新神戸駅から新幹線の自由席に座れる確率を調査!

新神戸駅

山陽新幹線の新神戸駅からの乗車で自由席に座れる確率を列車種別と時間帯ごとに調査してみた。のぞみ・みずほ・さくら・ひかり・こだまでは、それぞれどのくらい空席があるのか。

東京・新大阪方面の上り、博多・鹿児島中央方面の下りの両方から見てみよう。

山陽新幹線の列車でも新神戸駅は完全に途中駅ということで、自由席だと座れないこともある。大型連休や三連休となると、すでに満席で座れないことは多い。通常の土日でも難易度は決して低くはない。


土日祝の新神戸駅の時点での混雑

参考|路線/乗車駅ごとの自由席の混雑状況

上り列車(新大阪・東京方面)と下り列車(博多・鹿児島中央方面)では混み具合の傾向に大きな差がある。

山陽新幹線側の上下線ともに、東海道新幹線直通列車はのぞみ号を中心に混雑している。

速達列車で狙う目になるのは新大阪駅発着のみずほ号とさくら号だろう。

各「★」印の意味は次の通り。

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

最も大きい★5つの場合、自由席はほぼ満席になることを意味する。空席があっても3人掛けの真ん中(B席)のみしか空いていない状態を指す。

あくまでも傾向で実際に乗るまではわからないが、1つの目安になるだろう。

上り(新大阪・東京方面行)

土日祝の上りの自由席

「東海道新幹線直通列車」とは、東京~新大阪の区間に乗り入れる列車。全列車16両編成で運転。

新大阪駅発着便は原則8両編成で運転。

新神戸駅の時点だと、それぞれで混み具合は性質的に異なる。

東海道新幹線直通列車

<上り(新大阪・東京方面):休日ダイヤで運転される土日祝>
時間帯 のぞみ ひかり
始発-8:00 ★★★ ★★
8:00-10:00 ★★★★ ★★
10:00-12:00 ★★★★★
12:00-14:00 ★★★★★
14:00-16:00 ★★★ ★★
16:00-18:00 ★★★★★ ★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★
20:00以降 ★★★ ★★
(各列車の混雑) >>のぞみ号 >>ひかり号

東京方面へ向かうのぞみ号は日中以降の列車では自由席が満席で座れない可能性が高い。

ひかり号は基本的に岡山駅始発のため、ほぼ確実に座れる。

新大阪行

<上り(新大阪方面):休日ダイヤで運転される土日祝>
時間帯 みずほ さくら こだま
始発-8:00
8:00-10:00 ★★ ★★
10:00-12:00 ★★★ ★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★ ★★
18:00-20:00 ★★★ ★★
20:00以降 ★★★ ★★ ★★
(各列車の混雑) >>みずほ号 >>さくら号 >>こだま号

みずほ号・さくら号は、新神戸駅は降りていく一方の駅。

自由席でもここから乗る人はあまりない。したがって、座れる可能性がかなり高い。

下り(博多・鹿児島中央方面行)

下り列車の自由席

東海道新幹線からの直通列車

<下り(博多・鹿児島中央方面):休日ダイヤで運転される土日祝>
時間帯 のぞみ ひかり
始発-8:00 ★★★ ★★
8:00-10:00 ★★★★★ ★★
10:00-12:00 ★★★★★
12:00-14:00 ★★★★
14:00-16:00 ★★★★
16:00-18:00 ★★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★
20:00以降 ★★★ ★★★
(各列車の混雑) >>のぞみ号 >>ひかり号

※朝のひかり号は新大阪駅始発。

のぞみ号でも朝の名古屋駅始発なら座れる可能性が高い。

その後の東京駅始発は座れない可能性が高い。広島行・博多行ともに東海道新幹線内からの乗客が多く、自由席が満席になりやすい。

新大阪始発

<下り(博多・鹿児島中央方面):休日ダイヤで運転される土日祝>
時間帯 みずほ さくら こだま
始発-8:00 ★★★ ★★
8:00-10:00 ★★★★★ ★★★★ ★★
10:00-12:00 ★★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★★
14:00-16:00 ★★★ ★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★★ ★★
20:00以降 ★★★ ★★★ ★★
(各列車の混雑) >>みずほ号 >>さくら号 >>こだま号

