【新幹線】こだま号の自由席の混雑状況を調査! 乗車率の目安

こだまの自由席の混雑レベル

東海道・山陽新幹線のこだま号の自由席の混雑状況を時間帯および区間ごとに調査。普段の乗車率は何%くらいになるのか。具体的な混み具合をまとめる。

東京~新大阪~博多間の各駅停車の種別に当たる。通過駅が設定されているのぞみ号・ひかり号に対して近距離輸送が主な役割となっている。

乗降客数が少ない小さな駅を乗り降りする人が客層の中心となっていることから、自由席であっても全体的に空いている。満席になることが少ない。


土日祝の混み具合

土日祝の時間帯ごとの混雑状況
<新横浜駅で調査>
時間帯 下り 上り
始発-8:00 ★★ ★★
8:00-9:00 ★★★ ★★★★
9:00-12:00 ★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★
14:00-16:00 ★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★
20:00以降 ★★ ★★

土日祝こだま号の自由席の時間帯ごとの混雑状況はこのような感じになりやすい。

ピークを迎えるのは、もっと詳しく言うと以下のようになる。

  • 連休初日(土曜日)=8~9時の下り列車
  • 連休最終日(日曜日)=18~20時の上り列車

同じ週末でも、土曜日の夕方・夜、日曜日の午前中は上下線ともにまだ比較的空いている。

参照:【路線別】新幹線の自由席に座れない確率を時間帯・曜日ごとに調査

朝は上りの通路側の大部分が埋まる

土日祝日の朝の時間帯は、東海道新幹線・山陽新幹線のどちらでもこだま号は上り列車(東京方面行)を中心にやや混雑度が上がる。

窓側の座席がすべて埋まることが目立ち、通路側の座席も相当数が埋まる。

東海道区間は静岡方面から首都圏へ向かう行楽客でいっぱいになりやすい。山陽区間も岡山方面から京阪神地区へ向かう行楽客を中心に混む。

ただし、のぞみ号・ひかり号、あるいはみずほ号・さくら号と比べると大幅に空いている。100%空席無しはレア事象。

三連休以上の大型連休ではこだま号でも満席になることも見られる。

夕方は下りが混雑する

土日祝の午後から夕方にかけての時間帯は、こだま号では下り列車の混雑が目立つ。

自由席でも窓側の座席の多くが埋まり、通路側の座席にも座っている人が結構多くなる。

夕方・夜では速達種別では上り列車の方が混雑するが、こだま号はその逆パターンになりやすい。

同様に、のぞみ号・ひかり号、あるいはみずほ号・さくら号と比べると大幅に空いている。100%空席無しはレア事象。

平日の混み具合

平日(月~金曜日)の時間帯ごとの混雑状況
<新横浜駅で調査>
時間帯 下り 上り
始発-9:00 ★★ ★★★
9:00-12:00 ★★ ★★
12:00-14:00
14:00-16:00
16:00-18:00 ★★ ★★
18:00-20:00 ★★★ ★★
20:00以降 ★★★

月曜日から金曜日までの平日のこだま号の混雑状況も、朝は上り、夕方以降は下りに集中する。

新幹線通勤を行う乗客が多い印象。

上りの朝ラッシュのピークは7~8時。下りの帰宅ラッシュのピークは18~20時頃が基本。

ガラガラ状態

平日の場合は1日を通して全体的に空いている。通勤ラッシュ以外ではほとんどは空席といえる光景。

どんな時間帯でも自由席が100%満席になることは、少なくとも通常期ならあり得ないレベル。

昼間の自由席の場合、途中駅からの乗車でも窓側の座席を十分狙える。

のぞみ号・ひかり号・みずほ号・さくら号では平日の昼間でも自由席の乗車率は高くて、途中駅からの乗車だと通路側の座席しか空いていないことがよくある。

こだま号はそれらとは対照的でまったく別世界と捉えてよい。

区間ごとの混雑状況

こだま号の自由席の区間毎の混雑状況

こだま号にて混雑しやすい区間は以下。

◎こだま号の混みやすい駅間

  • 東京~静岡
  • 名古屋~京都
  • 新大阪~岡山

上記以外の区間でも混み合うことはあるものの、普段なら空いている。

のぞみ号、ひかり号などで空席が少しでもある時期なら、満席になることはないと考えてよい。

こだま号のみならず、のぞみ・ひかり・みずほ・さくらを合わせた各駅ごとの自由席の空席の確率は次にてピックアップ。

参考|路線/乗車駅ごとの自由席の混雑状況

そして、こだま号に着目した駅間ごとの混み具合はここから下で解説する。

東海道新幹線(東京~新大阪)

