【レベル別】YouTubeの再生回数と収入の目安とは!? ランクごとに

YouTubeの再生回数と収入

YouTube(ユーチューブ)の再生回数とその収入の目安を調査してみた。獲得できる収益は基本的にPV数に比例し、視聴された回数が多ければ多いほど儲かる。

今回はその達成度をレベル別で見てみよう。有名なユーチューバーという分類に入るのはどれくらいの再生回数と収入がある人のことを指すのか。




再生回数と収入のレベルの目安

レベル 再生回数 鉄道を例に 概要
スタート 1万 徒歩 体験入学
ビギナー 1~5万 路面電車 初心者
ミドル 5~10万 各駅停車 初心者の中ではトップ
準アマチュア 10~50万 区間快速 いよいよ中級者へ
アマチュア 50~100万 快速 中級者レベル
エキスパート 100~500万 特急 中上級者の域
準プロ 1,000~5,000万 新幹線(こだま) 上級者へ
プロ 5,000万~1億 新幹線(のぞみ) 完全に専業ユーチューバー
スター 1億~ リニア もはやスター選手

1万以下=あなたの動画は存在しないに等しい

かなりきつい言い方にはなるが、再生回数が1万回以下の場合は、あなたが投稿した動画は存在しないものと考えてもよいレベルである。

実際に見ている人はほとんどいないに等しい。すなわち、ある価値のない動画というステータスになる。

まだ完全にスタートの段階といえる。一刻も早くこの段階から抜けなければ、いつまでたっても駄作を投稿し続けることとなる。

もっとも、初めは誰もがここを通る。最初はゼロからのスタートになり、有名なユーチューバーでさえ最初はここを通ったのも確かである。




初心者のレベル

初心者ユーチューバー

5万回ならビギナー

1万回を突破すれば、本格的にビギナーの領域になる。初心者として、まだ十分な経験はないものの、YouTubeで動作をこれから投稿していく価値は十分にある。

Google Adsenseによる広告収入がある場合、この辺りだと累計の収益の金額は1,000~5,000円ほどになってくる。

中学生や高校生の1か月分のお小遣い程度の金額になる。しかし、まだユーチューバーといえるほどのレベルではない。

そして、ほとんどの人はここを突破することができずにYouTubeへの動画の投稿を断念して退場するともいわれている。

10~50万回ならミドル・準アマチュア

YouTubeの累計再生回数が10~50万回ほどであれば、前半は「ミドル級」、後半は「準アマチュア級」という形になる。

そのあたりまで上ることができれば、いよいよ初心者の領域を卒業できる見込みが出てくる。まだまだ無名なユーチューバーではあるが、それでも凡人といえるほどではない。

広告収入は累計で1~5万円程度になる。10分以上の再生時間のある動画を投稿している場合はもうちょっと多くなり、2~15万円ほどになってくるのではないか。

ここを通過できればいよいよ中級者の領域へと突入する。しかし、実際にここを突破できる人はあまりいない。初心者のまま終わりを告げる人もかなり多いのは否定できない。

中級者のレベル

中級者レベルになる動画投稿者

50万回以上ならアマチュア級

累計の再生回数が50万回以上になるといよいよ中級者の領域へと入る。この辺りは「アマチュア」級といえるエリアになる。

もう完全に初心者は卒業したことになる。チャンネル登録者数もそれなりの数字になってくる。ちょっとしたユーチューバーにもなる。

収入の目安については、約5万円程度になってくるだろう。万単位での収益になるため、副業ユーチューバーにも分類される。

ただし、専業ユーチューバーとしてはまだまだ食っていけるレベルではない。生活のことを考えるとまったく足りない金額である。

100万回以上でエキスパート

100万回以上の再生回数になれば、いよいよ中級者の中でも上位の方に入ってくる。ちょっとした人気のユーチューバーともいえるほどのレベルに入る。

具体的には「エキスパート」級と言えるレベルに入る。YouTubeの動画を投稿する人々の中でもコツをつかんでいる人だけが到達できるような領域ではないか。

収入の目安は約10万円ほどになってくる。本格的な副業が可能なレベルといったらよいだろうか。兼業ユーチューバーとしては、最低でもこれくらいの収入は確保したいところでもある。

ここからさらにレベルアップするといよいよ上級者の分類に突入する。しかし、エキスパート級を超えられる人はそう多くはないもの確かではある。




上級者のレベル

上級者ユーチューバーの収入の目安

1,000万回以上なら準プロ

YouTubeの動画の再生回数が1,000万回以上になるといよいよ上級者の領域に入る。ここまでくると、本格的に専業ユーチューバーを考え始めてもよい段階になってくる。

もちろん、ここでの再生回数とは1つの動画単独での回数ではなく、自分が持っているチャンネル全体での再生回数である。

動画を100点投稿している場合、1動画当たり100万回でOKということになる。

収入は100万円を突破するくらいが1つの目安になる。10分以内の動画を中心に出している人なら、これくらいが平均値となるだろう。

一方で10分を超える長時間の動画を主に出している人なら、収入はさらに多くなるだろう。200万~400万円程度になってくると考えられる。

5,000万回以上で完全なプロ

再生回数が5,000万回以上の領域に入ったのであれば、あなたはもう完全なプロ級のユーチューバーである。専業ユーチューバーとしても十分活躍して行けるレベルに入る。

収入は数百万円単位になり、最低でも500万円以上にはなってくるだろう。高級車1台は買えるというレベルである。

有名なユーチューバーにも分類される。チャンネル登録者数もかなりの数にのぼるだろう。

1億回以上ならスター

1億回以上の再生回数を誇る人はもうユーチューバーの中でもスター的な存在といえる。有名であるのはまったく否定できず、顔出ししている場合は街中でも声を掛けられるような存在である。

チャンネル登録者数も良ければ100万人を突破できるくらいの領域に入る。芸能事務所や企業からコラボの依頼が来る可能性も大いにある。

収入は1,000万円以上になるだろう。家が建つくらいの金額を獲得することができる。ユーチューバーでも成功者と判断できるだろう。

このスター並みの再生回数を稼げる人はほんのわずかな人に限られる。凡人では残念ながら到達できないといってよい。