ひかり号の普通車指定席の混雑状況を時間帯ごとに調査

ひかり号の普通車指定席

東海道・山陽新幹線の「ひかり」の普通車指定席の混雑状況を曜日および時間帯ごとに調査。満席になって空席がゼロになり、駅の電光掲示板に「×」印が付きやすい時期は通常期でもある。

平日と土日祝日での混む具合は後者の方がより激しい。休日の中でも大型連休で登場するキーワード「帰省ラッシュ」「Uターンラッシュ」の時期は指定席でも満席になる列車が続出する。

指定席では、のぞみ号よりもひかり号の方が満席になる頻度は少ないものの、土日祝を中心に朝夕になると空席ゼロのことが目立つ。


土日祝の混み具合

<下り:東京駅、上り:静岡駅の時点の混み具合>
時間帯 下り 上り
始発-8:00 ★★★★ ★★★
8:00-10:00 ★★★★
10:00-12:00 ★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★ ★★★
14:00-16:00 ★★★ ★★★★
16:00-18:00 ★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★★
20:00以降 ★★★ ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

>>【新幹線】ひかり号の自由席の混雑状況を時間帯ごとに調査

土日祝の場合、東海道・山陽新幹線ひかり号の週末の行楽客が利用者の中心になる。旅行客が主な層でその移動が集中する時間帯に混雑が集中。

朝夕で満席になることが結構多い。出発時刻の直前になると空席ゼロとなることがよく見かける。

最も混雑する東京~静岡間の区間を対象とする。

ひかり号で上記の時間帯に満席になるのは下りは東京→静岡・名古屋、上りは名古屋・静岡→東京の区間。列車によって停車駅が異なるものの、要するに新横浜駅を発着する時点が乗車率のピークに達する。

それ以外の区間なら空席がある。下りだと名古屋→新大阪、新大阪→名古屋のように一部の区間の利用なら普通車指定席でも比較的空いていて空席が残ることがほとんど。

下りが朝、上りは午後が混雑

土日祝の午前中のひかり号

ひかり号の土日祝の混み具合の目安

  • 上り:土曜日午前中=空席少ない、日曜日午後=満席
  • 下り:土曜日午前中=満席、日曜日午後=空席少ない

下りの新大阪・岡山方面へ向かう列車の場合、連休初日の午前中いっぱいはほとんど満席になっている。

東京→静岡・名古屋間と新大阪→岡山間では空席は限りなくゼロに等しくなる。

駅のみどりの窓口にある空席状況の電光掲示板でも、普通車指定席は「×」や「△」印になることが結構多い。満席またはそれに近い状態を意味する。

土曜日の午前中の下りは「×」、日曜日の午後の上りも「×」になる。のぞみ号・ひかり号ともに満席になる可能性が高い。

上りの東京方面は15時以降の午後の時間帯になると混雑が激しくなる。通常の土日だと、日曜日の午後(15時以降)がピーク。20時頃まで続く。

月曜日が祝日の三連休では月曜日の午後から夕方・夜がピークになる。

三連休では初日と最終日は100%必ず普通車指定席が満席になる。

発車直前に切符を購入しようとしても、空席がゼロ。自由席も乗車率が100%超になって立ち客が出るほどになる。

参考:東海道新幹線の乗車駅ごとの自由席の座れる確率! 混雑状況を調査

山陽新幹線の朝夜に数本だけ運転されるひかり号も同じ傾向がだ、東海道新幹線のひかり号よりは空いている。

午前中の上り・午後の下りも空いてはいない

午前中の上りのひかり号

ひかり号でも逆方向は比較的空いている。

土日の午前中の上り列車、夕方・夜の下り列車は普通車指定席で満席になることは少ない。

東京駅を15~18時に出発する便でも、空席情報を表示している電光掲示板に「×」が付くことは少ない。

ただし、窓側の座席はすべて埋まるレベルには達する。

空席が残っているのは通路側の座席の一部に限られる。

山陽新幹線の朝夜に数本だけ運転されるひかり号も同じ傾向。

ただし、近距離利用者が多い自由席は同じく混雑する。同じ普通車でも指定席と自由席では混雑差がある。

平日の混み具合

<下り:東京駅、上り:静岡駅の時点での混み具合>
時間帯 下り 上り
始発-8:00 ★★★★ ★★★
8:00-10:00 ★★★ ★★★★
10:00-12:00 ★★★ ★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★ ★★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★★
20:00以降 ★★★ ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

平日のひかり号の指定席の場合、土日の混雑の仕方とは傾向が違う。

朝の時間帯は新大阪方面の下り列車、夕方・夜は東京方面の上り列車が混雑する点では同じだが、朝夕に極端に集中する。

始発から9時頃までに集中している。夕方も17~20時に集中。日中は旅行客が少ないこともあって、満席になることは休日より圧倒的に少ない。

朝夕の時間帯で満席になりやすいのは、出張などで新幹線に乗るビジネスマンが中心であるため。

昼間は逆に空いている。日中は行楽客が主要な層になるものの、そもそも平日は絶対値が少ない。

そんな利用事情から、ひかり号の指定席では窓側の座席のみが埋まる程度のことが多い。

朝と夕方に混雑しやすい

平日の空席情報

ひかり号の平日の混み具合の目安

  • 上り:17時前後の夕方の上り列車が混雑
  • 下り:9時まで朝の下り列車が混雑

早朝では始発から早速下りの新大阪方面へ向かうひかり号が満席になりやすい。

朝と夕方・夜に出発直前に指定席を取ろうとしても、満席のため次の列車まで待たなければならなくなるケースが少なくない。

同じ平日でも、金曜日の下り列車は乗客が多くなる傾向にある。火・水・木は1日を通して混雑はそれほど激しくはない。

なお、自由席は新幹線で毎日通勤している人も利用するため満席になりやすい。

首都圏だと新横浜・小田原・熱海・三島辺りから都心の職場に通う通勤客が乗る。

指定席に関しては新幹線定期券の対象外のため、通勤客は乗らないため満席に発展することは少ない。

おすすめ記事