北陸新幹線の「かがやき」に自由席がないのはなぜだ!?

北陸新幹線の最速列車は「かがやき」号である。東京~金沢間の停車駅は、上野・大宮・長野・富山に絞られている。しかし、全車指定席となっているため、自由席はまったく存在しない。




一方の、停車駅が多い「はくたか」と「あさま」、「つるぎ」には自由席がある。1~4号車は自由席となっていて、指定席と比べて特急券の料金が割安な値段に設定されている。

なぜ、停車駅が少ないかがやき号だけがすべて指定席となっていて、割安な料金で乗れる自由席がないのか。予算を節約したい人にとっては、このような疑問を感じるだろう。

長距離利用者を最優先させるため

北陸新幹線

かがやき号のターゲットは長距離利用者である。具体的には、首都圏から北陸地方まで移動する人を客層に設定している。

自由席があると、どの列車にのっても値段が同じになるため、近距離利用者でも乗る人が多くなる。首都圏から長野県内までしか乗らない人も乗る。

そうなると、富山や金沢まで乗る人がかがやき号に乗りたくても座れないという事態になりやすくなる。近中距離利用者は、できるだけ停車駅が多い列車に誘導させるために、北陸新幹線では最速のかがやき号のみ全車指定席としているようだ。

また、完全な指定席であれば、確実に座れる。途中駅から乗った場合でも、着席サービスを提供できる。自由席があれば、その分指定席の数が減ってしまい、座席指定にしたくてもできない人が出てくることにつながりやすくなる。

自由席だと、始発駅から乗る人にとっては座席を確保しやすいが、途中駅だと座れないという格差が生じる。途中駅から乗る人には不評になるのは避けられない。

限られた運行本数の中で、可能な限り着席サービスを提供するためには、自由席なしにするのが好ましいというわけだ。



はくたか、あさま、つるぎは?

停車駅の多いはくたか・あさま・つるぎに関しては、停車駅が多いため、長距離利用者にとってはあまり都合が良くはない。

仮に、かがやき号と同じ値段だとすると、ほとんどの人は停車駅が多いダイヤの列車を避けて速達型を狙うだろう。

どの列車にも自由席があるとすると、かがやき号だけが混雑して、それ以外は空席が多い状態となる可能性が大きい。

やや長い距離を移動する乗客にも、停車駅が多い列車に乗るメリットを与えることが、はくたか・あさま・つるぎに自由席が設けられている理由ではないだろうか。

所要時間が余計にかかるとしても、運賃が安ければお金を節約できるというメリットが生じる。

「はやく移動したい」という人と、「時間はかかっても安く済ませたい」という人で、各列車の乗車率が上手に均等になる。

こうした点から、準速達型のはくたか号と、各駅停車型のあさま号、つるぎ号の1~4号車は自由席となっているのだ。

おすすめ記事




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です