横須賀線のグリーン車の混雑状況、満席になる時間帯とは!?

横須賀線のグリーン車

JR横須賀線のグリーン車はどれくらいの混雑になるのか、平日と土日祝でそれぞれ実態を調査してみた。

4号車と5号車は2階建ての車両になっていて、これがグリーン車である。2階席から満席になり、その次に1階席が埋まる。

横須賀線では品川、東京駅方面へ行ってそのまま総武快速線へ直通する列車と渋谷、新宿駅方面へ向かう湘南新宿ラインの2系統が走っている。

参照:湘南新宿ラインのグリーン車はいつも混雑?

混む時間帯はいずれも変わらない。通勤ラッシュになればいずれも満席になってしまう。




【上り】グリーン車の時間帯別の混雑度

朝の時間帯の上り<横浜駅の時点>
時間帯 混雑度 時間帯 混雑度
6:00-6:30 3 8:30-9:00 5
6:30-7:00 4 9:00-9:30 4
7:00-7:30 4 9:30-10:00 3
7:30-8:00 5 10:00-10:30 3
8:00-8:30 5 10:30-11:00 2

※上記以外の時間帯は空席がある。土日祝も概ねほぼ同じ感じだが、完全な満席は少ない。

参照:JR横須賀線のひどい混雑、どこの区間で乗車率が高くなる?

横須賀線の平日の朝は上りの列車のグリーン車が満席になりやすい。普通車の朝ラッシュの混み具合と同じで、各時間帯の混雑率に比例する形になる。

早朝の6時台であれば横浜駅の時点でも上りでさえ空席がいくつかある。7時台に入るとグリーン車も満席になる。

7時台後半と8時台前半は乗車率100%になる。グリーン券を購入して乗っても座れない。中には座れないことを覚悟で乗って立っている人もいる。

空席が見られるようになるのは9時以降になる。それまではまったく座れない。満員電車の普通車に乗ることをおすすめする。




【下り】グリーン車の時間帯別の混雑度

―夕方の時間帯の下り(武蔵小杉駅にて調査)―
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
15:00-16:00 2 18:30-19:00 5
16:00-17:00 2 19:00-19:30 5
17:00-17:30 3 19:30-20:00 5
17:30-18:00 4 20:00-21:00 4
18:00-18:30 5 21:00-22:00 3

横須賀線の下り列車のグリーン車の混雑は夕方から夜にかけての時間帯にやってくる。それ以外の時間帯は常に空席がある状態になる。

18時台と19時台は横須賀線の久里浜方面へ向かう電車のグリーン車は満席になりやすい。帰宅ラッシュの混み具合に比例する。

湘南新宿ライン

渋谷・新宿方面からやってくる湘南新宿ラインの電車でも品川・東京方面から来る総武快速線からの直通列車でも空席はゼロになる。

武蔵小杉駅に到着する下り列車はグリーン車は最も混雑が激しい。空席が少しでも見られるようになるのは20時以降の電車になる。

しかも、20時台でも空席があるのは1階席の通路側の一部に限られる。

参照:横須賀線の帰宅ラッシュの混雑状況! 夕方・夜の混み具合を調査

どこの駅からグリーン車は満席に?

方向と時間帯 グリーン車は満席になる駅
上り(朝ラッシュ) 逗子駅、鎌倉駅
上り(その他午前中) 大船駅、戸塚駅
下り(夕方) 東京駅、新橋駅

下り列車に関しては、帰宅ラッシュの時は言うまでもなく東京駅や新橋駅で満席になることが予想できる。

朝の上り列車は、横須賀線単独の区間にて早くも満席になる。7時台前半から後半にかけては早くも逗子駅や鎌倉駅の時点で空席ゼロになる。

朝の時間帯全体では大船駅で満席になりやすい。運が良くても戸塚駅辺りでは完全に空いている席がない。

横須賀線でも乗降客数が多い横須賀駅や武蔵小杉駅では、通勤ラッシュの時間帯は上下線ともグリーン車に空席を見つけるのは難しい。

さらに、土日祝も午前中の10時台いっぱいまで、夕方の17時以降の時間帯ではグリーン車は満席になりやすい。

おすすめ記事