横須賀線の帰宅ラッシュの混雑状況! 夕方・夜の混み具合を調査

JR横須賀線の帰宅ラッシュとなる夕方と夜の混雑状況について、具体的にどれくらいのレベルに達するのか。

時間帯別ではピークは18~19時台が最も乗客が多い。朝のように極端に集中するわけではないものの、それでも下りを中心に満員電車になるのは避けられない。

20時台に入ってもまだまだ混雑は続く。21時台になってからようやく人の移動がひと段落するといったところだろう。




最混雑区間は品川→武蔵小杉の下り線だが、この区間での混雑率はおよそ150%程度にはなると考えられる。乗車率では、1本前の電車との間隔が空く場合は160~170%程度になると推測する。

夕方・夜の時間帯別での混雑度

―(品川駅にて調査)―
時間帯 混雑レベル 時間帯 混雑レベル
15:00-16:00 2 18:30-19:00 5
16:00-17:00 2 19:00-19:30 5
17:00-17:30 3 19:30-20:00 5
17:30-18:00 4 20:00-21:00 4
18:00-18:30 5 21:00-22:00 3

学生が帰宅する時間帯は早い。部活動などがなくて正規授業が終わったら家に帰る人は15~17時には帰りの電車に乗る。

通学客は15時台、16時台から早くも多くなるが、通勤客がまだ帰宅の体制には入らない。そのため、15~17時はまだまだ空いている。

帰宅ラッシュが始まるのは17時頃になる。そして、ピークは18時からスタートする。18:00~20:00は夕ラッシュのピークといえる時間帯になる。

18~20時のピークのレベルとは?

横須賀線の帰宅ラッシュの18時台

18:00~20:00までの時間帯では、乗車率は160~170%程度になると推測する。

正確なデータは公表されていないため、帰宅ラッシュの混雑度を知る方法はないが、目視で確認するとこのくらいが妥当といえる。

ドア付近に立つと周囲の空間に余裕はない。スマホの操作がギリギリできるというのが目安になる。朝より若干空いている程度といっても過言ではない。

参考:JR横須賀線のひどい混雑、どこの区間で乗車率が高くなる?

18時以降はほとんど通勤客で占めている。終業時刻が過ぎてちょっと残業して帰るという人が多いことを考えると、これくらいの時間帯が最も人の移動が多い時といえる。

20時を過ぎると混雑はやや緩やかになってくる。しかし、それでもまだまだ満員電車に近い状態が続く。

21時になると乗客数は少なくなってくる。全員が座れるわけではないが、着席客と立ち客の人数が拮抗するレベルには収まる。




どこまで混雑は続く?

  • 品川→武蔵小杉が混雑
  • 横浜~久里浜は空いている

横須賀線の混雑が続く区間は決して長くはない。東京駅、新橋駅、品川駅の3駅はひたすら乗ってくる一方ではあるが、武蔵小杉駅では大量の乗客が降りていく。

通勤ラッシュで混雑する横須賀線の武蔵小杉駅

南武線、東急東横線・目黒線との乗り換え駅であることに加えて、人口密集地でもあるため、降車客がかなり多い。

武蔵小杉駅に到着すれば、着席するチャンスがやってくる。

横浜でも降りていく人が多いところである。根岸線や東海道線、相鉄線、みなとみらい線へ乗り換える人がいるため、ここでも大量の乗客が降りていく。

横浜~大船間は東海道線と並行することに加えて、横須賀線はさらに保土ヶ谷と東戸塚に停車する。

途中駅に用がない人は東海道線を好むため、横須賀線は乗客の入れ替えが引き続き激しい状態が続く。

東京都内から乗っている乗客はここまでで座れるチャンスが豊富にやってくる。

おすすめ記事