東急目黒線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

東急目黒線の朝ラッシュの混雑状況

東急目黒線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯および区間ごとに調査してみた。急行と各駅停車ではそれぞれどれくらいの混み具合になるのか。

国土交通省から公表されている鉄道路線ごとの混雑率の調査によると、目黒線では毎年約170%前後で推移している。1列車当たり6両編成と短いこともあって、首都圏でも上位レベルになる。

種別ごとでは「急行」が際立って混み合う。武蔵小杉→目黒で乗車率が最大値になる。非公式データによれば、その数値はおよそ200%にも達するとされている。




時間帯ごとの混み具合

<目黒駅にて調査>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 2 8:30-9:00 5
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 3

東急目黒線は目黒駅に到着する電車が一番混み合っている。そのため、調査する駅もここにした。

今回は朝ラッシュの7~9時とその前後を対象とするため、午前中いっぱいの混み具合を対象としたが、結果は東横線とほぼ同じ形になった。

参照:東急東横線の朝の混雑状況を調査! 乗車率は180%にもなる!?

7:45~8:30が混雑のピーク

混雑する朝の東急目黒線の混雑状況

朝ラッシュの東急目黒線(急行) 出典:www.youtube.com/watch?v=Tfu6aUs_iOM

朝ラッシュのピークは7時台後半8時台前半にやってくる。もっと詳細に言うと、7:45~8:30頃に目黒駅に到着する電車が最も混み合う。

この時間帯は1日の中で最も乗客数が多くなる時である。超満員電車となって、地獄の通勤ラッシュの典型的な画になる。

同じ東急電鉄の東横線や田園都市線と同じ時間帯になる。東急目黒線は都心直結型の路線で、しかも東京メトロ南北線・都営三田線の地下鉄2路線と相互直通運転を実施しているため、乗客の流れはこれらと同じである。

>>都営三田線の混雑率は!? 朝と夕方のラッシュの時間帯は?

>>東京メトロ南北線の混雑はどのくらい激しい!? 乗車率は何%だ?

8:30を過ぎるとようやく朝ラッシュが落ち着いてくる。目黒駅に到着する上り電車も徐々に混雑が緩和されていく。

目黒線内は全駅ひたすら乗客が乗ってくる一方であるため、最初にまとまった数の乗客が降りていくのは目黒駅が最初である。




6時台と7時台前半はまだ余裕

一方で早朝の時間帯になる6時台と7時台の前半はまだまだ車内空間に余裕がある。首都圏上位クラスの混雑率の東急目黒線も、7時半以前は苦痛の満員電車ではない。

さすがに、武蔵小山→目黒間になると乗車率が100%かそれ以上になり、座れない人が大勢いることには変わりないものの、8時台よりは大幅に空いている。

乗客が集中しやすい急行でも、ドア付近であってもほかの人と接するような激しい混み具合にはまずならない。

各駅停車に至ってはさらに空いている。座っている人の方が立っている人よりも多いという状態も時々見かける。

まだ大半の沿線の住民で東急目黒線を使って都心部へ移動する人が電車には乗らない時間帯であるため、早朝はゆとりがあるといえる。

区間・種別ごとの混雑

区間 急行 各駅停車
日吉~武蔵小杉 ★★★
武蔵小杉~多摩川 ★★★ ★★
多摩川~田園調布 ★★★★ ★★★
田園調布~大岡山 ★★★★ ★★★
大岡山~武蔵小山 ★★★★★ ★★★★
武蔵小山~目黒 ★★★★★ ★★★★★

朝ラッシュは急行が大混雑

東急目黒線の朝ラッシュの時間帯では、昼間と同じように各駅停車に加えて急行が運転されている。唯一の優等列車であるが、混み具合はかなりの激しさになる。

各駅停車の乗車率はピーク時では160%程度が上限であるが、急行に限った話では200%近くに達する。

<乗車率の目安>

  • 各駅停車:160%(首都圏の標準レベル)
  • 急行:200%(混雑率トップの鉄道路線レベル)

ドア付近では確実に隣りの人と体が接するほどの混雑のレベルである。車内奥の部分でさえ空間には余裕がなく、他人と接する可能性が結構高い。

急行の場合、関東地区でもひどい混雑になると有名な東急田園都市線よりもひどい数値になるといってもよいだろう。

目黒線と同じように混み合う田園都市線

田園都市線は混雑率180~190%でここ最近は推移しているが、二子玉川→渋谷間では朝ラッシュでは全種別各駅停車になるため、混雑が均一になる。(急行が準急として運転されるため)

それに比べて目黒線は種別ごとに偏りがある。圧倒的に急行が混み合うのが特徴と判断できる。

武蔵小杉駅と大岡山駅から大量乗車

目黒線は路線距離が短いため、乗車駅の数は限られる。武蔵小杉駅と大岡山駅からの乗車が特に多い。

これら2駅で集中的に混雑が一瞬にしてアップする場所である。これには大きな理由がある。

  • 武蔵小杉:東横線・JR南武線からの大量の乗換客が殺到。
  • 大岡山駅:大井町線からの乗換客が殺到。田園都市線からの乗客も多い。
武蔵小杉駅の通勤ラッシュ

混雑する武蔵小杉駅
出典:www.youtube.com/watch?v=MXNfEiSqrfg

武蔵小杉駅では駅周辺の住民に加えて東横線からの乗り換え客が目黒線に乗り換える。さらにJR南武線からも大量に人が流れてくる。

大岡山駅では東急大井町線からの乗り換えのため、一気に混雑度が増す。急行は目黒駅をはじめとする都心部まで最も所要時間が少ないため、乗客の集中が避けられない。

>>東急大井町線の混雑状況はどう!? 朝と夕方は座れない?

そして、上記で述べた通り目黒駅に7:45~8:30前後に到着する電車が最も混んでいる。200%という数値が出てくるのもこのころになる。

おすすめ記事