南武線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

朝ラッシュで混雑する南武線

JR南武線の朝ラッシュにおける混雑状況について、時間帯と区間ごとに調査した。混み具合を5段階でその激しさの目安を示す。

混雑率が190%を超えるほどのレベルに達する路線であり、通勤客で毎朝変わらず超満員電車になる。

上り=川崎方面、下り=立川方面へ向かう電車であるが、朝ラッシュではどちらも乗車率が最低でも150%には達するとみられる。6両編成しかないこともあり、すし詰め状態になる。




朝ラッシュの時間帯別の混雑度

<武蔵小杉駅にて調査>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 3 8:30-9:00 4
6:30-7:00 3 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 2
8:00-8:30 5 10:30-11:00 2

南武線の朝ラッシュのピークは7:30~8:30までの1時間くらいである。混雑の頂点に達し、川崎方面、立川方面ともに首都圏でもトップクラスの混雑になる。

ピークは7時台後半と8時台前半となっているものの、実際には早朝からすでに満員電車にはなっている。朝の通勤ラッシュそのものは6~9時頃まで全体と考えてよいだろう。

関東地区は全国的にも朝の鉄道路線の混雑が過酷なほど激しいもので社会的な問題となっている。その混雑率で上位にランクインする南武線も重大な課題なのは間違いない。

参照:【首都圏編】関東地区の鉄道路線の混雑率をランキング化!

6時~7時半は車内奥なら空間に余裕あり

6時台の南武線

6時台ですら区間によっては満員電車となっている。最混雑区間になる武蔵中原→武蔵小杉間では乗車率は100%を完全にオーバーする。

つり革や手すりのほとんどは埋まってしまい、最後に電車に乗り込む人は何にもつかまれないほどになる。

ドア付近で立っている人だと電車が突然急ブレーキをかけた場合には隣に立っている人とぶつかってしまうのは避けられないだろう。

混雑率190%という数値をたたき出すのはあくまでも7時台後半になってからだが、6時台と7時台前半でも地獄といっても決して過言ではない。




7時半~8時半は混雑率190%超

朝ラッシュの7時半~8時半の南武線

出典:www.youtube.com/watch?v=T5gZn51oN2o

南武線で有名な混雑率190%超というデータをたたき出すくらいの混雑になるのは7時半から8時半までの時間帯である。

最も乗降客数が多い武蔵小杉駅では大量に降りていき、大量に乗ってくるという光景が見られる。ホームや改札は人であふれる。さらに、横須賀線・湘南新宿ラインや東急東横線・目黒線へ乗り換える人も結構いる。

川崎~武蔵小杉~武蔵溝ノ口の区間ではどの電車も上り・下り問わず完全にピークである。

ドア付近では完全に隣の人と体の一部が接するくらいのレベルだ。車内奥に立っている人でもつり革や手すりにはつかまれない人がいる。少しでも自分の体を崩せば周囲の人とぶつかってしまう。

スマホの操作に関しても、ドア付近では不可能になりうる。電車の新聞を読むのはもはや無理といってよい。

参照:【路線別】武蔵小杉駅の混雑のレベル! 朝と夕方のラッシュの実態を調査

8時半以降は次第に混雑が終息へ

8時半になると徐々に朝ラッシュの混雑が緩和されていく。通勤ラッシュがひと段落するのは9時頃が目安と考えられる。

多くの職場の始業時刻が8~9時となっていることから、それに合わせて南武線利用者も移動を終える。

9時過ぎになれば南武線も他の首都圏の鉄道路線と同じように立っている人よりも座っている人の方が多いような環境に変わる。

10時くらいになれば、どの区間においても川崎方面、立川方面いずれも座れる可能性が高くなる。

参照:JR南武線の帰宅ラッシュの混雑度とは!? ピークはいつ?




区間ごとの混雑

<駅間別の混雑度>
川崎方面 立川方面
川崎~鹿島田 ★★★★★ ★★★★
鹿島田~武蔵小杉 ★★★★ ★★★★★
武蔵小杉~武蔵溝ノ口 ★★★★★ ★★★★★
武蔵溝ノ口~登戸 ★★★★★ ★★★
登戸~稲田堤 ★★★ ★★
稲田堤~府中本町 ★★★ ★★★
府中本町~分倍河原 ★★
分倍河原~立川 ★★

川崎方面(上り)

川崎方面へ向かう電車は武蔵溝ノ口→武蔵小杉間が頂点に達する区間になる。朝ラッシュは毎日欠かさず混雑率190%超に達する。

座っている人はラッキーだが、立っている人は誰もが地獄の環境に陥る。ドア付近では無理やり乗客が乗っているような光景が広がる。

車内奥に立っている人でもつり革や手すりを選んでいる余裕はまったくない。他の人に接しないように立っているのが限界である。

横須賀線と接する武蔵小杉駅

武蔵小杉駅で大量の乗客が降りていく。ここで引き続き南武線を乗り続ける人は座れるチャンスがあることは確かだが、あまりにも乗客が多いため、それも運が良い人しか座れない。

しかもまた大量に乗客が乗ってくる。このあとも停車駅に到着するたびに乗車客が殺到するため、終点の川崎駅まで満員電車が続く。

立川方面(下り)

立川方面へ向かう電車は始発駅の川崎駅の時点で満員になる。発車直前では立っている人のほうが座っている人よりも多い。

途中の鹿島田駅などである程度乗客が降りていくが、乗ってくる乗客も結構多い。武蔵小杉駅も大量の降車し、大量の乗車する。

朝ラッシュでは激しい混雑は武蔵溝ノ口駅まで続く。ここを過ぎるよ混雑がある程度は緩和されていく。

登戸駅は小田急線との乗換駅であるため、ここでもまとまった数の乗客が降りていく。そして、府中本町駅は武蔵野線方面へ向かう人が降りていく。

府中本町→立川間は比較的空いている。南武線の中では最も空いている区間に当たる。

座席に座るチャンスが来る駅

川崎方面(上り) 立川方面(下り)
登戸 武蔵小杉
武蔵溝ノ口 武蔵溝ノ口
武蔵小杉 登戸
府中本町

これらの駅に到着すると、たいていの時間帯では座れるチャンスがやってくる。朝ラッシュであっても降りていく人が多いため、車内奥に立っている人であれば着席できるかもしれない。

いずれも他の路線との接続駅である。南武線からの他へ乗り継ぎする人が降りていく。

なお、立川~武蔵溝ノ口間は全体的に住宅街が広がっているため、利用者層は沿線の住民が多いが、武蔵溝ノ口~川崎間は工場地帯を走ることで、そこで働く従業員が南武線を使う。

接続駅から勤務先への移動手段としての南武線という性質になりやすいため、上で登場した乗り換え駅以外でも降りていく人が多くなりやすい。

この点で朝ラッシュは郊外から都心へ向けてひたすら徐々に混雑が激しくなる路線と違いところである。

おすすめ記事