【新幹線】ひかりの混雑状況はどんな感じ!? のぞみより空いている!

東海道山陽新幹線の「ひかり」号の混雑について、空席はどれくらい多いのか。準速達列車として、停車駅はのぞみよりやや多いが、それが乗車率にどの程度影響しているのか。




朝は下りと夕方は上りの「のぞみ」の混雑が激しい。自由席は満席になるのは確実で、指定席でさえ開いているところが少ない。山側も海側も窓側の座席はすべて埋まっていることが多い。

ひかりの場合は、のぞみと比べると空席が多い傾向にある。自由席の数ものぞみ号よりも2両分多い。16両編成中、のぞみは1~3号車だけが自由席となっているが、ひかりは1~5号車までが自由席に設定されている。

のぞみの自由席

指定席も窓側であっても空席があることが多い。年末年始・GW・お盆のような超繫忙期を除いては空席に余裕があるケースがほとんどである。

時間帯別の混雑のレベル

東京駅・新大阪駅を発車する時点のひかり号の自由席の混雑度は上のような形になる。

ひかりの自由席は1~5号車までのため、のぞみ号と比べるとすぐに満席になるわけではない。

速達型ののぞみ号は本数こそは多いものの、普通車のほとんどは指定席。自由席は1~3号車しかなく、ひかりの方が2両分多い。

土日祝(休日)

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-7:00 2 14:00-16:00 4
7:00-8:00 3 16:00-17:00 5
8:00-9:00 5 17:00-18:00 5
9:00-10:00 5 18:00-19:00 4
11:00-12:00 4 19:00-20:00 3
12:00-14:00 3 20:00-21:00 2

中でも以下の日時で混雑が激化する。

  • 土曜日の午前中
  • 日曜日の午後(月曜が祝日の三連休を除く)
  • 連休初日の午前中、連休最終日の午後

休日は1日を通して平日に比べて混雑しやすい。午前中は8時頃から混雑がスタートし、12時頃まではそれが続く。新横浜駅を発着するひかり号では、午前9時頃がピークになる。

午後になると14時頃から夕方の新幹線の混雑が始まる。19時頃までは満席になりやすい状態になりやすい。

のぞみ号が満席だと、その次に速達性の高いひかり号に乗客が流れてくる。自由席を中心に満席になり、指定席も空席の数が少なくなることもよくある。

午前・午後ともにひかり号でも三連休以上の休みでは自由席・指定席ともに満席になる。

平日

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-7:00 1 14:00-16:00 3
7:00-8:00 3 16:00-17:00 4
8:00-9:00 5 17:00-18:00 5
9:00-10:00 4 18:00-19:00 4
11:00-12:00 3 19:00-20:00 2
12:00-14:00 2 20:00-21:00 1

平日の新幹線の乗車率のピークは朝の8~9時と夕方の17~18時頃に迎える。在来線の通勤ラッシュと比べると朝は遅く、夕方の帰宅時間帯は早い傾向が見られる。

新幹線通勤の一部の利用者もひかり号に乗る人もいるが、ほとんどはこだま号を利用する。中距離向けの種別という性質から、早朝や夜は利用者が少ない。

自由席のみならず、指定席も同じ混み具合になる。同じくのぞみ号に比べても空いている。

日中の時間帯についても、平日は移動に使う人はあまりいないため、土日と比べて大幅に空いている。友達同士や家族連れのように複数人で移動する乗客は少ないことも影響している。

駅ごとの自由席に座れる確率

ひかり号の駅ごとの自由席に座れる確率を上り・下りそれぞれで見てみよう。

のぞみ号やこだま号と違って停車駅が統一されていない。

したがって、実際の混み具合は各便によって違いがみられる。自由席で座れる確率もバラバラになる。

それでも全体的な傾向はみられる。新横浜駅発着の列車がピークを迎える。

下り列車(博多方面行)

<下りのぞみ号の自由席の混み具合>
乗車駅 混み具合
東京 ★★
品川 ★★★
新横浜 ★★★★
三島 ★★★★
静岡 ★★★
浜松 ★★★
名古屋 ★★
京都 ★★
新大阪 ★★
新神戸
姫路

品川→静岡間がひかり号の乗車率がピークを迎える区間である。

新横浜→名古屋がノンストップのひかり号では、名古屋駅までが混雑しやすい区間に当たる。

名古屋以西は、ひかり号は各駅停車になる便とのぞみ号と同様に途中の2駅を通過するタイプがあるが、各駅停車型は完全に空いている。

名古屋→京都がノンストップの便は若干乗車率が高くなりやすいものの、それでものぞみ号よりは空いていると考えてよい。

上り列車(東京方面行)

<上りのぞみ号の自由席の混み具合>
乗車駅 混み具合
岡山
新神戸 ★★
新大阪 ★★
京都 ★★★
名古屋 ★★★★
浜松 ★★★
静岡 ★★★★
三島 ★★★★★
新横浜 ★★★

上りの東京行ののぞみ号の自由席の混み具合では、名古屋→東京の混み具合が他の部分よりも激しいことが多い。

岡山→新大阪の山陽新幹線内は空いていて、新大阪→名古屋までなら比較的空席を見つけやすい。

東海道新幹線の中でも乗客が最も多い部分に当たる東名間がひかり号のピーク区間でもある。

なぜ「ひかり」は空いているのか?

なぜひかり号には空席がある可能性が高いのか。停車駅は極力少ないのに、どうしてのぞみ号と大きな差がみられるのか。

ひかりの停車駅は各列車によって異なる。東海道新幹線の場合、静岡駅と浜松駅に止まる列車もあれば、岐阜羽島駅・米原駅に停車する列車もある。さらに、一部は小田原駅や豊橋駅にも停車する。

のぞみは止まらないがそれなりの規模が大きな駅を乗り降りする人が乗る新幹線の存在が「ひかり」と考えている人が多い。

しかし、新幹線の乗客全体を見ると圧倒的に東京~名古屋~新大阪を移動する人が大多数である。静岡駅などの中規模の駅を乗り降りする人は決して少なくはない。しかし、それ以上にのぞみの止まる駅を乗り降りする人が多い。

所要時間が早い列車に乗りたいという思いは誰にでもあるだろう。そこで、どうしても多くの乗客が一番速い「のぞみ」に乗りたがる。その結果、のぞみの座席は真っ先に満席になり、その時点でひかりには空席があるという状態になる。

ひかりも満席になる時とは?

しかし、時期によってはいつもは空いているひかり号でさえ満席になることがある。自由席はもちろんのこと、指定席までもが満席に近い状態になるケースも存在する。

想像できるのは年末年始・GW・お盆のような大型連休だろう。しかし、それ以外にも一時的ではあるが空席がないことはある。

月曜日が祝日となる3連休の場合、朝と夕方に関してはひかり号でも自由席・指定席が満席になる可能性が高い。

仮に座席に空席があるとしても、B席しか空いていないというような感じになる。普段はかなりの確率で空いているC席とD席でさえもすべて埋まっていることも、ちょっとした行楽シーズンになるとあり得る。

当然ながら、こうした時期には間違いなく「のぞみ」には空席はないと考えてよい。のぞみが満席になり、その次にひかりが満席になるという順番になる。

おすすめ記事