東北新幹線の自由席、東京駅からの乗車で座れる確率!

自由席で満席になる確率(東北新幹線)

東北新幹線の東京駅は始発駅ということで、自由席でも列に並べば座れるのは確か。しかし、全員が着席できるかというとそうではない。すぐに満席になる可能性もある。

今回は東京駅の時点での自由席の空席状況について調査してみた。やまびこ号、なすの号が対象だが、座れる確率はどれくらいになるのか。

なお、はやぶさ号、はやて号では残念ながら全車指定席となっている。自由席はまったくないため、東北新幹線では列車種別が限られる。




土曜日・日曜日・祝日の自由席の空席状況

時間帯 やまびこ なすの
6:00-7:00 ★★★
7:00-8:00 ★★★★
8:00-9:00 ★★★★★ ★★★
9:00-10:00 ★★★★★ ★★★★
11:00-12:00 ★★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★★ ★★
14:00-16:00 ★★★★
16:00-18:00 ★★★★★ ★★
18:00-19:00 ★★★★ ★★★
19:00-20:00 ★★★ ★★
20:00以降 ★★

やまびこ号はすぐに満席に

空席ゼロのやまびこ号の自由席

土日祝は午前中を中心に東北新幹線の自由席は始発駅である東京駅の時点で満席になることが多い。

中でも中距離種別であるやまびこ号はあっという間に満席になる。行き先が盛岡、仙台の場合は大抵は乗車率100%に達する。

発車直前に乗るとデッキにも人が立って乗っている状況となることが少なくない。また、空席があっても3人掛けの真ん中の座席(B席)しか空いていないことがほとんど。

同じやまびこ号でも速達型と停車型の2種類が走っている。速達型は小山・那須塩原・新白河・白石蔵王(一部)は通過する。停車型は栃木県、福島県内の小さな駅にも停車する。

自由席の混雑状況は2者での違いは少ないものの、どちらかというと速達型の方が混雑しやすい。東京駅の時点でもいち早く空席ゼロになるのは速達型の方のようだ。

参照:東北新幹線、「やまびこ号」の自由席はどの程度混雑するのか!?




なすの号は空席多い

東京駅のなすの号の自由席

一方のなすの号については、自由席も全体的に空席が多い傾向が見られる。土日祝であっても空いている時間帯が多く、東京駅からであれば確実に座れると考えてよい。

午前中の下りでさえも東京駅の時点では空席が残っている可能性が高い。列に何十分も前から待っている必要は小さい。

なすの号は郡山または那須塩原までの運転となっている。各駅停車型かつ近距離しか走らないということで、栃木県内の各駅で降りる人向けの種別である。

利用者層が限られていることもあって、なすの号の自由席は東京駅から乗れば座れる確率がほぼ100%と判断できる。

ただし、途中駅である上野駅や大宮駅からだと座れない可能性もある。土日祝の午前中はやはりやまびこ号と同じように満席になりやすいのは否定できない。

平日の自由席の空席状況

平日の東北新幹線の自由席

平日は休日とは違って1日を通して自由席に空席が残っている可能性が高い。

土日祝は主に行楽客が多い。家族連れや友達で旅行する人が乗客の主流となっている。

一方の平日の場合はほとんどが出張者や通勤客といったビジネス客となっている。行楽客はあまりいない。スーツ姿のサラリーマンが多く見られる。

ビジネス客の場合は指定席をとる傾向がある。仕事で新幹線に乗る場合は自由席を使わずに指定席を利用してよいという職場が多いためだ。

こうした背景から、平日の東北新幹線は東京駅の時点では少なくとも自由席に座れる可能性が高い。

やまびこ号、なすの号問わず始発駅ということで、どの時間帯であっても自由席に空席がある。

おすすめ記事