新幹線の最高速度を地図化! 路線と区間ごとにすると!?

日本の新幹線はとてもスピードが速いというイメージを持っている人は多いだろう。特に「新幹線=300km/h以上は出す」と思っている人は少なくない。

しかし、実際に時速300キロメートルも出せるところはそう多くはない。ほとんどの区間は残念ながら時速200キロ台に留まっている。




新幹線の最高速度を地図化

新幹線の最高速度を路線と区間ごと地図上に表すと、以下のようにな感じになる。

新幹線の最高速度の地図

300km/h以上の高速運転が実現できているところはそう多くはない。

中には最高速度が130km/hと在来線の特急並みのスピードしか出せないところもある。ミニ新幹線と呼ばれる山形新幹線と秋田新幹線だけではない。

東北・上越・北陸新幹線の東京~大宮間も最高速度130km/h(2020年頃以降)に抑えられている。現行では110km/hしか出せない。

在来線の普通列車並みの低速走行となっているのがわかる。新幹線=300km/hというイメージは行き過ぎといえるだろう。




路線と区間ごとの最高速度

路線 最高速度
北海道新幹線 260km/h(新函館北斗~新青森)

140km/h(青函トンネル内)

東北新幹線 275km/h(大宮~宇都宮)

320km/h(宇都宮~盛岡)

上越新幹線 240km/h(大宮~新潟)
北陸新幹線 260km/h(高崎~金沢)

240km/h(大宮~高崎)

東北・上越・北陸共用区間 130km/h(東京~大宮)

(2020年以降予定)

東海道新幹線 285km/h(東京~新大阪)
山陽新幹線 300km/h(姫路~博多)

285km/h(新大阪~姫路)

九州新幹線 260km/h(博多~鹿児島中央)
※秋田新幹線・山形新幹線の在来線区間は130km/h (在来線特急扱い)

整備新幹線は260km/h

整備新幹線の最高速度260km/h

整備新幹線という扱いになっているところはすべて260km/hが最高速度となっている。

具体的には次の路線と区間がこれに該当する。

  • 北海道新幹線(全線)
  • 東北新幹線(盛岡~新青森)
  • 北陸新幹線(高崎~金沢)
  • 九州新幹線(全線)

これらの部分では、線形や車両の性能を考えると260km/hを超えてスピードを出せるものの、法律上で260km/hと決められていることから、JR側が勝手に高速化することができない。

九州新幹線で300km/h運転はやらない!? なぜ遅いままに?

【北陸新幹線】なぜ遅いのか!? 最高速度が260km/hに留まる理由

東北新幹線、なぜ盛岡以北では260km/hまでの運転と遅いのか!?

ミニ新幹線は130km/h

ミニ新幹線の最高速度

秋田新幹線と山形新幹線は「ミニ新幹線」と呼ばれるように、フル規格の新幹線ではない。あくまでも東北新幹線の区間のみ新幹線という扱いになる。

単独区間は在来線という扱いになっている。そのため、最高速度は130km/hに抑えられている。秋田新幹線は田沢湖線・奥羽本線、山形新幹線は奥羽本線を通る。

なお、運賃の料金体系はこれらの在来線の区間では特急列車と同じ扱いになる。首都圏だと、特急あずさ号やひたち号と同じ料金になる。

山形新幹線の最高速度は130km/h! なぜこんなに遅いのか?

新幹線の特急券の料金はなぜ高い!? 乗車券の2倍になる理由とは?