名鉄犬山線の通勤ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

名鉄犬山線の通勤ラッシュの混雑

名鉄犬山線の混雑状況を時間帯と区間ごとに調査してみた。朝と夕方・夜の通勤ラッシュの時間帯ではどれくらいの混み具合になるのか。

最混雑区間は下小田井→枇杷島分岐点であり、混雑率はおよそ140%と国土交通省による鉄道路線ごとの混雑率の調査の統計データで出ている。

中京圏の各鉄道路線の中でもトップクラスにランクインしている。しかもここ最近は、地下鉄東山線や名鉄名古屋本線も抜いていて、名古屋地区第1位になる年が多くなっている。




時間帯ごとの混雑度

上り(名古屋方面) 下り(新鵜沼方面)
始発~7時  ★★★  ★
7~9時  ★★★★★  ★★★
9~12時  ★★★★  ★★
12~15時  ★★  ★
15~17時  ★★★  ★★★★
17~19時  ★★★  ★★★★★
19~21時  ★★  ★★★★

通勤ラッシュの混雑のピークを迎える時間帯は、基本的に他の路線と変わらない。同じ名鉄のみならず、JRや近鉄、名古屋市営地下鉄各線と同じような状況になる。

ただ、1編成当たりの列車の混み具合は、ほかよりも厳しい傾向にある。名鉄犬山線に代わる路線が沿線にはないことから、どうしても一極集中しやすい。

朝ラッシュは7:30~8:30

<上小田井駅にて調査>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 4
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 3

朝ラッシュのピークは7時台後半8時台前半にやってくる。もっと詳細に言うと、ひたすら乗客が乗ってくる一方である上小田井以北の上り電車のピークは7:45~8:15であるようだ。

沿線に住む住民が名古屋市内へ通勤のために名鉄犬山線を使って移動する時間帯になる。最初にまとまった数の乗客が降りていくのは上小田井駅である。

上小田井駅から鶴舞線へ直通する名鉄犬山線

参照:地下鉄鶴舞線の混雑のレベルとは!? 朝と夕方の乗車率は何%に?

上小田井駅は名古屋市営地下鉄鶴舞線との接続駅であり、さらに始発駅でもある。ここから市内中心部へ行く人が結構多い。大量の降車客が発生する。座れるチャンスはこの駅だけといっても過言ではない。

残りのほとんどの乗客が名鉄名古屋駅で降りることとなり、それまではまたひたすら乗ってくる一方になる。

最混雑は下小田井→枇杷島分岐点ということだが、体感的には西春→上小田井と感じることも少なくない。

混雑率は最大で140%ということで、座れない人が多く、ドア付近では圧迫間を感じるレベルである。首都圏や関西圏のような激しい朝ラッシュの混雑レベル並に達する。

車内奥隣の人と体が接するということもないだろう。ピークになる7:30~8:30でも積み残しが発生するほどにはならない。




夕方・夜の帰宅ラッシュは18:00前後がピーク

名鉄犬山線の帰宅ラッシュの時間帯のピークは18:00前後の時間帯になる。具体的に言うと、17:30~18:30あたりになる。

ここも他の路線と基本的には変わらず、ほかの路線と同じである。

名鉄名古屋駅を出発する下り列車が一番の混雑となる。上小田井駅からも大量の乗客が乗ってくる。

朝ラッシュの逆バージョンになることで、同じようにやや満員電車になる。ドア付近だと吊革や手すりにはつかまれないだろう。

ただし、帰りの時間は人によってバラバラになる傾向があるため、朝のような集中はしない。車内奥に立っていれば付吊革や手すりにはつかまれるレベルに収まる。

19:30を過ぎると帰宅する人々の流れがひと段落するため、夕ラッシュも徐々に解消されていく。列車到着待ちの列に並べば座れる可能性が大幅にアップする。

そして、夜遅い時間帯になる21時以降になると立っている人でも空間に余裕があるほどになる。ここまで来れば、立っている人よりも座っている人の方が多い状態になる。

区間ごとの混雑

区間 急行・快急 各駅停車
名鉄名古屋~上小田井 ★★★★★ ★★★★
上小田井~岩倉 ★★★★★ ★★★★★
岩倉~江南 ★★★★ ★★★
江南~扶桑 ★★★★ ★★
扶桑~犬山 ★★★ ★★
犬山~新鵜沼 ★★

朝ラッシュは快速急行と急行が大混雑

名鉄犬山線の朝ラッシュの時間帯では、各駅停車に加えて快速急行と急行が運転されている。

犬山線のミュースカイ

特急ミュースカイもあるが、こちらは有料列車なので今回はカウントしない。

種別ごとで混雑度は大きく異なる。各駅停車はそれほど混まない一方、優等列車の混雑はとても激しい。

快速急行と急行は常に満員電車である。特に岩倉→名鉄名古屋までは超満員電車になる。

各駅停車に関しては、本格的に混雑するのは上小田井駅から名鉄名古屋までの区間になる。

ただし、地下鉄鶴舞線直通列車はこの限りではなく、優等列車並みに混雑しやすい。地下鉄経由で名古屋市内まで行く人が殺到するためだ。

帰宅ラッシュは快速特急・急行・準急が混雑

名鉄犬山線の新鵜沼行の快速特急

夕方の帰宅ラッシュでは、優等列車は快速特急・急行・準急の3つが運転されている。いずれも朝と同じように混雑する列車である。乗車率は、岩倉駅以南ではほぼ同じである。

岩倉駅以北の区間では、快速特急が圧倒的に混雑する。その次に急行と続く。準急は各駅に停車するため、岩倉以北では下りは徐々に乗客が降りていく。

ほとんどの列車は名鉄名古屋駅にて満員電車になる。この駅を発射する時点が最も混雑するといえる。

上小田井駅を過ぎれば、以降は次第に降りていく一方になる。座れるチャンスもやってくる。特に停車駅が多い種別では、乗客の減りが早い。

おすすめ記事