名古屋駅から「ひかり」の自由席に座れる確率はどれくらい!?

名古屋駅

東海道新幹線のひかり号の自由席にて名古屋駅からの乗車で座れる確率について調査。

のぞみ号と比べると空席が残っている可能性が高いものの、それでも所詮は途中駅。繁忙期となれば確実に満席になって座れない。

参照:名古屋駅から「のぞみ」の自由席に座れる確率はどれくらい!?

通常の土日祝でも、夕方の時間帯ではひかり号でさえ自由席が満席に近い状態になっていることが結構ある。


土日祝の時間帯ごとの自由席の混雑度

<休日:名古屋駅到着ひかり号の自由席>
時間帯 下り(新大阪方面) 上り(東京方面)
始発-8:00
8:00-10:00 ★★★ ★★★★
10:00-12:00 ★★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★★ ★★
14:00-16:00 ★★ ★★★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★★
20:00以降 ★★ ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

>>【新幹線】ひかり号の自由席の混雑状況を時間帯ごとに調査

東海道新幹線のひかり号の時間帯ごとの乗車率は平日か土日祝かで異なる。

全体的に土日祝の方が圧倒的に自由席の乗車率が高い。行楽客が多く曜日のため、自由席にも家族連れなどが殺到して混み合う。

新幹線のすべての路線にて、朝から午前中にかけて(8~11時)と夕方から夜にかけて(16-19時)は乗客数が多くなる。

ひかり号は1~5号車が自由席に設定されている。のぞみ号は1~3号車と少ないが、これよりは2両分多い。

そのため、のぞみ号よりは座れる確率が高いのは確か。名古屋駅からでも座れる時間帯は確かに多い。

参考|路線/乗車駅ごとの自由席の混雑状況

※名古屋駅へ乗り入れるひかり号は基本的に東京~新大阪または東京~岡山の区間運転の列車に限られる。

上り列車(東京方面)

土日祝の名古屋駅時点の自由席

ひかり号は基本的に新大阪駅または岡山駅始発。

手前の京都駅などでも乗客が乗ってくるが、名古屋駅で降りていく人は少ない。

上り列車は新大阪駅と京都駅にて満席になると、その次の名古屋駅では確実に100%空席ゼロになる。

午前中の9時前後、夕方から夜にかけての14~20時は混雑しやすい。

最も満席になる可能性が高いのは16~18時の列車。首都圏へ帰る人達で混み合う。

日曜日や祝日の月曜日になると、特に混み合ってのぞみ号とひかり号で満席でデッキに人が溢れるレベルになる。

それ以外の時間帯では、上りのひかり号でも自由席に空席が残っていることが多い。

下り列車(新大阪方面)

下りのひかり号

ひかり号の下り列車は、新大阪行と岡山行が基本。

上りとは逆に、名古屋駅では降りていく人の方が乗ってくる人よりも多い。

新横浜駅、静岡駅、浜松駅などにて満席になったとしても、名古屋駅では空席が出始める光景もよく見られる。

したがって、自由席でも座れる可能性が結構高い。

だたし、土日祝のうちの連休初日になる土曜日の午前中(10~12時)では、ひかり号の下り列車でさえも満席になることはある。

窓側の座席のみならず、通路側の座席も完全に埋まっている状態になりやすい。

それ以外の時間帯では、ひかり号の下りの自由席はガラガラに近い。

平日の時間帯ごとの自由席の混雑度

<平日:名古屋駅到着ひかり号の自由席>
時間帯 下り(新大阪方面) 上り(東京方面)
始発-8:00 ★★ ★★
8:00-10:00 ★★ ★★★
10:00-12:00 ★★★
12:00-14:00 ★★
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★ ★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★
20:00以降 ★★ ★★★

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

>>【新幹線】ひかり号の自由席の混雑状況を時間帯ごとに調査

平日に当たる月曜日から金曜日までの東海道新幹線のひかり号の時間帯ごとの乗車率は低い。

日中は基本的にガラガラに近い。朝夕でも窓側の座席のすべては埋まるが、通路側の座席は余裕が見られる。

通常期なら、平日で満席になることはまずない。(金曜日の夜を除く)

朝夕でも通路側は空席あり

平日のひかり号の自由席

自由席でも家族連れはかなり少ない。出張などの仕事で利用するビジネス客もそう多くはない。

職場で普通車指定席を取ることが認められているケースが多いため、あえて自由席を選ぶ人が少ない性質も影響している。

それでも朝夕だと通路側の座席もある程度は埋まるほどにはなる。しかし、土日祝よりは圧倒的に空いている。

同じように、ひかり号は1~5号車が自由席に設定されている。のぞみ号は1~3号車と少ないが、それよりも多いため平日は満席にはなりにくい。

そのため、のぞみ号よりは座れる確率が高いのは確か。名古屋駅からでも座れる時間帯は確かに多い。

ただし、金曜日の18時以降の夜の時間帯では週末に向けて行楽客が殺到しやすいため、ひかり号の上り・下りともに満席になることはよくある。

おすすめ記事