以下では詳しい区間ごとの混み具合について取り上げる。

まずは東海道新幹線(東京~新大阪)の部分から判定。

こだま号の1日の中で乗車率が特に高くなりやすい午前8時頃を基準にする。

下り列車(新大阪方面行)

下り列車の区間ごとの混雑状況
乗車駅 混み具合
東京
品川 ★★
新横浜 ★★★
小田原 ★★★
熱海 ★★
小田原 ★★
新富士 ★★
静岡
掛川
浜松 ★★
豊橋 ★★
三河安城 ★★
名古屋 ★★★
岐阜羽島 ★★★
米原 ★★★
京都 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

上り列車(東京方面行)

上り列車の区間ごとの混雑状況
乗車駅 混み具合
新大阪
京都 ★★★
米原 ★★★
岐阜羽島 ★★★
名古屋 ★★
三河安城 ★★
豊橋 ★★
浜松
掛川
静岡 ★★
新富士 ★★
三島 ★★★
熱海 ★★★
小田原 ★★★
新横浜 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

山陽新幹線(新大阪~博多)

次に東海道新幹線(新大阪~博多)の詳しい区間ごとの混み具合について取り上げる。

1日の中で乗車率が特に高くなりやすい午前8時頃を基準にする。

下り列車(博多方面行)

下り列車の区間ごとの混雑状況
乗車駅 混み具合
新大阪 ★★
新神戸 ★★★
西明石 ★★★
姫路 ★★★
相生 ★★
岡山
新倉敷
福山
新尾道
三原
東広島 ★★
広島 ★★
新岩国
徳山
新山口
厚狭
新下関
小倉

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

上り列車(新大阪方面行)

上り列車の区間ごとの混雑状況
乗車駅 混み具合
博多
小倉
新下関
厚狭
新山口 ★★
徳山 ★★
新岩国 ★★
広島 ★★
東広島 ★★
三原
新尾道
福山
新倉敷
岡山 ★★
相生 ★★
姫路 ★★★
西明石 ★★★
新神戸 ★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

東海道新幹線の区間と比べると利用者数こそは少ないが、8両編成と短いため混雑度はそれほど違いはない。乗客が多いのは新大阪~姫路くらい、長くても岡山駅まで。

これ以外のところではガラガラが基本といえる。特に平日は自由席の乗車率は50%未満で推移している。

休日で旅行客が増える週末でさえ空席が目立つ。行楽客の移動が集中しやすい土曜日の午前中、日曜日の午後であっても乗車率100%にはなかなかならない。80%を超えるのも稀である。

本当に満席になるのは年末年始・ゴールデンウィーク・お盆のような「帰省ラッシュ」および「Uターンラッシュ」がニュースで取り上げられる大型連休に限られる。

全体傾向:東京~静岡、名古屋~京都がやや混雑

混雑する静岡県内の東海道新幹線
こだま号の場合、混雑が集中するのは東京~静岡間、名古屋~京都間の2か所くらいに留まる。

基本的にはガラガラで空席が非常に目立つ。自由席がいつでも満席になるのぞみ号やひかり号とは大きく違う。

東京~静岡の場合、最速ののぞみ号は静岡県内には一切停車せず、ひかり号も一部だけが停車することもあって、こだま号でも全体の中では乗車率が高くなる。

名古屋~京都間は大都市間だが途中の停車駅自体が少ないこともあって、こだま号でも結構乗客が多くなる。

ひかり号は自由席は完全に満席となる区間でもある。

参照:【新幹線】ひかり号の自由席の混雑状況を時間帯ごとに調査

それとは対象的に、こだま号は満席になるというのは大型連休や三連休などの行楽シーズンくらいに留まる。

平日と通常の土日であれば空いている。土曜日の午前中も日曜日の午後も乗車率100%、つまり満席になる例は稀といえる。

こだま以外は混雑する

こだま以外は乗車率が高い

なお、山陽新幹線の区間であっても空いているのはこだま号くらいに限られる。のぞみ号・九州新幹線直通のみずほ号・さくら号はいずれも混みやすい。

中でものぞみ号は東京・名古屋方面と行き来する人が殺到するため、自由席は常にいっぱいとなっている印象だ。

のぞみは指定席でも空席がなくなることが少なくない。平日・土日問わずのぞみは混雑が激しい。各駅停車のこだま号はこれとは対照的である。

九州新幹線直通のみずほ・さくらも自由席・指定席の場合はのぞみ号よりは空いているものの、どちらも混むことには変わりない。

東海道新幹線の区間に当たる東京~新大阪においても、空いているのはこだま号に限られる。


広告

おすすめ記事