浜松駅から新幹線「ひかり・こだま」の自由席に座れる確率を調査!

東海道新幹線の浜松駅で自由席に座れる確率

東海道新幹線の浜松駅からの乗車でひかり号・こだま号それぞれの自由席に座れる確率はどれくらいあるのか。時間帯ごとに上り・下りを調査してみた。

平日と土日祝では混み具合にはやや違いが見られる。特に自由席の場合は、乗車率が平日と休日では異なり、どちらかというと休みの日の方が満席になりやすい。

浜松駅は途中駅ということで、座れない可能性も否定はできない。満席のために自由席の空席がゼロになることもある。




ひかり号の自由席の混雑度

ひかり号の浜松駅の時点での混雑

東海道新幹線において、準速達型の種別にあたる「ひかり」号は特に平日と土日祝で自由席の混み具合が異なる。

出張などのビジネス客が多い平日は、自由席を狙う人は少ない傾向にある。首都圏や関西圏、あるいは名古屋駅でも満席になるほどの乗車率にはならず、浜松駅からでも座れる可能性が高い。

これは、職場では新幹線の移動では指定席特急券の購入を許可しているところが多いからだと考えられる。

土日祝は自由席を目指す個人客が多い

自由席が混雑する土日祝

個人客が多い土日祝は、少しでも交通費を少なく抑えたいという気持ちを持つ人が多くなりやすい。割安な自由席特急券で乗る人が多い。

割高な指定席特急券は、どうしても自由席が満席だったら車内で購入するという程度にしか考えていない人は結構いるだろう。

しかも土日祝は家族や友人などと旅行することから、複数人で自由席に乗ることが多く、途中駅から複数人で隣り合う席に座るというのは難しいことが予想される。

やや速達性のあるひかり号は、自由席が混雑しやすい。途中駅である浜松駅からだと、その分座りにくい。

土日祝の浜松駅の時点での混雑

<休日ダイヤで運転される土日祝>
下り 上り
始発-7:00 ★★★★ ★★★★
7:00-9:00 ★★★★★ ★★★★★
9:00-12:00 ★★★★★ ★★★★★
12:00-14:00 ★★ ★★★
14:00-16:00 ★★ ★★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★★ ★★★★★
20:00以降 ★★★★ ★★★★

午前中いっぱいは上下線ともに浜松駅の時点では満席になっている可能性が高い。上りの東京行は新大阪駅や名古屋駅にて満席になりやすい。

3人掛けの真ん中の座席しな空席がないことが多い。B席だけ空いているが、それ以外は座れない。

午後になって16時以降になると再び自由席に空席がなくなる。この土日の夕ラッシュの混雑は20時頃まで続く。

参照:【新幹線】ひかりの混雑状況はどんな感じ!? のぞみより空いている!

同じ静岡県内でひかり号の一部が停車する静岡駅と混雑状況はほぼ同じである。

静岡県内は全駅通過となるのぞみ号ほどの混雑には発展しないものの、満席になる時は空席ゼロになるほどだ。




平日の浜松駅の時点での混雑

<平日の場合>
下り 上り
始発-7:00 ★★★★ ★★★★
7:00-9:00 ★★★★ ★★★★★
9:00-12:00 ★★★★ ★★★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★
20:00以降 ★★ ★★★

平日の場合、ひかり号でも自由席が満席になるのは朝の下り列車くらいに限られる。浜松駅からは名古屋駅を目指して新幹線で移動する人が結構いる。新幹線通勤の人もいるためだ。

この時間帯は浜松→名古屋の区間で新幹線通勤の人が殺到しやすい。さらに、出張などで新幹線に乗る人も多くなるため、ひかり号の自由席は満席になる。

ただし、それ以外の時間帯であればそれほど混雑はしない。上り列車の場合は名古屋→新横浜は東海道新幹線の中でも最も乗客が多いエリアになる。

静岡県内の全域も含めてどの列車も混雑しやすい状況に置かれている。それでも昼間なら乗車率100%には達しにくい。

こだまは終日ガラガラ

こだま号の自由席の混雑(浜松駅)

<こだまの自由席混雑度>

  • 上り:終日ガラガラ
  • 下り:終日ガラガラ

一方のこだま号に関しては、終日にわたってガラガラであると考えてよい。各駅停車であり、都市間移動では所要時間が長くなることから、東海道新幹線ユーザーの多くはのぞみ・ひかりを狙う。

こだま号を使う人は、のぞみやひかりが停車しない小さな駅を乗り降りする人がほとんどである。

参照:【新幹線】こだま号の自由席の混雑状況を調査! 乗車率の目安

しかも自由席に設定されている車両が多い。自由席となる車両は以下の通りになる。

  • 1~7号車:例外なくいつても自由席
  • 13~15号車:基本的には自由席、一部列車は指定席

一方ののぞみ号は1~3号車のみ、ひかり号も1~5号車のみとなっている。自由席の車両数が少ないことから満席になりやすい。

こだま号は自由席がほとんどということで、座席が満席になることはほとんどない。

空席ゼロになるのは、大型連休(年末年始・ゴールデンウィーク・お盆)のような繫忙期に限られる。

おすすめ記事