横須賀線の朝ラッシュの混雑状況を時間帯・区間ごとに調査!

横須賀線の朝ラッシュ

JR横須賀線のの朝ラッシュの混雑状況を時間帯および区間ごとに上り・下りそれぞれ調査してみた。最も乗車率が高くなるのは武蔵小杉~品川間の区間である。

朝ラッシュの時間帯となる7:30~8:30は上り列車にて混雑率は190%前後になると公表されている。以外にも首都圏でトップ勢に入る。

東海道線の各駅停車の役割を果たす横浜~大船間についても、特に上りは保土ヶ谷~横浜の区間が混雑する。

そして、単独区間となる大船駅以南の三浦半島を走る部分においても、大船駅で降りる人が多いものの混雑することには変わりない。


時間帯別の混雑レベル

時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 3 8:30-9:00 5
6:30-7:00 4 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 2
8:00-8:30 5 10:30-11:00 2

各段階ごとの混雑率の目安

5:150%
4:120%
3:100%
2:80%
1:50%

横須賀線の混雑レベルについては、最も混雑する武蔵小杉駅の時点だと、朝ラッシュの時間帯別の混み具合は上のような形になる。

6時台まだ比較的すいていて、車内空間には余裕がみられる。7時台に入ると本格的に朝ラッシュのピークへと向かっていく。

7時半になると混雑のピークを迎える。7:30~9:00までは横須賀線の上りの電車はすべて満員状態になっている。8時台は特に例外なく混みあう。

東急東横線・目黒線と比べて本数が少ないこともあって、横須賀線の朝ラッシュの混雑率はかなり悪い。

参照:通勤ラッシュの時間帯のピークとは何時から何時まで!?

<各時間帯の混雑の目安>

  • 6時台:座席はすべて埋まり、立っている人がいる
  • 7時台:次第に朝ラッシュのピークの混雑へ向かう
  • 8時台:混雑のピークで超満員
  • 9時台:まだまだ混雑が続く
  • 10時台:日中のオフピークの時間帯に突入

横須賀線の各時間帯ごとの混み具合を一言で言うとこのような感じになる。

6時台はまだ空いている

一方の早朝に当たる6時台は全線を通して空いている。この時間帯に横須賀線を使う人は、そもそも出勤や登校がかなり早い人に限られる。

本格的に通勤通学の朝ラッシュは始まらない。最混雑区間の武蔵小杉→西大井→品川の区間でもドア付近でも乗客同士が触れ合うほどにはならない。

リュックを下す必要があるかないかのレベルである。

なお、ドア付近でも空間に余裕が残るのは6時台いっぱいまで。7時台に入ればもう余裕はなく、荷物は他人に触れ合うほどになってくる。

7時台はいよいよ朝ラッシュがスタート

7時台になればピークに近いほどの乗車率に達する。

しかし、これでもまだ朝ラッシュのピークには達していない。久里浜→大船間の区間では都心に向かう人達は乗っているものの、都心に近い横浜→武蔵小杉→品川の区間では、通勤通学客の中でも出勤や登校がかなり早い人だけが移動する頃だ。

混雑率も150%前後程度にとどまる。他と比べると、7時台前半としては混んでいるものの、それでも横須賀線の1日の中野最頂点ではない。

ドア付近でも他の乗客と荷物が接することはあるが、スマホの操作も比較的行える人が目立つ。

<7時台の混み具合>

  • リュックを背負って乗るのは無理
  • 武蔵小杉から東京まではドア付近でやや圧迫感あり
  • ドア付近は手荷物が他の人へ触れる
  • スマホ操作はギリギリ可能

一方で乗客同士が激しく押し合うほどのレベルになるのは8時台に入ってからになる。

8時台でピークに

朝ラッシュの8時頃の横須賀線

最も混雑する列車については、東京駅に8:30頃に到着する電車である。混雑が200%近くに達する舞台こそが8時台。

ちょうど9時出勤の人が多く電車に乗る時間帯と重複する。

逆算して考えると、各駅を7~8時頃に出発する電車に乗車して、品川駅を8時台前半に到着する便に当たる。

<8時台の混み具合>

  • ドア付近は乗客同士が押し合う
  • 車内奥でも荷物が触れ合う
  • 新聞や雑誌を読むのは100%不可能
  • スマホ操作は少なくともドア付近は不可能

ドア付近に立っていると体の一部が他の人と押し合うレベルになる。接するというレベルではない。

車内奥でも荷物は完全に接するほどすし詰め状態にはなる。

車内奥ならまだ空間が残っていてスマホの操作ができる余力は残されている。ドア付近でのスマホの操作は100%不可能。少なくとも武蔵小杉駅から品川駅まではひたすら耐える必要がある。新聞や雑誌を広げて読むのは完全に不可能。

