【新幹線】たにがわ号の自由席・指定席の混雑状況を時間帯ごとに調査

上越新幹線たにがわ号

上越新幹線のとき号には自由席および指定席の混雑状況をを時間帯に調査してみた。東京~新潟間を走る種別で、首都圏と新潟エリアを通しで走る。

平日と土日祝日では混雑する具合が違い、土日祝日の場合は平日よりも混雑度が増す。

東京~新潟間を走る種別で、首都圏と新潟エリアを通しで走る。行楽地へ行くレジャー客などで上越新幹線を使う人が殺到する列車である。行楽シーズンだと指定席が満席になることが少なくなく、自由席も満席でも満席かそれに近いレベルになりやすい。


土日祝の混み具合

<下り:大宮駅、上り:熊谷駅で調査>
時間帯 下り 上り
始発-8:00 ★★★ ★★
8:00-9:00 ★★★★ ★★★
9:00-12:00 ★★
12:00-14:00
14:00-16:00
16:00-18:00 ★★★
18:00-20:00 ★★★
20:00以降 ★★ ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:満席なことがほとんど
★★★★:通路側の座席の半分は埋まることがほとんど
★★★:窓側の座席は完全に満席がほとんど
★★:窓側の座席の一部なら空いていることがほとんど
★:常にガラガラ

参考:【上越新幹線】自由席の混雑度は!? いつ空席ゼロになる?

土日祝の上越新幹線のたにがわ号の指定席・自由席いずれも、時間帯ごとの混雑状況はこのような感じになりやすい。

ピークを迎えるのは、もっと詳しく言うと以下のようになる。

  • 連休初日(土曜日)=9時頃までの下り列車
  • 連休最終日(日曜日)=20時以降の上り列車

いずれも指定席・自由席ともに通路側の座席も埋まるほどだが、完全な満席はほとんどない。

大型連休(年末年始・GW・お盆)くらいに限られる。

午前中は下りを中心に混雑

とき号の下りの混雑状況

土日祝日の朝から午前中の時間帯は、上越新幹線のとき号は下り列車(新潟行)を中心に指定席・自由席ともに通路側の座席の大部分が埋まるほどになる。

一方のたにがわ号は比較的空いている。午前中の下り列車でも、たにがわ号では空席が残っていることが多い。

停車駅が多いため、特に新潟県内へ向かう人たちが敬遠するためである。

自由席も満席にはならず、空席が残っていることがほとんど。

上り列車(東京行)も同じような傾向がある。指定席・自由席ともに空席が最後まで残っていることがほとんど。

夕方は上りが混雑する

上越新幹線でもたにがわ号は夕方以降の時間帯でも空いている。

自由席・指定席ともに、とき号では空席情報で「×」「△」が付いている状態でも、たにがわ号は「〇」になっていることがほとんど。

スキーシーズンに運転されるガーラ湯沢駅発着の便では若干混雑しやすいものの、それでも臨時列車ということもあって満席になるほどではない。

なお、下り列車はたにがわ号の本数が多いこと、運転区間が短いこともあって乗車率は低め。

平日の混み具合

<下り:大宮駅、上り:熊谷駅で調査>
時間帯 下り 上り
始発-9:00 ★★ ★★★★
9:00-12:00 ★★
12:00-14:00
14:00-16:00
16:00-18:00 ★★
18:00-20:00 ★★★★
20:00以降 ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:満席なことがほとんど
★★★★:通路側の座席の半分は埋まることがほとんど
★★★:窓側の座席は完全に満席がほとんど
★★:窓側の座席の一部なら空いていることがほとんど
★:常にガラガラ

※平日ダイヤの朝の上り、夕方以降の下りは普通車全車自由席。

平日の月曜日から金曜日までの上越新幹線たにがわ号は「通勤用」という性質が大きい。

首都圏の新幹線通勤者をターゲットとした列車である。

空いていることがほとんど

たにがわ号の平日

平日の場合は1日を通して全体的に空いてる。上越新幹線はとき号でも日中の昼間となれば上り、下りともに自由席・指定席いずれもガラガラ。たにがわ号も100%満席になるほどではない。

朝の上り列車、夕方以降の下り列車はグリーン車以外は「普通車全車自由席」となっている。

指定席がなくすべての車両が自由席となる。それでも満席にあることは稀。

途中駅からの乗車でもどこかの座席には余裕で座れることが多い。



広告

おすすめ記事