【東海道新幹線】東京駅の自由席の混雑状況を時間帯別に調査!

東海道・山陽新幹線の東京駅の時点で自由席の混雑状況はどうなっているのか、曜日と時間帯ごとに調査してみた。

のぞみ・ひかり・こだまの3種別でそれぞれ乗車率は違う。特に速達性が高いのぞみ号は乗客が殺到しやすいことから、始発駅の時点でも自由席に座れない可能性が高い。




土曜日・日曜日・祝日の混雑状況

時間帯 のぞみ ひかり こだま
6:00-7:00 ★★★ ★★
7:00-8:00 ★★★★ ★★★
8:00-9:00 ★★★★ ★★★ ★★
9:00-10:00 ★★★★★ ★★★★ ★★
11:00-12:00 ★★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★★ ★★★
14:00-16:00 ★★★★ ★★★ ★★
16:00-18:00 ★★★★★ ★★★★ ★★
18:00-19:00 ★★★★ ★★★★ ★★
19:00-20:00 ★★★ ★★
20:00以降 ★★ ★★

のぞみは終日ほぼ満席

のぞみ号の混雑する土日の自由席

のぞみ号はほぼ終日に渡って満席になる。東京駅の出発時点では自由席に空席があっても、空いているのは通路側の一部だけになる。

午前中いっぱいと午後14時から夜までは特に満席になりやすい。始発駅である東京駅の段階で通路側の座席でさえ空席がないこともよくある。

土日祝は行楽客が多いが、朝夕は上り下り問わずのぞみの自由席は簡単にいっぱいになる。

特に博多行・広島行ののぞみ号がかなり混雑しやすい。山陽新幹線直通列車は名古屋や京都駅で降りる利用者に加えて長距離利用者も加わる。

本数も少ないことから特に満席になり、東京駅の時点で空席ゼロということも結構多い。自由席に座るのであれば列車到着待ちの列に並ぶ必要がある。

一方の新大阪行はまだ空席がある。同じのぞみ号でも、新大阪止まりの本数は結構多いことから、通路側の座席なら空席を見つけやすい。窓側の座席はすぐに埋まってしまう。

参照:【休日編】のぞみ自由席の土日祝の混雑状況! 時間帯ごとに調査




ひかりは座れる確率大

ひかり号の場合はのぞみ号より若干停車駅が多い程度である。自由席は1~5号車ということで5両分も用意されている。そのため、のぞみと比べて自由席でも空席を見つけやすい。

東京駅から乗るのであれば終日に渡って座れる確率はかなり高い。大型連休(年末年始・GW・お盆)でない限りは確実に空席がある。

ただし、窓側の座席は確保できない可能性はある。土日祝は午前中いっぱいと夕方15~16時頃は列に並ばないと窓側の座席は確保できない可能性が大きい。

複数人で隣同士で座りたい場合もやはり列に並んで座席確保の準備をする必要がある。列の最後尾や発車直前に乗るとバラバラでしか座れないかもしれない。

こだまは終日ガラガラ

自由席でも空いているこだま号

こだま号はほぼ終日に渡って自由席でも空席がかなり多い。のぞみ号では混雑する土日祝の午前中と夕方であっても空席が簡単に見つかる。

東京駅でなく、品川駅や新横浜駅の時点でもこだま号に限れば自由席に座れる確率が大きい。

平日も休日もこだま号は1日を通してガラガラであることには変わりない。しかも、乗客の乗車区間も短い。東京駅発の下り列車ではほとんどの乗客が静岡駅までには降りていく。

ただし超繁忙期は例外になる。大型連休になれば、のぞみ・ひかりだけでなくこだま号でさえも自由席が満席になる。連休初日は特にかなりの乗車率になる。




平日の混雑状況

時間帯 のぞみ ひかり こだま
6:00-7:00 ★★★ ★★
7:00-8:00 ★★★★★ ★★★★ ★★
8:00-9:00 ★★★★★ ★★★★ ★★
9:00-10:00 ★★★★ ★★ ★★
11:00-12:00 ★★ ★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★★ ★★
16:00-18:00 ★★★★★ ★★★★ ★★
18:00-19:00 ★★★★ ★★★★ ★★★
19:00-20:00 ★★★★ ★★★ ★★★
20:00以降 ★★★ ★★ ★★

平日は比較的空いている

平日の東京駅時点の自由席の空席率

平日の場合はのぞみ号であっても比較的空いている。東京駅の時点で自由席に座れる確率は7~10時、17~19時の通勤ラッシュと重なる時間帯を除いてはかなり高い。

新大阪行なら確実に座れる。博多行と広島行でも通路側の座席であれば空いている可能性が高い。

さらに、平日の東海道・山陽新幹線の利用者層はビジネス客が中心である。仕事で新幹線を使う場合は指定席を使う職場が多いことから、自由席は混雑しにくい。

ひかり・こだま号についても同じことがいえる。これらはのぞみ号よりも終日空いていることから、自由席なら東京駅の時点は少なくとも確実に座れると考えてよい。

参照:【平日編】のぞみの自由席の混雑のレベル! 満席になる時間帯とは?

金曜日の夕方は混雑する

ただし、金曜日の夕方は東海道・山陽新幹線が土日祝並みに混雑しやすい。土日が休みの人が多いことから、金曜日の夕方には目的地へ向かう人が少なくない。

金曜日は18時過ぎから下り列車の混雑が始まる。のぞみ号はいつも通り真っ先に混雑する。そのため、東京駅の時点で自由席に座れない可能性が出てくる。

月曜日が祝日になる三連休になる前の金曜日は特に混み合う。始発駅でさえ列に並ばないと座れないことが多い。

この状態はのぞみ号だと最終列車まで続く。

おすすめ記事