<手順>新幹線のWi-Fiの登録方法、路線別に解説

新幹線の無料Wi-Fiの登録方法は基本的にメールアドレスを入力することで利用できる。

ログインまでの実際の手順は各路線ごとに異なる。

所要時間は長くても約2分程度。それほど面倒なものではない。


路線別の新幹線のWi-Fiの登録方法

新幹線の路線 Wi-Fi登録方法
東海道新幹線
山陽新幹線
九州新幹線
①SSID「Shinkansen_Free_Wi-Fi」を選択
②「インターネットへ接続」のボタンを押す
③登録方法(全5種類)のいずれかを選択(推奨:メールアドレス)
④メールアドレスを入力
⑤完了…利用可能に
東北新幹線
北海道新幹線
上越新幹線
山形新幹線
秋田新幹線
①SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」を選択
②メールアドレスを入力
③完了…利用可能に
北陸新幹線 車両によって異なる(E7系かW7系かで)
E7系の場合:SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」のため、上記と同じ
W7系の場合:
①SSID「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」
②メールアドレスを入力
③完了…利用可能に

Wi-Fiの利用可否について

※各路線および車両によってWi-Fiの有無が異なる。古い型式の車両ではそもそも設置されていないことも。

注意点と補足

利用の際の注意点

東海道・山陽・九州新幹線はいずれも車両に関係なくWi-Fiへの接続方法は同じ。どれもSSIDは「Shinkansen_Free_Wi-Fi」。

東北・山形・秋田新幹線、北海道新幹線、上越新幹線はいずれも車両に関係なくWi-Fiへの接続方法は同じ。いずれもSSIDは「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」。

北陸新幹線は車両によって異なる。JR東日本所属のE7系はSSIDが「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」。東北・上越新幹線と同じ。

JR西日本所属のW7系はSSIDが「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」。ここに注意が必要。

東海道・山陽・九州新幹線

Wi-Fi接続の手順

  1. SSID「Shinkansen_Free_Wi-Fi」を選択
  2. 「インターネットへ接続」のボタンを押す
  3. 登録方法(全4種類)のいずれかを選択(推奨:メールアドレス)
  4. メールアドレスを入力
  5. 完了…利用可能に

※N700系、700系、500系いずれも同じ。

※のぞみ、ひかり、こだま、みずほ、さくらの列車種別による違いはない。

Shinkansen_Free_Wi-Fiへ登録方法

Android、iPhoneのいずれもWi-Fiの設置画面より、SSID「Shinkansen_Free_Wi-Fi」を選択。

ログイン画面が出てくる。下へスクロールすると、「インターネットに接続する」というオレンジ色のボタンが表示される。

この「インターネットに接続する」を押す。

次にWi-Fiの登録方法を選択する画面が表示される。

  • メールアドレスで登録
  • Twitterで登録
  • Facebookで登録
  • Googleアカウントで登録
  • Yahoo! JAPAN IDで登録

上記のいずれかの方法がある。迷ったら「メールアドレスで登録する」をおすすめする。

「メールアドレスで登録する」を押した場合、次にこのような画面が表示される。

メールアドレスにて「aaa@example.ne.jp」などのメールアドレスを入力。

入力が終わったら「確認」ボタンを押す。

これにて東海道・山陽・九州新幹線にてShinkansen_Free_Wi-Fiが利用可能になる。

東北・北海道・山形・秋田・上越新幹線

Wi-Fi接続の手順

  1. SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」を選択
  2. メールアドレスを入力
  3. 完了…利用可能に

※E5系・H5系、E6系、E3系、E7系いずれも同じ。

※はやぶさ・やまびこ・なすの・とき・たにがわ・つばさ・こまちの列車種別による違いはない。

JR-EAST_FREE_Wi-Fiへ登録方法

Android、iPhoneのいずれもWi-Fiの設置画面より、SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」を選択。

しばらくすると「ログイン」という文字が表示されるため、ここを押す。

次に上記画像の右側の画面が表示される。

「メールアドレスで利用登録」の欄に「aaa@example.ne.jp」など自身のメールアドレスを入力。

入力が終わったら「仮登録」ボタンを押す。

これにて東北・北海道・山形・秋田・上越新幹線にてJR-EAST_FREE_Wi-Fiが利用可能になる。

北陸新幹線

北陸新幹線の場合はちょっと特殊。車両によってSSIDが違うため。

北陸新幹線ではE7系とW7系という2つの車両が走る。

車両ごとのWi-FiのSSID

E7系:SSID「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」を選択
W7系:SSID「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択

※どちらか一方しか表示されない。

E7系の場合

上記の東北・北海道・山形・秋田・上越新幹線と同じ。

W7系の場合

Wi-Fi接続の手順

  1. SSID「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択
  2. メールアドレスを入力
  3. 完了…利用可能に
北陸新幹線W7系のWi-Fi登録方法

北陸新幹線(W7系の場合)

Android、iPhoneのいずれもWi-Fiの設置画面より、SSID「JR-WEST_FREE_Wi-Fi」を選択。

登録方法はメールアドレス以外にも、以下がある。

  • メールアドレスで登録
  • Twitterで登録
  • Facebookで登録
  • Googleアカウントで登録

※「JR-EAST_FREE_Wi-Fi」はメールアドレスのみ。

どれがいいかわからないなど、もし迷った場合はメールアドレスで登録することを推奨。最も簡単な手段。

「お客様のメールアドレスを入力してください。」と表示された画面が出たら、「aaa@example.ne.jp」など自身のメールアドレスを入力。

入力が終わったら「送信」ボタンを押す。

ここでWi-Fiが利用可能になる。


広告

参考資料

JR西日本『【訪日外国人向け】駅における無料公衆無線LANサービス認証方式変更について

JR東海『公衆無線LANサービスのご案内

JR東日本『JR-EAST FREE Wi-Fi How to Use』(英語:PDF版)