【休日編】のぞみ自由席の土日祝の混雑状況! 時間帯ごとに調査

休日ののぞみの自由席の空席状況

東海道・山陽新幹線の自由席のうちのぞみ号の休日の混雑状況について調査してみた。土日祝日の時間帯別だといつ頃の列車が満席となって空席ゼロになるのか。

上り・下りではそれぞれどっちが混雑しやすいのか。平日とは違って土日は多くの人が休みになる。行楽客が多くてビジネス客が少ないのが特徴である。

【平日編】のぞみの自由席の混雑のレベル! 満席になる時間帯とは?

一方で、指定席には空席があっても自由席だと完全に満席になるという光景も見られる。

自由席が空いていないからやむを得ず値段が高い指定席を選ぶというケースも少なくない。




下りの自由席が混雑する時間帯

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-7:00 1 14:00-16:00 3
7:00-8:00 3 16:00-17:00 4
8:00-9:00 5 17:00-18:00 4
9:00-10:00 5 18:00-19:00 3
11:00-12:00 4 19:00-20:00 2
12:00-14:00 3 20:00-21:00 2

下りのピークは午前中いっぱいとなる。特に8~10時頃にのぞみの停車駅から乗車すると満席になっている可能性が非常に大きい。

東京駅が始発駅だが、ここからすでに混雑する。自由席は列車到着待ちの列に並ばないと座れない可能性も高い。

品川駅や新横浜駅から乗るとほぼ確実に座れない。立っている人もよく見かける。指定席ですら満席になっていることもよくある。

新大阪駅の場合は博多・広島行なら途中駅となるが、まとまった数の乗客が降りていく。新大阪駅から乗ると座れることがあるが、それでも8時台、9時台は満席になりやすい。

通勤列車とは違って朝は下り方面が混雑するのが新幹線の特徴でもある。

上りの自由席が混雑する時間帯

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-7:00 1 14:00-16:00 4
7:00-8:00 3 16:00-17:00 5
8:00-9:00 4 17:00-18:00 5
9:00-10:00 4 18:00-19:00 4
11:00-12:00 3 19:00-20:00 3
12:00-14:00 3 20:00-21:00 2

上りの混雑のピークは午後から夕方にかけての時間帯である。午前中は上りよりも下り方面へ向かう人が多いが、午後になると形勢は反転する。

ピークは16~18時頃の列車である。土日祝日ものぞみ号は長距離を移動する人が利用する種別ということで、混雑は比較的早い時間帯に訪れる。

14時以降は全般的に上り列車は混雑する。ただ、ひかり・こだまよりも停車駅が大幅に少ないのぞみ号は長い距離を移動する人が殺到。このため、混雑は早い時間帯から始まる。

