通勤ラッシュの満員電車は「子連れ」には無理か!? トラブルにも

満員電車に子連れで乗る是非

子供を連れて通勤ラッシュの満員電車に乗るのは物理的に不可能に近い。親子が不利益を被ったり、他の乗客に迷惑がかかるようなことがあり、さらに他人との思わぬトラブルの元にもなりかねない。

赤ちゃんから幼稚園児、小学生では同じ子どもという括りでも事情が異なってくる。しかし、いずれでも満員電車に乗るのは可能な限り避けるのがベストである。


子連れで満員電車に乗ることで生じる問題

主な問題点 詳細な内容
押しつぶされる 満員電車で乗客同士が押し合うほどの混雑では、赤ちゃんや幼稚園児なら押されてしまいケガしたり身体的苦痛を受けることになる。
迷子になる 幼稚園児や小学生を中心に、大人が身動きが取れない中、どこかへ行ってしまう可能性がある。降車する際に行方不明になることも。
泣き声、はしゃぐことでうるさい 赤ちゃんの泣き声、幼児がはしゃぐ行動は他の乗客にとって迷惑。罵声を浴びさせられる事例も。
他人とぶつかる 他の乗客にぶつかることで、相手から罵声を浴びさせられることも。食べ物や飲み物を持っていると相手の服を汚して損害賠償される例も。

ベビーカーを満員電車に持ち込む是非をめぐっても賛否両論がある中、子どもが自分自身で歩けたとしても混み合った鉄道を利用することに否定的な見方もある。

参照:満員電車へのベビーカーの持ち込みの是非! マナー的にOK・NG?

権利的な面で言えば全く問題ないものの、現実的なリスクを考えると、どうしても難しい部分は存在する。

押しつぶされる

乗客同士が押し合うような状態なほどの満員電車では、子どもだと押しつぶされてしまう可能性がある。死なないほどであってもケガすることは大いにあり得る。

押されるこどで身体的な苦痛を味わうことも考えられる。

大人なら耐えられる圧力でも、子どもには厳しい状態が予想される。

中でも首都圏のトップクラスの混雑率を誇る路線で、午前8時頃や午後6時頃の電車に乗るのは危険。

迷子になる

ベビーカーに乗っている赤ちゃんでない限り迷子になるリスクがある。自分で歩ける子どもは電車に乗車中にはぐれてしまうことも考えられる。

走行中は問題ないかもしれない。しかし、駅で停車中に乗客が入れ替わるタイミングで親子がはぐれてしまうことがある。

さらに、乗車する際や降車する際にはぐれてしまうこともあり得る。

自分で歩ける子どもは親について行こうとしても、親と子の間に他の人々が入ってくることで、子どもが親を見失うケースがよくある。

満員電車になる通勤ラッシュは駅のホーム上も人でいっぱいになる。子どもが行方不明になる環境が完全に整っているのは否定できない。

子どもがうるさいと迷惑に

子どもが電車内で泣いたり、はしゃいだりすることでその声が「うるさい」として他の乗客に迷惑がかかってしまう。

最近は「子どもの声は騒音」とまで言われるほど世の中が小さい子へ不寛容な社会になっている。

子どもが声を発しただけでも保護者に対して怒鳴る人もいる。罵声を浴びさせられる光景はレアなケースとは言えないほどまでに増えていると感じる。

子どもがうるさいとしてトラブルが起こることもあるという点も、満員電車の乗るのが現実的に難しい理由である。

>>電車内で「子供がうるさい」のは迷惑!? 親が注意しないのはアウト

他人とぶつかる

他人とぶつかっただけで暴力を振るわれたり罵声を浴びさせられる事件も最近はよく見かける。

大人なら注意して歩いていればある程度は避けられる。

仮にぶつかったとしても「すみません」や「ごめんなさい」の一言で解決するものであり、大事にはなりにくい。

しかし、子どもだとまだ注意力が不足する。歩いていて他の人にぶつかってしまうことも確率的に大きい。

そんな中で「すみません」や「ごめんなさい」が言える子どもであれば問題にはならない。しかし、これが口にできる子は実際には少ない。

大抵は黙ってその場を立ち去ることになる。そして、これが相手の怒りを買ってしまう原因になる。

このような可能性も人が多い通勤ラッシュでは確率的に高くなるため、子連れは避けたいところである。

子ども×満員電車はNG

子どもを連れて混雑する満員電車の乗りこむのは、OK・NGかと問われればNGだろう。

どうしても不利益を被ったり、他人に迷惑がかかるトラブルが生じやすい時間帯のため、やむを得ない場合を除いては避けるのが好ましい。

<子どもがいると避けたい時間帯>

  • 朝=7:00~9:00
  • 夕方・夜=17:30~19:00

どうしてもこの時間帯に電車に乗らないといけない場合は乗ってもOKだが、そんな場合はいつもより子どもに細心の注意を払うことが必要。

なお、通勤ラッシュでも満員電車にはなりにくい方向へ向かう電車ならそれほど問題ではない。

朝の下り、夕方の上りは比較的空いている。子連れでも乗車可能なレベルにとどまりやすい。

参照:【レベル別】鉄道の混雑率の目安! 数値ごとの体感


スポンサーリンク

おすすめ記事