【上野東京ライン】トイレがない車両はある!? そして何号車に位置する?

JR上野東京ラインの電車のトイレの有無について、常磐線のE231系以外はすべての車両に付いている。グリーン車が連結されている列車かどうかが見分けるポイントである。ただし、何号車にあるのかは、それぞれによって少し違う。




何号車にある?

  • 1号車
  • 4号車(グリーン車)
  • 6または10号車
  • 11号車 ※15両編成の場合

上野東京ラインのうち東海道線・宇都宮線・高崎線を走るのはE231系とE233系である。どちらにもすべての編成にトイレが設置されている。常磐線の方は交直流電車であるE531系にのみ設置されている。

場所は1号車とグリーン車である4号車、11号車と6号車もしくは10号車にトイレがある。6号車なのか10号車なのかは、車両の所属地区で違うため一目で見分けるのは難しい。鉄道ファンくらいしか知らない知識といえる。

上野東京ラインE231系

国府津車両センター所属の電車は10号車にトイレが設置されている。小山車両センター所属の方は6号車に位置する。

トイレに入る人は多い?

ところで、上野東京ラインの車内トイレを利用する人は多いのか。結論をいうとかなり少ない。在来線の中では1本の列車の走行距離は長いのは上野東京ラインならではの特徴である。」

北は栃木県の黒磯駅、南は静岡県の沼津駅まで乗り入れる。長距離利用者もいるのは確かである。

しかし、実際にはほとんどの人が近距離ユーザーであり、実際に長距離を移動する人はそれほど多くはない。グリーン車は長い距離を移動する人も少なくないが、普通車は大部分がトイレを使う人移動しない人たちである。

したがって、列車内のトイレをわざわざ使う人はあまりいない。急にトイレに駆け込むことが多いという人であっても、空いているかどうかを気にする必要はそれほどないだろう。

さらに、JR東日本自体が速達性にそれほど力を入れていないということもあり、駅間距離も短い傾向にある。長くても5分程度で次の駅に停車する。このため、もしトイレに行きたくなったら次の駅で降りてゆっくり駅構内のトイレに行ける。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です