湘南新宿ラインの電車でも同じく混雑する。

区間別の混雑状況

<午前7、8時台の混み具合>
駅間 上り 下り
久里浜~鎌倉
鎌倉~大船 ★★★ ★★
大船~戸塚 ★★★
戸塚~横浜 ★★★★ ★★
横浜~武蔵小杉 ★★★ ★★★
武蔵小杉~品川 ★★★★★ ★★★
品川~新橋 ★★★
新橋~東京 ★★★ ★★

横須賀線の区間別での混雑のレベルはこのようになる。

上り(品川、東京方面行)

<上り列車の区間ごとの混雑度>
区間 混み具合
久里浜~衣笠
衣笠~横須賀
横須賀~田浦 ★★
田浦~東逗子 ★★
東逗子~逗子 ★★★
逗子~鎌倉 ★★
鎌倉~北鎌倉 ★★★
北鎌倉~大船 ★★★
大船~戸塚 ★★★
戸塚~東戸塚 ★★★
東戸塚~保土ヶ谷 ★★★★
保土ヶ谷~横浜 ★★★★
横浜~新川崎 ★★★
新川崎~武蔵小杉 ★★★
武蔵小杉~西大井 ★★★★★ 
西大井~品川 ★★★★★ 
品川~新橋 ★★★★
新橋~東京 ★★★

各段階ごとの混雑率の目安

★★★★★:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

下り(逗子、久里浜方面行)

<下り列車の区間ごとの混雑度>
区間 混み具合
東京~新橋 ★★
新橋~品川
品川~西大井 ★★★
西大井~武蔵小杉 ★★★
武蔵小杉~新川崎 ★★★
新川崎~横浜 ★★★
横浜~保土ヶ谷 ★★
保土ヶ谷~東戸塚 ★★
東戸塚~戸塚
戸塚~大船
大船~北鎌倉 ★★
北鎌倉~鎌倉 ★★
鎌倉~逗子
逗子~東逗子
東逗子~田浦
田浦~横須賀
横須賀~衣笠
衣笠~久里浜

各段階ごとの混雑率の目安

★★★★★:150%以上
★★★★:120%
★★★:100%
★★:80%
★:50%

上下線それぞれの混雑の傾向

都心直結型の路線では、基本的に都心部に近づくにつれて徐々に混雑が激しくなるパターンがほとんど。

一方の横須賀線は、乗車する人が大量にいる駅は特定の駅に極端に偏っている。

それが武蔵小杉駅。この駅を中心に混雑の動向が変わると言っても過言ではない。

武蔵小杉→品川は最強レベルの混雑

上りの場合は横浜から品川にかけてが最も混雑する。中でも武蔵小杉駅からの混雑はかなりひどいレベルになる。

南武線からの乗り換え客が殺到し、さらに周辺は人口が急増しているという社会的な背景から、武蔵小杉→品川の乗車率は200%近くに達することで有名である。

品川駅に到着すると、山手線や京浜東北線に乗り換える人が降りていくことから混雑が結構和らぐ。

品川駅から先では新橋、東京と停車駅を重ねていくにつれて空いてくる。武蔵小杉駅が最大の山場である。

大混雑の朝の横須賀線

大混雑の朝ラッシュの武蔵小杉駅
出典:www.youtube.com/watch?v=hiogfmB_zqU

下りも横浜まで混雑

下りも武蔵小杉駅の前後が最も混雑する区間となっている。ただし、このレベルは上りと比べれば小さい。

横浜駅を過ぎれば基本的には高い乗車率にはならない。本当に混むのはダイヤの乱れが発生している時などの異常時に限られる。

ただし、夕方の帰宅ラッシュは酷い。朝と同じく超満員電車となって、乗車率も200%にはならないまでも、圧迫感があるくらいの激しさには達する。

横須賀線の帰宅ラッシュの混雑状況! 夕方・夜の混み具合を調査

普通車はラッシュで大混雑となる

混雑する横須賀線

横須賀線はJR東海道線、京浜東北線、さらには東急、京急とも並行して走る部分が多い。

全線を通して並行して走る路線が豊富にあるという性質を持っているが、それでも利用者数が少なくは決してない。

グリーン車に関しては、横須賀線においても4号車と5号車がこれに該当する車両となっている。

2階席は混雑しやすい。その一方で、1階席は空席が多い傾向。上野東京ラインや湘南新宿ラインよりも全体的に空いていて、完全な満席になることは滅多にない。

ただし、普通車はかなりの混雑になる。朝の通勤ラッシュとなれば、すし詰め状態となる超満員電車になるのは避けられない。

武蔵小杉駅から都心へのアクセスとして混雑

近年注目を集めている場所の1つとなっているのが神奈川県川崎市の武蔵小杉である。タワーマンションをはじめとする住宅街から企業のオフィス、商業施設までが立ち並ぶ地区だが、武蔵小杉駅の乗降客数は非常に多い。

