東海道山陽新幹線の無料Wi-Fiの設置状況を種別・車両ごとに調査!

東海道山陽新幹線のWi-Fiの設置状況

東海道・山陽新幹線における無料Wi-Fiの設置状況を種別・車両ごとに調査してみた。

東海道新幹線の東京~新大阪では、のぞみ・ひかり・こだまで運転されるN700系はすべての車両で無料Wi-Fi使える。

山陽新幹線の新大阪~博多では、のぞみ・みずほ・さくらのN700系の全列車、ひかり・こだまの700系・500系のいずれでも同じくWi-Fiが設置されている。

名称(SSID)は「Shinkansen Free Wi-Fi」となっている。料金は一切かからずだれでもスマートフォンやタブレット、ノートパソコンから無線LANに接続できるようになっている。



東海道新幹線の種別・車両ごとのWi-Fi設置状況

東海道新幹線の「Shinkansen_Free_Wi-Fi」
車両 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車
N700系
700系 × × ×
※N700系Aも含む

※700系は2020年春のダイヤ改正で完全に引退の予定

>>【早見表】全国の路線ごとの新幹線の無料Wi-Fiの有無!

東海道新幹線の車両ごとのWi-Fiの設置状況はこのようになっている。

SSIDはすべて「Shinkansen Free Wi-Fi」という名称である。車両ごとの違いはない。

新型車両または最近更新された車両では基本的に順次Wi-Fiの取付工事が実施されていた。以前からUQコミュニケーションズやNTTドコモが提供してきた無線LANサービスがあったものの、メールアドレスの登録だけで使える無料のWi-Fiはなかった。

最近は訪日外国人の増加などで公衆Wi-Fiの重要性が大きくなったため、新幹線の車内でもようやく無料Wi-Fiが設置されるようになった。

のぞみ・ひかり・こだまのWi-Fi

東海道新幹線の種別ごとのWi-Fiの有無

のぞみ・ひかり・こだまのいずれもN700系で運転されている列車であれば誰でもWi-Fiを利用できる。種別ごとに違いは特にない。

各駅停車型のこだま号は旧式の700系が使われることが結構あるが、これも近い将来に消える。すべてWi-Fiありの車両に統一される。

JR東海所属の車両だと、すでにN700系シリーズすべてで工事が完了していて誰でも使える無線LANサービスが配信されている。

JR西日本所属のN700系も同じようにすべての車両でWi-Fiが提供されている。東海道新幹線への乗り入れ列車である16両編成のものはすべて工事完了している。

>>新幹線のWi-Fiが遅い! ネット環境が悪い原因を調査

長距離を移動する人にとっては特に便利なサービスといえるだろう。最近は車内でスマホやタブレット端末を操作する人が多い中、無料Wi-Fiの需要はかなり大きいのは間違いない。

ただ、回線速度が遅いことからYouTubeなどの動画を視聴する人には全く向いていない。列車内ではあくまでもニュース記事やブログを閲覧する程度に限られる。

山陽新幹線の種別・車両ごとのWi-Fi設置状況

車両 普通車自由席 普通車指定席 グリーン車
N700系(16両編成)
N700系(8両編成)
700系 〇(一部×) 〇(一部×) 〇(一部×)
500系 〇(一部×) 〇(一部×) 〇(一部×)
※全列車へのWi-Fi設置は2020年3月見込み

山陽新幹線の車両ごとのWi-Fiの設置状況はこのようになっている。

新型車両であるN700系シリーズでは16両編成でも8両編成でも順次Wi-Fiの取付工事が実施されてきた。すべての編成で無料のWi-Fiが使える。普通車自由席・指定席・グリーン車の違いはない。

東京駅乗り入れが可能な16両編成のN700系だとJR東海所属の車両も山陽新幹線内を走っているが、こちらも同じようにWi-Fiがすでに設置済みになっている。

JR東海所属だと、すでにE5系とE6系はほぼすべてで完了していて無線LANサービスが配信されている。

JR東海と同じくSSIDは「Shinkansen Free Wi-Fi」である。JR西日本所属の車両もまた同じで、鉄道事業者が異なるものの、車内のWi-FiのSSIDはどちらも同じものに統一されている。

種別ごとのWi-Fiの有無

山陽新幹線の種別ごとのWi-Fiの有無

山陽新幹線の場合、種別ごとでWi-Fiの有無を表すのであれば、以下のようになる。

種別 Wi-Fiの有無
のぞみ あり(全列車N700系で運転)
みずほ あり(全列車N700系で運転)
さくら あり(全列車N700系で運転)
ひかり 無しも(500系、700系)
こだま 無しも(500系、700系)
※山陽新幹線内はこだま号が特にWi-Fi未設置の可能性大。

回線速度についても東海道新幹線の事情とほとんど変わらない。遅いという声が少なくなく、利用者にとってのネックになっている。2~3Mbps程度しか出ないことがほとんど。動画、画像データの読み込みには時間がかかる。

のぞみ号は定期便はすべてN700系16両編成にて運転される。すべてが東海道新幹線へ乗り入れる。Wi-FiもJR西日本のみならずJR東海と合わせている。

みずほ号・さくら号は全列車N700系8両編成で運転されている。九州新幹線へ乗り入れる車両だが、こちらもすべてですでにWi-Fiが導入されている。

N700系8両編成はJR西日本所属とJR九州所属の2パターンがあるが、Wi-Fiの有無はいずれも同じ。

>>九州新幹線の無料Wi-Fiの設置状況を種別・車両ごとに調査!

新大阪~博多間のひかり号・こだま号に関しては基本的に700系や500系が割り当てられている。こちらはまだ無料のWi-Fiの取付工事が完了していない。

すでに導入済みの車両とそうではない車両が混在している。実際に乗ってみるまではWi-Fiサービスの有無がわからない。

どうやって接続する?

<東海道・山陽新幹線のWi-Fiの概要>

  • SSID=Shinkansen Free Wi-Fi
  • 1回当たり30分間利用可能
  • 1日に何度もログインが可能
  • 21日経過後は再度メールアドレスを登録

東海道新幹線および山陽新幹線の車内で提供されている無料Wi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」に接続する際にはメールアドレスを登録するだけで使えるようになっている。

1回のログインにつき30分間使える。1日に何回でも使用できるものの、30分の時間が経過するたびに再度ログインする必要がある。

性質的は訪日外国人向けのWi-Fiということもあって、メールアドレスの登録画面は英語で表記されている。とはいえ、日本人も含めてだれでも使えることには変わりはない。この点で心配する必要は一切ない。外国人だけが利用できるといった制限は一切ない。

一度メールアドレスを登録したら後はログインするだけで使える。ただ、初回登録から21日が経過すると再度メールアドレスを登録する必要がある。

新幹線に頻繁に乗るという人はそう多くはない。したがって、ほとんどの人は次回新幹線に乗って無料Wi-Fiを使う場合は再度メールアドレスを登録することになるだろう。

>>東海道新幹線vs山陽新幹線、違いとは? なぜ異なる路線名なのか!?

おすすめ記事