ひかり・こだまよりも混雑するのぞみ号東京行

博多駅始発は博多駅で座席の大部分が埋まる。残りは小倉駅で座れられて満席になる。

広島駅始発は広島と岡山辺りで満席になる。新神戸駅から乗るとほぼ座れない確率が高い。新大阪駅までは座れないと考えてよい。

新大阪駅始発は完全に新大阪の時点で満席になる。夕方は次の京都駅から乗ると空席ゼロになっている。名古屋駅で降りる人を狙うしかない。

家族単位だと座席確保がさらに難しい

休日となる土日祝日は家族単位や友達同士で新幹線に乗る人が多い。つまり、2人以上のまとまった人数で乗車する例が多いというわけである。

隣同士で座るとなると、途中駅から新幹線に乗る場合は座席確保がかなり難しい。始発駅の時点で窓側の座席は完全に埋まるからだ。

  • 平日:ビジネス客が中心=1人で移動
  • 休日:行楽客が中心=2人以上で移動

平日で仕事の出張などで新幹線に乗るのであれば、通路側でも特に問題はない。しかし、親しい人と移動するとなるとそうするのはハードルが高い。

途中駅だと通路側と3人掛けの真ん中の座席がポツンと空いている光景になる。B席、C席、D席のいずれかだ。

これにより、仲間同士で隣り合って座ることができない。空席があっても1人分しかなく、隣会った連続での空席がない。

指定席も混雑する土日祝日ののぞみ号

もし家族や友達といっしょに新幹線に乗る予定があるのであれば、少なくとも休日は指定席を前もって予約することを強くおすすめする。

これは混雑のピークを迎える朝夕だけでなく、全時間帯に当てはまる共通点である。

日中の昼間であっても土日祝日は全般的に混み合っている。遠くへ出かける人が多い休日ということに加えて、1人で移動する人は少ないこともあり、自由席の席取りは難しい。

特に東海道・山陽新幹線ののぞみ号は1~3号車の3両分しか自由席が設けられていないのも席取りの難易度が高い理由でもある。

駅ごとの自由席の座れる確率

乗車駅ごとののぞみ号の自由席の混み具合

休日の東海道山陽新幹線のぞみ号の自由席に座れる確率を主な駅ごとにすると、以下のようになる。

平日と同じように、下り列車は基本的に東京駅から乗らないと自由席は満席で座れない確率が高い。次の品川駅では座れるか座れないかギリギリのラインになる。

上り列車も博多駅、広島駅、新大阪駅以外から乗ろうとすると座れない確率がかなり上がる。

途中駅からの乗車では、複数人で隣同士で自由席に座るのは無理かもしれない。

1~3号車しか自由席が設定されていないため、他の種別では空いていてものぞみ号だけは難易度が高いことを忘れてはいけない。

下り列車(博多方面行)

<下りのぞみ号の自由席の混み具合>
乗車駅 博多行 広島行 新大阪行
東京 ★★★ ★★★ ★★
品川 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
新横浜 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
名古屋 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
京都 ★★★★ ★★★★ ★★
新大阪 ★★★★ ★★★★
新神戸 ★★★★★ ★★★★★
岡山 ★★★★ ★★
福山 ★★★★
広島 ★★★★
新山口・徳山 ★★★
小倉 ★★

東海道新幹線の区間内では、山陽新幹線へ直通する列車は基本的に途中駅からでは座れないと考えてよい。

土日祝は家族や友人と行動する人がほとんどのため、隣同士で自由席に座れるのは東京駅くらいに限られる。途中駅からでは難しい。

東海道新幹線の区間内では、のぞみ号でも空席があるのは新大阪駅止まりの列車くらいに限られる。広島行・博多行はいずれも立ち客が出ることも多い。

新横浜駅や名古屋駅からは、行き先を問わず座れない確率が高いことには変わりないが、山陽新幹線直通列車は特に難易度が高い。

新大阪駅では大量の乗客が降りていく。ここでいったん自由席の混雑が解消されるものの、乗車客もかなり多い。次の新神戸駅から座れる確率はほぼ絶望的だ。

山陽新幹線の区間内の岡山駅から先にかけては、基本的には降りていく一方になる。ここから混雑がさらに激しくなることはあまりない。

上り列車(東京方面行)

<上りのぞみ号の自由席の混み具合>
乗車駅 博多始発 広島始発 新大阪始発
博多 ★★
小倉 ★★★
新山口・徳山 ★★★★
広島 ★★★★ ★★
福山 ★★★★★ ★★★
岡山 ★★★★★ ★★★★
新神戸 ★★★★★ ★★★★
新大阪 ★★★★ ★★★ ★★
京都 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
名古屋 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★
新横浜 ★★★ ★★

上りの東京行ののぞみ号の自由席の混み具合では、始発駅による違いが大きい。休日は同じく複数人で行動する人が多いため、席取りの難易度はかなり高い。

山陽新幹線の区間内の場合、博多駅始発の便だと博多駅の時点で満席に近い状態になり、次の小倉駅でも大量の乗客が乗ってくるため、ここですでに乗車率がかなり高くなる。

新山口駅や広島駅の時点では空席を探すのは難しい。

広島駅始発は広島駅から乗れば自由席に座れるものの、福山駅や岡山駅からの乗車だと厳しい。通路側の座席さえ埋まっている。

新神戸駅はどの便も座れない確率がかなり大きい。100%満席の可能性が高い乗車駅である。

新大阪駅は大量の乗客が降りていくが、複数人で並んで自由席に座れるほどのレベルではない。バラバラに座るしかないかもしれない。

東海道新幹線の区間内に入っても緩和されるとは言い難い。京都駅・名古屋駅の時点では複数人で乗ることは不可能。

他の新幹線の路線・種別ごとの自由席

路線 種別
東海道山陽新幹線 のぞみ休日平日
ひかり
こだま
みずほ・さくら
九州新幹線 みずほ・さくら
つばめ
東北新幹線 やまびこつばさ
なすの
上越新幹線 とき
たにがわ
北陸新幹線 はくたか
あさま
つるぎ

参照:【路線別】新幹線の自由席に座れない確率を時間帯・曜日ごとに調査

おすすめ記事