ここと都心を結ぶ路線として、横須賀線は非常に重要な役割を果たしている。武蔵小杉駅には南武線や東急東横線・目黒線も乗り入れている。

東京駅・品川駅方面へ行く電車は横須賀線のみとなっている。東急各線は渋谷、新宿または目黒方面ということで、横須賀線とは別のエリアへ向かう。

ただし、いずれの路線も横須賀線と同じように激しい混雑になっている。朝ラッシュはどこも超満員になり、ホーム上にいる人全員が乗り切らずに積み残しが出ることもときときある。

【路線別】武蔵小杉駅の混雑のレベル! 朝と夕方のラッシュの実態を調査

東急東横線や目黒線は各駅停車はそれほど混雑しないが、特急(通勤特急含む)や急行になると超満員になり、横須賀線と同じく乗車率200%近くにまでなる。

横須賀線と東急東横線

また、新宿駅へのアクセスについても横須賀線と線路を共有する湘南新宿ラインの方が東急東横線+東京メトロ副都心線を使うよりも便利である。しかも、横浜駅に行く場合でも、横須賀線なら2駅で着くため非常に便利といえる。

かつて、横須賀線には武蔵小杉駅は存在しなかった。ホームが新設されたのは2010年3月13日のことであるため、かなり歴史は浅い。

そして、横須賀線にも武蔵小杉駅が誕生したことにより、通勤ラッシュはますます激しいものとなった。

乗車率については、武蔵小杉~西大井間では180%近くに達するといわれている。車内でスマホの操作ができない部分もあるというレベルだ。

回転率が高い横須賀線

横須賀線の場合、長距離に渡って電車に乗り続ける人はあまり多くはない。長時間乗車するというよりも短時間ですぐに下車するケースが多く見られる。

路線を見ると、東京~横浜間では東海道線の方が所要時間は早い。横須賀線は武蔵小杉駅を経由するため遠回りのルートとなっている。

そのため、京浜間の移動では東海道線を使う人が多数派となっている。朝のラッシュの時間帯でも、所要時間で横須賀線は不利な立ち位置となっていることには変わりない。

横須賀線

横浜~大船間は小さな駅に止まる電車という位置づけになっている。

東海道線の場合は、この区間では戸塚駅に止まるだけであるが、横須賀線はさらに東戸塚・保土ヶ谷の2駅にも停車する。速達性の面では劣っている。

大船~久里浜間は単独で走る。上り電車の場合、最初にまとまった数の乗客が降りていくのは大船駅となる。

そして、横浜駅、武蔵小杉駅で大量の乗客の入れ替えが起きる。停車駅が多いということで、都心部まで連続して乗っていく人はあまり見かけない。

そのため、横須賀線はかなり回転率が高い路線であるのがわかる。つまり、もし横須賀線1本で都心へ向かうのであれば、鎌倉や逗子方面から乗れば途中駅で座れる可能性が高い。

他の路線の混雑状況

接続駅 路線
久里浜 京急久里浜線(京急久里浜駅)
逗子 京急逗子線
鎌倉 江ノ島電鉄
大船 東海道線根岸線、湘南モノレール
戸塚 東海道線、横浜市営地下鉄ブルーライン
横浜 上野東京ライン東海道線)、京浜東北線横浜線、根岸線

京急本線相鉄本線東急東横線みなとみらい線、横浜市営地下鉄ブルーライン

武蔵小杉 南武線

東急東横線、東急目黒線

西大井 湘南新宿ライン埼京線(渋谷・新宿方面)
品川 山手線京急本線
新橋 銀座線都営浅草線ゆりかもめ
東京 山手線、京浜東北線、中央線快速京葉線

丸ノ内線

東西線千代田線都営三田線(大手町駅)

総武線快速直通>

参照:【首都圏編】関東地区の鉄道路線の混雑率をランキング化!

上記の表は横須賀線と接続する各路線の混雑状況について。さらに首都圏エリアの他の鉄道網の朝ラッシュ時の混み具合についても取り上げる。


広告

おすすめ記事