【平日編】のぞみの自由席の混雑のレベル! 満席になる時間帯とは?

のぞみの自由席の混雑状況(平日)

東海道・山陽新幹線の平日ののぞみ号の自由席ではどれくらい混雑するのか。すべて1~3号車までとなっている。満席になる時間帯とは何時頃の列車なのか。

のぞみには大きく分けて3種類ある。東京~新大阪・広島・博多の列車があり、下りは行き先が違う。

最も混み合って乗車率が高いのは東京~博多まで通しで走るのぞみである。全区間走るため、これに乗る乗客数も自然と多くなる。




時間帯別の混雑のレベル

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-7:00 1 14:00-16:00 3
7:00-8:00 3 16:00-17:00 4
8:00-9:00 5 17:00-18:00 5
9:00-10:00 4 18:00-19:00 4
11:00-12:00 3 19:00-20:00 2
12:00-14:00 2 20:00-21:00 1

東京駅・新大阪駅を発車する時点でののぞみ号の自由席の混雑度は上のような形になる。

こだま・ひかりとは違ってのぞみの自由席は1~3号車までのため、すぐに満席に近い状態になる。

のぞみの「自由席」はどうして少ない!? 1~3号車だけの理由とは?

平日の新幹線の乗車率のピークは朝の8~9時と夕方の17~18時頃に迎える。在来線の通勤ラッシュと比べると朝は遅く、夕方の帰宅時間帯は早い傾向が見られる。

のぞみが長距離移動のための速達列車という性質から、早朝や夜は利用者が少ない。自由席のみならず、指定席も同じ混み具合になる。

日中の時間帯についても、平日は移動に使う人はあまりいないため、土日と比べて大幅に空いている。




ピーク時の自由席の混雑は完全に満席?

平日の場合は、土日祝日とは違って自由席の乗車率が100%になることは少ない。したがって、完全に満席になるというわけではない。

ただし、窓側と通路側の座席は完全に満席になることが少なくない。3人掛けの真ん中の座席(B席)だけが空いている状態になる。

のぞみ

平日の新幹線の利用者層は主にビジネス客が中心である。出張などの仕事の関係での移動で乗る人が多い。

【休日編】のぞみ自由席の土日祝の混雑状況! 時間帯ごとに調査

複数人で移動する例もあるが、どちらかというと1人で列車に乗る人が多いのが印象だ。そのため、3人掛けの座席をまとまった人数で座る組数が少ない。

1人だと窓側か通路側の座席に座ることとなる。そのため、東海道・山陽新幹線ののぞみ号ではA・C・D・E席が埋まり、B席だけ残るという現象が多く起こる。

もちろん、B席にはなかなか座りにくいという気持ちを持つ人がほとんどだろう。よって、実質的には8時台と17時台は満席になる。




博多発着便が混む

東海道・山陽新幹線でも東京~博多間を走る便が一番混雑する。この「博多便」は、東京方面から西日本とを行き来する人が乗る一方、東海道区間だけを乗る人も乗り込む。

行き先を問わずのぞみが停車する駅を乗り降りする人が乗ってくることもあり、自由席だと簡単に満席になる。

  • 博多・広島発着=混雑しやすい
  • 新大阪発着=空いている

広島発着の便についても、基本的には博多便と大差ない。山陽新幹線を走るのぞみということで、同じく自由席は混みやすい。

混雑するのぞみ

逆に新大阪発着便だと空いている。下りは名古屋・京都・新大阪のいずれかが目的地という人しか使わないからだ。

上りも新大阪・京都・名古屋のいずれかの駅から乗ってくる人だけしか乗らない。このため、自由席でも空いていることが多い。閑散とした時間帯だと窓側であっても空席があることもある。

もし東海道新幹線の区間だけ使うのであれば、下りは新大阪止まり、上りは新大阪始発ののぞみ号を狙うのがよいだろう。自由席ユーザーなら尚更だ。

おすすめ記事