 下り 上り
始発-8:00 ★★★★★ ★★★★
8:00-10:00 ★★★★ ★★★
10:00-12:00 ★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★★ ★★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★★
20:00以降 ★★★ ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

平日の場合、土日の混雑の仕方とは傾向が違う。朝の時間帯は新青森・新函館北斗方面の下り列車、夕方・夜は東京方面の上り列車が混雑するが、朝夕に極端に集中する。

朝の時間帯で満席になりやすいのは、出張などで新幹線に乗るビジネスマンが中心であるため。

始発から8時までに集中している。夕方も17~20時に集中。日中は旅行客が少ないこともあって、満席になることは休日より圧倒的に少ない。

朝と夕方に混雑しやすい

はやぶさ号の平日の混み具合の目安

  • 上り:17時前後の夕方の上り列車が混雑
  • 下り:9時まで朝の下り列車が混雑

早朝では始発から下りの新青森方面へ向かうはやぶさ号が満席になりやすい。

夕方は、出張先から東京方面へ帰るビジネスマンが多く乗るため、今後は上り列車が混雑する。

出発直前に指定席を取ろうとしても、満席のため次の列車まで待たなければならなくなるケースが少なくない。

同じ平日でも、上りは月曜日、下りは金曜日が乗客が多くなる傾向にある。火・水・木は1日を通して混雑はそれほど激しくはない。

なお、やまびこ号となすの号も、朝夕はビジネスマンが多く乗るが、こちらは新幹線で毎日通勤している人の場合がほとんど。

小山・宇都宮・那須塩原辺りから都心の職場に通う通勤客だが、はやぶさ号は大宮~仙台間はノンストップのため、通勤客は乗らない。

金曜日の夜は下りが混雑

金曜日の東北新幹線では東京発の下り方面の列車が満席になる。

週末にかけて行楽地で過ごす人が早くも金曜日の夜から移動を開始する人が結構いることで混雑しやすい。

月・火・水・木と比べると乗車率が各段に上がる。19時以降の列車になると、下りの新青森方面へ行くはやぶさ号は満席で空席状況が「×」になることがほとんど。

満席でも「立席特急券」で乗るという手段が選べるが、デッキで立つしかないため座れないデメリットは大きい。自由席は全車指定席のはやぶさ号にはないため、先着順で座るよいう手段がない。

上り列車も同じように混雑する。仙台→東京だと金曜日の夕方と夜も終電まで普通車指定席は満席になりやすい。

早くも週末がスタートする金曜日の夜に移動する予定があるのであれば、はやぶさ号を利用するならなおさら前もって予約する必要がある。

普通の平日とは違うのを忘れてはいけない。



広告

おすすめ記事