特急サンダーバードの混雑状況! 自由席・指定席の乗車率とは?

混雑する特急サンダーバード

JR北陸本線の特急サンダーバードの混雑状況について、自由席と指定席それぞれの乗車率を時間帯と平日・土日で調査してみた。

大阪~金沢間を走る特急列車で、関西圏と北陸地方を結ぶ主要な列車という性質を持つ。JR西日本の管轄の特急列車としては最も乗客数が多い。




土日は自由席・指定席ともに満席になりやすい

下り 上り
始発-8:00 ★★ ★★
8:00-9:00 ★★★★ ★★★
9:00-12:00 ★★★★★ ★★★
12:00-14:00 ★★★ ★★★★
14:00-16:00 ★★ ★★★★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★★★
18:00-20:00 ★★★ ★★★
20:00以降 ★★

自由席は途中駅からだと座れない

土曜日・日曜日・祝日の場合は特急サンダーバードの自由席が混雑しやすい。午前中いっぱいは下り方面が満席になることが少なくない。夕方は今後は上りが混む。

大阪都市圏から北陸地方へ向かう行楽客で混み合う。平日はビジネス客が多いのに対して、休日になるとレジャー関係で移動する人が目立つようになる。

自由席は主に家族連れの人々でいっぱいになりやすい。下りは、始発駅の大阪駅から乗れば、事前に列車到着待ちの列に並べば座れるものの、途中駅である新大阪駅や京都駅から乗ると座れない可能性が出てくる。

指定席も空席ゼロになる

指定席についても、出発直前になると満席になっていることが少なくない。

特に土曜日の午前中は下りは空席ゼロになることがある。日曜日や月曜日が祝日となる日だと午後の上りも満席になりやすい。

特急サンダーバード号が出発する1時間前の時点でも空席がまったくなく、駅の空席状況を表示した電光掲示板には「×」のマークが付いている例が多い。

2,3本後の列車になってようやく○または△印に切り替わる。もし旅行などの予定が立っているのであれば、事前に指定席を予約しておくのが好ましい。




平日は指定席がやや混雑する

下り 上り
始発-8:00 ★★★ ★★★
8:00-9:00 ★★★★ ★★★★
9:00-12:00 ★★★ ★★
12:00-14:00
14:00-16:00 ★★ ★★
16:00-18:00 ★★★ ★★★★
18:00-20:00 ★★★★ ★★★
20:00以降 ★★★ ★★★

平日の場合は土日とは対照的に指定席の方が混雑しやすい。客層としては出張客などのビジネスマンが中心である。行楽客は少ない。

北陸本線の特急サンダーバード

仕事の移動で特急列車を使う場合、たいていの職場では指定席を使うことが許可されている。確実に座れる座席が好まれることから、サンダーバード号も平日では指定席の方が乗車率が高い。

ただし、乗車率が100%となって満席になるケースは少ない。出発直前であっても空席が残っていることが多い。

上り・下りのどちらも土日祝日と比べると満席となるほどの混雑には達しない。

ただし、指定席の窓側の座席はすべて埋まってしまって残っているのが通路側のみとなることは少なくない。

どうしても窓側の座席から予約されていく。最後まで残るのは通路側の座席となりやすい。