静岡駅から「ひかり・こだま」の自由席に座れる確率を調査!

静岡駅からの乗車で自由席の座れる確率

東海道新幹線の静岡駅から乗車の場合の「ひかり」及び「こだま」の自由席に座れる確率について、空席の有無を時間帯ごとに調査してみた。

結論を言うと、ひかり号は朝夕を中心に自由席は満席となっていることが多い。東京行も新大阪・岡山行も空いている座席がゼロとなっている光景が見られる。

平日のみならず、土日祝も座れない可能性が大きい。土曜日の午前中いっぱいは完全に空席ゼロ、日曜日の午後から夕方も同じ状況になりやすい。

ひかり号の自由席の混雑度

ひかり自由席(静岡駅)

ひかり号は平日と土日祝で自由席の混み具合が異なる。ビジネス客が多い平日は、自由席を狙う人は少数派といえる。静岡駅からでも座れる可能性が高い。

これは、職場では新幹線の移動では指定席特急券の購入を許可しているところが多いからだと考えられる。

個人客が多い土日祝は、少しでも交通費を少なく抑えたいという気持ちを持つ人が多くなりやすい。割安な自由席特急券で乗る人が多い。

やや速達性のあるひかり号は、自由席が混雑しやすい。途中駅である静岡駅からだと、その分座りにくい。




土日祝の静岡駅の時点での混雑

<休日ダイヤで運転される土日祝>
下り 上り
始発-7:00 ★★★★ ★★★★
7:00-9:00 ★★★★★ ★★★★★
9:00-12:00 ★★★★★ ★★★★★
12:00-14:00 ★★ ★★★
14:00-16:00 ★★ ★★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★★ ★★★★★
20:00以降 ★★★★ ★★★★

午前中いっぱいは上下線ともに静岡駅の時点では満席になっている可能性が高い。

空いていたとしても、3人掛けの真ん中の座席しな空席がないことが多い。B席だけ空いているが、それ以外は座れない。

午後になって16時以降になると一気に自由席に空席がなくなる。この土日の夕ラッシュの混雑は20時頃まで続く。

参照:【新幹線】ひかりの混雑状況はどんな感じ!? のぞみより空いている!

平日の静岡駅の時点での混雑

<平日の場合>
下り 上り
始発-7:00 ★★★★ ★★★★
7:00-9:00 ★★★★ ★★★★★
9:00-12:00 ★★★★ ★★★★
12:00-14:00 ★★ ★★
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★
20:00以降 ★★ ★★★

平日の場合、ひかり号でも自由席が満席になるのは朝の上り列車くらいに限られる。この時間帯は新幹線通勤の人が殺到しやすい。さらに、出張などで新幹線に乗る人も多くなるため、ひかり号の自由席は満席になる。

静岡駅は、ひかり号だと上り列車は乗客を多く乗せた状態で到着することになる。他の駅と比較しても、自由席に空席が見つけにくい駅といえる。

ただし、それ以外の時間帯であればそれほど混雑はしない。上りの静岡→新横浜は東海道新幹線の中でも最も乗客が多い区間になるが、それでも昼間なら乗車率100%には達しにくい。




こだま号は静岡駅でのガラガラ

こだま号の静岡駅の自由席の乗車率

  • 上り:多少乗車率が上がるが、それでも座れる確率大
  • 下り:完全にガラガラ

一方のこだま号に関しては、静岡駅からの乗車でも空いていることが多い。自由席に設定されている車両が多いことに加えて、各駅停車型ということで近距離利用者が中心である。

参照:【新幹線】こだま号の自由席の混雑状況を調査! 乗車率の目安

どの区間においても混雑状況が「ガラガラ」のこだま号であるが、静岡駅発でも上下線ともに終日に渡って自由席に座れる可能性が非常に大きい。

ガラガラで空いているこだま号

下り列車の場合は特に空いている。東京発のこだま号は、新横浜駅まではある程度の乗客を集めるものの、次の小田原駅以降はひたすら降車客ばかりになる。

静岡駅ではさらに大量の乗客が降りていく。自由席でも残っている乗客はあまりない。名古屋方面まで行く人は皆、のぞみ・ひかりを使う。

首都圏との行き来が多い静岡駅。そんな情勢から、こだま号の混雑は東京~静岡までと考えても良いくらいのレベルである。

おすすめ記事