みずほ号は新大阪駅から乗る人が大量にいるため、その1駅次の新神戸駅では通路側の座席しか空いていないことがほとんど。

さくら号はまだ空いているものの、午前中のピークである9時くらいになると窓側の座席は完全に埋まる。デッキに立っている人もよく見かける。

のぞみ号が混雑していることから、自由席ユーザーはみずほ号・さくら号に殺到しやすい。

夕方もまた、のぞみ号の混雑の影響でこれらの種別に乗客が流れて、新神戸駅の時点ですでに乗車率が高い。

平日の新神戸駅の時点での混雑

平日の自由席

平日は休日に比べると混雑は緩やか。自由席でも座れる可能性がかなり大きい。

のぞみ号に関しても、100%完全に満席になることは少ない。

通路側の座席なら空いているところを探せるレベルに収まることがほとんど。

各段階ごとの混雑率の目安
:ほぼ確実に満席
★★★★:通路側の座席の一部なら空いている
★★★:窓側の座席は完全に満席
★★:窓側の座席の一部なら空いている
★:ガラガラ

同じく★が大きいほど混雑度が大きくて座れない可能性が上がる。

上り(新大阪・東京方面行)

平日なら、東海道新幹線直通列車であっても自由席に空席が残っていることが多い。

座れなかったとしても、次の新大阪駅で大量に降りていくため、ここで確実に座れるはず。

東海道新幹線直通列車

<上り(新大阪・東京方面):平日ダイヤ>
時間帯 のぞみ ひかり
始発-8:00 ★★ ★★★
8:00-10:00 ★★★ ★★
10:00-12:00 ★★★★
12:00-14:00 ★★★★
14:00-16:00 ★★
16:00-18:00 ★★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★
20:00以降 ★★★ ★★

のぞみ号は1駅手間が始発駅だが、やはり全線を総合的に考えると最も乗車率が高い列車。広島駅・岡山駅・新神戸駅・新大阪駅などで降りる人はのぞみ号に集中する。

京都駅・名古屋駅・新横浜駅・品川駅・東京駅まで行く人は100%確実にのぞみ号を選ぶ。

新大阪行

<上り(新大阪方面):平日ダイヤ>
時間帯 みずほ さくら こだま
始発-8:00 ★★
8:00-10:00 ★★ ★★
10:00-12:00 ★★★ ★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★ ★★
18:00-20:00 ★★★ ★★
20:00以降 ★★ ★★

下り(博多・鹿児島中央方面行)

平日の場合、博多駅終点の列車を中心に全列車で自由席に空席が残ることが多い。

九州新幹線直通列車でも、小倉駅にてある程度の乗客が降りていくことで、自由席でも満席で座れないことは基本的にはない。

最速のみずほ号でも自由席の通路側の座席なら空いていることがほとんど。(窓側の座席は満席が多い)

東海道新幹線からの直通列車

<下り(博多・鹿児島中央方面):平日ダイヤ>
時間帯 のぞみ ひかり
始発-8:00 ★★★ ★★
8:00-10:00 ★★★★ ★★
10:00-12:00 ★★★★
12:00-14:00 ★★★★
14:00-16:00 ★★★
16:00-18:00 ★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★
20:00以降 ★★★ ★★★

※朝のひかり号は新大阪駅始発。

広島・博多方面へ向かうのぞみ号でも、平日なら通路側の座席はどこか空いているところがあるはず。

特に広島行の便だと運転区間が残り短いため、座れる可能性がかなり高い。みずほ号よりも座れる確率が大きいと考えてよい。

新大阪始発

<下り(博多・鹿児島中央方面):平日ダイヤ>
時間帯 みずほ さくら こだま
始発-8:00 ★★ ★★
8:00-10:00 ★★★ ★★★ ★★
10:00-12:00 ★★★ ★★
12:00-14:00 ★★
14:00-16:00 ★★
16:00-18:00 ★★★ ★★ ★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★ ★★
20:00以降 ★★ ★★ ★★

平日は指定席を選ぶ人が多いため、みずほ号・さくら号でも自由席が満席になるほどにはならない。

ただし、新神戸駅で降りていく人はほぼいない。

乗っていく一方になるため、自分の好きな座席を選べるレベルではない。

おすすめ記事